« 2.4GHzプロポとWiFi | トップページ | GPSデータ »

Quanum NOVA ! 受信機搭載編

まずは分解。
201406283
赤丸の部分のネジを外します。
各アーム4箇所で合計16箇所。

ネジを外してフレームを上下に分割
201406284

上側のアンテナ状の物はコンパスらしい。201406285
ケーブルが外せなくて分離できない。
 
ネジ部分はちゃんと金属製になっていてタッピングビスではないので分解が多くても大丈夫な様だ。
201406286

各アームに手前にESCがある。
201406287
市販品の流用じゃなくて専用品らしい。

機体の真ん中に居るのがフライトコントローラー
201406288
こいつがこの機体の中枢。

RC GroupとかでQuanum NOVAの前身(同型?)のCheerson CX-20 のフライトコントローラーが固定されていない
とか良く書かれていたので確認するとガッチリ着いてました。
201406289

ただGPSアンテナは千切った様なテープで適当に留められてましたが(^_^;)
2014062810

配線図は付いて来ないので受信機とどう接続するか悩む。
2014062812

フライトコントローラーの右側コネクタにAETR1234と書いてある。
つまりエルロン、エレベーター、スロットル、ラダーのフタバのチャンネル順で良い様だ。

1,2に5ch、6chを接続して完了。

テストにバッテリーを接続してみるとフライトコントローラーはピコピコ言っているが受信機が無反応。
どうも電気が来ていない様だ。

色々と調べてみるとジンバル用コネクタと一緒に居るちょっと線の太いコネクタが電源コネクタの様だ。
このコネクタを受信機に接続してバッテリーを接続すると受信機も動いた!
良かった良かった。

バインド出来たので受信機を固定しようと思ったけど搭載スペースが結構狭くて配置に一苦労
2014062811
無理矢理載せて搭載完了。


|

« 2.4GHzプロポとWiFi | トップページ | GPSデータ »

ラジコン」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

27日にQUANUM NOVAが届いたので、「レシーバーの搭載」で検索してたどり着きました。

円盤状のモノは簡単にパックリ開き接続してあるコネクタを外せば分離できます。しかし、ウチの機体はFCも外れていて旅行中に機体内で遊んでいたようです。

ところで、単にレシーバーの接続だけでフライトできるのでしょうか?
続報を期待しています。

投稿: ブラウン | 2014/06/29 12時33分

ブラウンさん はじめまして

コメントありがとうございます。
アドバイスに従って外してみたら簡単に外れました。
ありがとうございます。
細いプラのダボが4本だけとは耐久性がちょっと心配になりますね。


>ところで、単にレシーバーの接続だけでフライトできるのでしょうか?

スロットルのキャリブレーションさえ取れば飛ぶみたいです。

僕は余分な事をして焦りましたが(^_^;)

続編をお楽しみに。

投稿: レアン | 2014/06/29 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Quanum NOVA ! 受信機搭載編:

« 2.4GHzプロポとWiFi | トップページ | GPSデータ »