« サッポロポテト バーベQ味 | トップページ | プロファイリング »

スターリングのセミオート不良

僕の手元にあるスターリングはセミオートポジションでも単射にならないという不具合を抱えてました。

販売元に送り返しても良かったのだけど面倒なのでそのまま手元に置いておいたのだけどやはり単射が使えないと色々と不便なので原因を探ってみました。

分解はこちらのブログが参考になります。
S&T スターリングSMG 分解編①
http://cyma.militaryblog.jp/e789925.html

上下分割式とはなかなか良い構造のメカボックスのギアを手で回すながら様子を見てみるとどうもセレクタープレートにガタが有る為に本来スイッチが戻る様に掛かる力が逃げてしまい、スイッチが戻らないので連射になってしまっている模様。
201701062

そこでセレクタープレートを止めているビスに0.2mmのシムを挟んでガタを減らして締めたところばっちり単射機能が復活!!

ここで組み立てても良かったんだけどギアのガタが気になったのでシム調整も実施。

上下分割メカボックスは色々と作業し易いな。

組み立てなおして試し撃ち(空撃ち)するとしっかりセレクトファイア出来る。
良かった良かった。
と言うかしっかり組み立ててよね>S&T

あと、ネジにロック材使ってないし締め付けも全体的に緩かったな。

まぁ中華製だとこんな物かなとも思うが、色々なモデルを送り出していてなかなか頑張っているなとも思うので今後も期待しています。

|

« サッポロポテト バーベQ味 | トップページ | プロファイリング »

GUN & ミリタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スターリングのセミオート不良:

« サッポロポテト バーベQ味 | トップページ | プロファイリング »