城と桜

城と桜は本当にベストマッチ
201104071
 
写真の吉田城の見学記はまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本栖城

本栖城の主曲輪西側に狼煙台という石垣があります。
2010101801
 
この狼煙台という石垣の向こうにこの城最大の堀切があります。
2010101806
 
他の方の本栖城訪問記を見るとこの堀切から西側の事が書かれていたりいなかったりと分かれている。
「戦国武田の城」という本の縄張り図にも堀切の向こう側の事は書かれていない。
僕も道に迷ったが堀切を降りると向こう側は壁なので登ってみようという人が少ないからかもしれない。
2010101802
 
この壁を登ってみるととても細い尾根。
2010101803
城という感じはあまりしないけど次の平坦部に行けばまだ城が続いているのが分かる。
 
で、この辺がたぶん城の西端
2010101804
 
ここから先はしばらく急坂が続く
2010101805
がんばって登れば20分ほどで山頂。
トレラントップの人は何分くらいで登ったのかな?
 
 
この本栖城(城山)から烏帽子岳に続く道だけど薮に埋もれていた状態から福田六花さんがトレランの為に整備してくれたらしい。
 
福田六花official web site "DAYS"
森林浴トレイルラン in 精進湖・本栖湖 1(2009/10/18)

 
パノラマ台に行く人は昭文社の山と高原地図に出ている烏帽子岳への道を使うだろうし、本栖城を見学に来る人は烏帽子岳に登らないだろうから道が廃れるのは仕方ないのかも。
 
この道を復活してくれた六花さんに感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本栖城

本栖城は本栖湖と精進湖の間にある烏帽子岳から続く尾根上に築かれた戦国時代の山城。
 
甲駿国境に近い事から国境の警備・連絡拠点と思われる。
 
登った事は無いけど竜ヶ岳から良く見えた。
201009134
左側の高い山が烏帽子岳で右側に続く尾根の右端の方が本栖城跡。
 
本栖城跡の方を見ていると近くの尾根上に建築物を発見!
201009135
結構大きそうな建物であるが肉眼では良く見えない。
双眼鏡は忘れた。
 
写真を拡大してみると
201009136
家の様に見えるがこんな尾根上に家?
 
グーグルアースやヤフーの航空写真を見ても古いのか何も無い。
 
これは確認しに行かないと。
 
でも時間が~
 
 
 
 
19:50

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高根城

4/30に北遠の高根城に行って来ました。
201005010

同じ県内とは言え信濃も近い水窪となると遠い。

家を出て3時間ほど掛かって最寄り駅の飯田線の向井市場駅に到着。
201005011
行ったのは車だけど。

駅から南の方の山が高根城のある山
201005012
山の上に井櫓が見える。

駅の横の商店の自販機でスポーツドリンクを購入して高根城公園を目指す。
川を渡った辺に高根城の説明板が設置されている。
201005013
こちらは縄張り図

説明板からちょっと登ると駐車場。
201005014
車が20台停められてトイレも綺麗。

駐車場で仕度を整えて稲荷神社の狐さんに挨拶をして城攻め開始。
15分ほど森の中を登ると頭上に塀が見える。
201005015

大手門の手前の腰曲輪から見た水窪の町並み
201005016

一息入れてから大手門から入城。
201005017

門の中
201005018
なかなか良い感じ。

反対側から見るとこんな感じ
201005019
城っぽい

本曲輪の中にもう1つの門が
2010050110

井櫓は中には入れなかった。
2010050111

本曲輪内稲荷神社に参拝。
稲荷神社も二礼二拍手一礼で良いのかしらん??

城内にある城主を奉った石碑
2010050112
城主は奥山氏代々

本曲輪は非常にこじんまりとしている。
20人も居たら一杯一杯くらい。

本曲輪南側の一段高くなった所
2010050113
二の曲輪以下の攻撃用の様だ。

本曲輪から見た二の曲輪
2010050114
更にこじんまりとしている。

搦手門から出て下から見上げる
2010050115
斜面がきつそう

二の曲輪へははしごで登る
2010050116
はしごは当時風ではなくて利便性を考えてこの形とか。
でも十分怖い。

登ってみると12畳くらい?
高さはあるので寄せ手への攻撃はし易そうだが逃げ場は無いな。

三の曲輪方向。
2010050117
手前の一段高くなっている所はたぶん何かの建物が在った跡だと思うけど?

二重堀切の脇に設けられて通路を通って城外と書かれている所へ移動。
ここから城方向を見ると三の曲輪が正面。
2010050118
弓で直射されそう。

本来の城内への通路は左側から二重堀切の間の土塁上を通って三の曲輪に入るルートのようだ。
2010050122
赤矢印の所はたぶん橋が掛けられていたのでは?

