コール ミー

そうか「コール・ミー」だったのか。
「カム・イン」と探してもヒットしないわけだ・・・

ダメなリスニング力。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高見沢さんのギター

放送中の「THE MUSIC DAY 夏のはじまり」に出ている高見沢さんのギターがギターが凄い!

形も凄いけど暗くなるとあちらこちら光っているのが分かる。

弾き難くないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BaBe

今見ても良いなぁBaBe。



8耐の時のライブ盛り上がったよなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

優ちゃんのCD

ベスト版は持ってないんだよね~
201304191

これより古いアルバムはLPレコードとカセット(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

We are the world を歌ってみた

イメージは頭に入っていたので思い切って歌ってみました。
意外と歌えるかな?って感じだった。
当然飛ばしてる言葉もあるので英語としては全く伝わらないだろうけどね(^_^;)

ちょっと驚いたのがカラオケの歌詞の中にシンディのアドリブもちゃんと入っていた事。
あの部分はシンディの声じゃないとね~

因みに友人からは長いと不評でした(´;ω;`)ウウ・・・
それは僕のせいじゃないし・・・・

歌詞付きのお勧め

| | コメント (0) | トラックバック (0)

We are the world

もう20数年も前の歌だけどUSA for AFRICAのWe are the worldはとても良い歌だと思う。

発売された当時はCDしか無くて歌っている姿はTVのプロモでしか見られなかったが(レーザーとかVHSはあったのかな?)、今はDVDもYouTubeも有るので簡単に見れる。

でTouTubeの動画を見ながら(この歌の趣旨からするとDVDを買うべきですね。近い内に買います(^_^;))歌詞のあるHPを開いて一緒に歌ってみると・・・・実に歌い辛い。

コーラスパートは良いのだがソロパートは歌手の個性が出過ぎていて普通に歌えないぞ。
聞いている分にはとても良いシンディのアドリブが邪魔だ~(シンディの声は大好きなんだけどね)

他にもウィリー・ネルソンが普通にカントリー風に歌っているとか、レイ・チャールズは音楽無視してない?という気もするけどそれらがミックスされてあの良い歌になっているんだな。きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっ安部礼司の今週のツボ曲(2008/12/7)

今週放送された中での一番のツボ曲は「ハロー・グッバイ」
柏原芳恵ちゃんの可愛い振り付けが忘れられませんね~

次点は渡辺美里さんの「クリスマスまで待てない」。
米米CLUBの「愛してる」も良かったけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メリー・クリスマス!

X’masの「’」を入れるのは間違いと言う事とあまりこうは書かない(トリビアの泉より)という事なので

Merry Christmas

アメリカではキリスト教信者の減退に伴って「Happy Holiday」と表示される事も多いとありましたが、ケーキが食べれてプレゼントが貰える日(今じゃ誰もくれないけど)くらいの認識しか無い僕にとっては日本的なクリスマスは良いですね。
それにしても祝日にならないのが不思議に思えるくらいだな。

クリスマスソングと言えば「ジングルベル」と「サンタが町にやってきたなど」の定番やワムの「ラスト クリスマス」、山下達郎の「クリスマス イブ」、マライヤ・キャリーの「恋人たちのクリスマス」なんかも有るけど僕はなぜか「Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!」なんだな。
別にクリスマスソングじゃ無いんだけど何か楽しげな雰囲気が夜のクリスマスの街と言うイメージに合っててさびの「Let It Snow Let It Snow Let It Snow」と口ずさんでしまう。

えっ?知らない?
ここをクリックして聞いてください。
(リアルプレイヤーが必要です)
歌詞はこちら

聞いた事あるでしょ?
ダイハードのエンディングテーマです。
ダイハード2でも使っていたかな?

1946年の歌と言う事なので随分古いですね。
第二次大戦も終わって戦場に行った人達も戻って来て一息つける頃の曲かな。

それでは良いクリスマスを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もすかう

ちょっと前に恋のマイアヒの空耳版が流行ってましたがYahoo!のニュースにも取り上げられた「もすかう」はジンギスカンの「めざせモスクワ」の空耳版のようです。
タイトルは「モスクワ」が聞きようによっては「モスカウ」に聞こえるからですかね。

空耳版のようですというのは僕が何回聞いてもそうは聞こえないからでして・・・
3月にこのブログでも書いていたようにジンギスカンが好きです。
あれ以来ヘビーローテーションで聞いていました。
だもんで耳が慣れちゃって空耳版の様には聞こえないわけですね。
それに恋のマイアヒに比べると苦しい所が多いし。
替え歌としてみればとても良く出来ているんですがね。

ただフラッシュの方は恋のマイアヒよりも数段出来が良くなっています。

ところで「モスクワ」と言う読み方は日本語読みなのでしょうか?ロシア語読み?
英語では「モスコー」だしドイツ語で歌っているジンギスカンは「モスクァ」と歌っているみたい。

※ここにリンクを表示したいのですがそのフラッシュファイルが明らかに著作権侵害なので止めときます。
Yahoo!等の検索サイトで探してください。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

めざせモスクワ

1941年当時のドイツ軍やヒトラーの事ではなく、ジンギスカンの名曲「めざせモスクワ」の事です。
ヒットしていた当時中学生だった僕がこのジンギスカンなるグループが何者であるかは知らずひたすらノリの良い曲で、モスクワオリンピックに合わせて作ったんだな位にしか思ってませんでした。
(そういえば友達がアニメの声優さんたちが吹き変えたバージョンのレコード持っていたな)

数年前にCDショップでディスコ系のCDを物色していたら「ジンギスカン」なるCDを見掛け、手に取ってジャケットを見ると米米クラブ以上に怪しいグループが・・・・
(注:僕は米米クラブのファンクラブに入っていたほどのファンです 誤解無きよう)
試聴してみると間違いなくあの曲なので即買いました。
早速車のデッキにセットして聞いてみるとあれ?英語じゃない!
ライナーノートを見ると何とドイツ語の詞だ。で歌っているのはドイツのグループ?
ドイツ人が「めざせモスクワ」を歌っているのはシュールすぎないか?と思ったのでした。
でもジンギスカンはソ連に招かれて西側諸国がボイコットしたモスクワで歌ったそうなのでソ連としては何も思ってなかったのかな?
冷戦真っ盛りの頃だから過去の事には目をつぶって政治的に利用しただけかな・・・・

買ったジンギスカンのCDですが「ジンギスカン」と「めざせモスクワ」以外は知らなかった曲ばかりですがタイトルが秀逸で笑えます。
「サムライ」とかあるし。歌詞はサムライ・サムライ(以下何を歌っているのかまったく不明)
全編ノリが良くて楽しめます。「ハッチ大作戦」が特に良いです。

ジンギスカン・ノン・ストップ・ベスト・アルバム(Amazon)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HUL1/ref=pd_sim_dp_2/250-3519655-3601008

| | コメント (0) | トラックバック (0)