宇宙戦争 1945

まだかな~と思って本屋さんを覗くと横山さんの新作「八八艦隊海戦譜 勇進篇1」が。

「宇宙戦争 1945」はまだ先か・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙戦争 1943 読んだ!

読んでてドキドキした。
とても面白い。

次刊は「宇宙戦争 1945」
人類は惑星間航行できる種族に勝てるのか?

もう待ちきれないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙戦争 1943

待望の「宇宙戦争 1941」の続刊「宇宙戦争 1943」を入手!
201206211

楽しみだなぁ~
でも間が開きすぎて「1941」の内容忘れた(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙戦争1941

本屋さんに行くと必ず仮想戦記物(2次戦、戦国物)をチェックしているのだけどこれはと云うのは滅多に無い。
(良いのも有るのだろうけど秀吉が信長を裏切る話と、自衛隊がタイムスリップして2次戦に加勢する話は受け入れない無いので選択肢は減ってしまう)


で久々にこれは面白いと思ったのが「宇宙戦争1941」
2011112201
作者は「横山信義」さん

本の内容を端的に言うとH・G・ウェルズの宇宙戦争をベースにしてインデペンデンス・デイ的な味付けをした第二次大戦の仮想戦記物。

ちょっと宇宙戦争が強めに出てるけどこれが結構面白い。

まだ発売されたばかりだけど次が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルスク大戦車戦

Citadel


やっと読み終わりました。
電車の中とか病院の待合室とか時間が有る所でだけ読んでいたので半年以上掛かってしまった。
クルスク戦を舞台にした架空の小説なのでバルジ大作戦のようなノンフィクションとは違う読み味がある。
全般に良く出来ているけれどちょっと戦闘描写に盛り上がり感が欠ける気がする。
パルチザンの部分をカットしてもっと戦闘シーンを増やしていたらもっと良かったかも。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

SATマガジン

今号のストライク アンド タクティカルマガジンに前号に引き続きスモーキーズ製M1ガーランドの記事が載ってます。
今度は量産型のレポートですが1ページは寂しいなー。

ストライク アンド タクティカルマガジンですが自身でも言っている様に頻繁に出版社が変わってます。
元々ムック形式なので何の本の増刊でも良いのでしょうが今度はエアワールドの増刊という事で変わるのは3度目だそうです。

この辺が本の流通の難しいところでしょうか?
本屋を良く見ると何とかの何月号増刊という本が結構多いです。
新規に本を発行するのはむずかしいのですかね?
そういえば連続で発行されている本が廃止になる時は廃刊とは言わず休刊といいますね。
退却とは言わず転進と言い換える旧軍のようないさぎ悪さを感じますが何か理由があるのか?


ストライク アンド タクティカルマガジン
http://www.mac-japan.co.jp/index2.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)