ここより先はただの尾根上の道になっていて防御施設は無さそう。
2010050119

城内の土にはキラキラする雲母が混ざっていたがここの土なのか持ってきた土なのか?
2010050120
長篠城付近の川でも見掛けたけどこっちの方は雲母の産地なのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二俣城

二俣城へ行ってきました。

国民文化祭・しずおか2009のイベントの一環として天守台が残っている天竜二俣城に一夜城を立てると言う話は聞いていました。
先週の新聞でもそのイベントの模様が載っていました。

一夜城だというので天守台の上に天守の形に型取った看板的な物で既に撤去されていると思ったのですが、これが行ってみると思っていたよりも相当立派な天守が目の前に
200911081
細部は書割だったりするがとても立派で驚いた。

案内板から「跡」が消されてる、
200911082

どうやら今週末(11/14~15)には撤去されてしまうらしい。
解体後は倉庫にしまっておいて何かイベントが有ればまた建てるみたいなので再び見れるかもしれないがいつになるか分からない無いので時間が有れば是非見ておいた方が良いと思います。

ちょっと離れている清瀧寺(信康廟がある)に復元されている井戸櫓
200911083
老朽化しているため立ち入りは危険だし出来ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茂木城

200905224

城跡に登る車道が工事中で登れませんでした。
遊歩道の方は行けるみたいですが100m近い比高の城へ登る時間は無くて登城は断念。

予定では8/14まで通行止めとの事なので行けるとすると秋頃かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

躑躅ヶ崎館(2009/4)

桜舞い散る中を躑躅ヶ崎館跡へ出陣

今回行ってみると城の東側に大手曲輪が再現されてました。
200904181
前に来た時に大手を復元中と書いてあったので武田氏時代の三日月掘りが再現されるのかと思っていたら武田氏後の曲輪でした。

大手曲輪を見聞した後に大手門から城内へ
200904182

城内の武田神社では結婚式が行われてました。
200904184
前に来た時も結婚式が行われていたので結構な方々が式を挙げるんですね。

城内を横断して西曲輪から味噌曲輪へ
200904183
要害山方面が良く見える。

稲荷曲輪、隠居曲輪を経て再び大手門から入城し神社の入り口から外へ
200904186

お土産物屋さんで巨峰ミックスソフトクリームを食す。
200904187

ソフトクリームを食べた後は堀沿いに西へ進み梅翁曲輪へ向かう。
梅翁曲輪の南西側には水掘りが残っている。
200904188

堀沿いの植え込みでこんな物を発見。
200904189
残念ながら(?)中身は無し・・・

堀に居た亀さん
2009041810
親子?

梅翁曲輪内側
2009041811
曲輪内の家は移転が進んでいるのか空き地が目立ちました。

この後は家臣団の屋敷跡地などを散歩。
2009041812

武田通りに出て車の方へ歩いているとガーリックトーストの良い香りが漂ってきた。
ソフトクリームも食べたばかりだしスルーしようかと思ったがガーリックトーストの香りの誘惑には勝てずパン屋さんへ。
2009041813
目的のガーリックトーストは巨大すぎて購入を断念しメロンパン等を購入。

車に戻ってパンを食べながら石和への同行者を待つ事にしたが一向に連絡が来ないので城跡で待つ事にして移動。

強い日差しの下を30数分待ってやっと合流できたので案内しながら再び城跡を1周して善光寺へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川中島ノ合戦ノ記 壱

川中島の合戦に向かう太郎義信公に加勢せよとの今川刑部大輔様の命により家を出立。

大宮街道を北上し途中の大宮城により富士兵部少輔信忠様に挨拶をし、兵部少輔様が宮司を務められている浅間神社にて道中の無事と戦勝祈願を行う。
0804131

浅間神社を後にして甲州街道を北上する。
国境を過ぎ、本栖城の横を抜け精進湖から古関まで下る。
古関から芦川に向かい鳥坂峠を越える。
下る途中で綺麗な桜が何ヵ所あり桜を眺めつつ進む。
0804132

途中立派な山門が有る。
0804133
広済寺と言う寺の様だ。
本堂はかなり離れた所にあるが時間も無いので先へ進む。

さらに進んで小山城で休息を取る。
0804134

小山城は単郭方形の城で扇状地内の高台を利用して作られている。
鳥坂峠方向から来ると畑の中にポツンとある感じだが、北東側の川から見るとかなりの高台だ。
0804137

郭内は野球場として使われていたらしくまっ平ら。
何も無い。
昔の海津城を思い出した。
0804135

周囲の土塁は元々大手なのか一部削平されているのか分からないが広く間が空いている部分ある。
それ以外の部分はかなり高い土塁だ。
東側の角を除いて東屋が建てられている。
08041311
写真は一番立派な西側の角。

城の西側へ出て鳥坂峠方向を振り返る。
0804136

1時間ほど見て歩いて城を後にする。
笛吹川を渡り今晩の宿へ到着。
石和から先ほどの小山城を見るとこんな感じ。
0804138

宿へ入り総奉行の左近将監殿の元へ着到の挨拶に伺う。
部屋の中を伺うとすでに甲冑を着た武者が歩いている・・・・

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫路城

駆け足旅行ですが念願の姫路城に登城してきました。

超ワイド画面
himeji-1

とにかく広かったです。
疲れました。
それに寒かった。

詳細はまた後日。

帰りに新幹線から見た掛川城はおもちゃみたいに小さく見えた・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)