« 身延山修行走の下見 | トップページ | クアラルンプール »

身延山修行走の下見 Part2

白糸の滝の先に掛かっている橋を渡れば七面山への登山口。
2014100428

閑散としているのかな?と勝手に思っていたけど人や車で結構混雑している。
居る人の多くは白装束を着込んでいる。
グループで登山している人が多い様だ。
ちょっとビックリ。

トイレに寄って補給食を摂ってちょっと休憩。

赤ちゃんを背負った若いお母さんが通ったので登るかな~と思って聞いてみたら「ここまでです(笑顔)」って。
流石に登らないよね~(^_^;)

3:08
登り口の鳥居から登山開始。
2014100429

神力坊は二丁目なので登って直ぐ。
たぶん下ってきた人達で混雑している。
雰囲気が昔の賑わっている宿場みたい。

少し登った所で聞こえていた太鼓の音と「南無妙法蓮華経」声が大きくなってきたなと思って見上げたらたくさんの人が降りてきた。

前日から登ってたのかな?
道を譲ってもらっているので早目に登る。
すれ違ったくらいの所で息が切れる(^_^;)

もう一グループの方たちとも同じ様にすれ違う。

3:38
十三丁目の肝心坊
2014100430

ここも賑わっている。

ここの登山道はひょっとして全部階段状なのかと思っていたけど階段状に木を置いて有るのは一部だけで後は普通の山道ですな。
きついけど。

途中で登っているグループを追い越した。
小さい子もいてなかなか大変そうだ。

3:58
二十三丁目の中適坊
2014100431
ちょっと人が疎らになってきた。

三十丁目くらいで段々疲れて登るのが嫌になってきた(^_^;)

通ってきた赤沢宿が良く見える。
2014100432

4:39
三十六丁目の晴雲坊
2014100433

誰も居なくて静かだ。
自動販売機は動いていないけどお店の方でお茶とかポカリスエット売ってます。

ここの登山道はいたる所にベンチがあって休憩できるようになっています。
丁度お昼時だったのでお昼を食べている人が多かったです。

四十丁目を過ぎた辺りでお腹がすいて来たのでバックに入れていた「塩コッペ」と言うパンを取り出して食べたけど中にクリームも何も無いただのパンでのつのつして食べ辛かった。
失敗だった(>_<)

四十丁目を過ぎても傾斜とか変わらないけど気持ちはだいぶ持ち直して来た。

コースマップを見ると敬慎院の手前が直線になっているのでどういう事かいたら門が見えてきた。

5:09
四十六丁目の和光門
2014100434

門の脇に制札
2014100435

「下乗」って乗り物で来るが人いるのかな?
生ぐさ物禁止か。
魚・肉・酒とかダメなんだ。
何も持って無いけど。

マップ上で直線だったのは参道部分だったのか
2014100436

参道直線部分の終わりは四十八丁目
2014100437

真っ直ぐ進んだ所に鐘があって登ってきた人は衝いても良いそうだ。
知らなかったけど。
正面に門が有るけどここは裏門みたいでルートは左へ曲る。

少し登ると四十九丁目の随身門
2014100438

この門の向かいからの眺めは最高でした。
2014100439
来た甲斐が有ったという物です。

2014100440

5:29
随身門を潜って階段状の急坂を下れば五十丁目の敬慎院。
2014100441

登山口から2:20掛かりました。

とりあえず荷物を置いてお参り。
左側にいた若いお坊さんと色々話をしていたら「中でお茶でも飲んで休んで行って下さい。」と誘われるまま中へ。

土間でお茶でも頂いてと思っていたら靴を脱いでこちらへと奥へ
2014100442

中でグダグダ~(^_^;)
シャツを着替えて、お茶を入れるのが面倒だったのでお湯を頂いて休憩。

あまり休むと帰れなくなりそうなので15分ほど休憩してお礼を言って出発。

こんな山の上に池が有る。
2014100443
抹茶みたいな色だ。

5:50(0:00)
角瀬(すみせ)に向けて北参道を下山開始。

5:56(0:06)
奥の院に到達
2014100444

右側に大きな岩が有る。
2014100445
後から知ったけど唱題しながら7度回るとご利益が有るそうだ。

奥の院さんの右脇を抜けて本格的な下り。
2014100446

6:28(0:38)
明星坊
2014100447

竜ヶ岳の下りや四尾連湖トレイルの時と同じ様な感じの登山道。
人はほとんどいませんけど時々います。

6:49(0:59)
安住坊
2014100448

下り疲れてあまり走れない(^_^;)
疲れて躓き易くなっているし。

6:58(1:08)
神通坊の鳥居
2014100449

墓地内を走るのは気が引けるので歩いて通過。

お寺の脇に登り口の碑
2014100450

7:22(1:12)
角瀬のたぶんエイドが設けられると思われる広場で休憩
2014100451
ゼロなのは普通のコークが売り切れだったから。

ここまで7時間。

7:30(1:20)
10分ほど休憩して出発。

橋を渡った所が急坂で気持ちが凹む。

がここから十万部寺まで全部登り。
十万部寺から先は緩やかに下り気味になるので何とか頑張る。
歩きだけど。

7:59(1:49)
赤沢宿の蕎麦屋さんの下。
ここから石畳の登り。

さすがに15:00過ぎると夕方感が出てくるな。

途中でハイドレが空になったのでペットボトルの水を補給。
1リットルちょい入れておいたけどさすがにこの時間では無くなるな。

9:04(2:54)
十万部寺
5分ほど休憩。
角瀬から1:34経過。

十万部寺から先は頑張って走る。

9:23(3:13)
感井坊通過
もう誰も居なかった。

ここから林道の下り。
残り約5km。

5kmなら下りだし30分も有れば着く筈。

と思ったが30分走ってもなかなか着かない。

A4に印刷した紙だと分からなかったけどショートカットの道を通るべきだった様だ。

10:27(3:57)
2Km半程余分に走って三門
2014100452
面倒になったからここで終了。
ライトは持っているけど何とか明るい内に着けて良かった。

前半が物見遊山ペースなのでだいぶ遅いけど僕には結構厳しいコースタイムかな。
修行だからな~(^_^;)

|

« 身延山修行走の下見 | トップページ | クアラルンプール »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身延山修行走の下見 Part2:

« 身延山修行走の下見 | トップページ | クアラルンプール »