« GPSデータ | トップページ | Quanum Nova モバイルカメラ搭載 »

Quanum NOVA  初フライト編

朝早起きしてフライト準備。

出掛ける前に試しにとPCと接続してMission Plannerを起動してどういう状況なのか見てみた。

下手に設定を変えたりしたら大変なのでジャイロやコンパスの動作を確認する程度にして接続を解除してバッテリーを再接続してみたらビープが止まらなくなった!

やらかしたか!と色々やってみたが止まらない。
右往左往しているうちに鳴り止んだが一体何だったのか?

そんなこんなで出遅れたがまだ雨は降っていない。

このフライトコントローラーのスロットルキャリブレーションは普通のと違って
 ・一旦スロットル全開位置で機体の電源を入れる。
 ・システムが起動したらバッテリーを外す。
 ・プロポはスロットル全開のままでもう一度バッテリーを接続。
 ・ピロローン♪と起動した後にピッピッと鳴ったらスロットル全閉位置へ下げる。
 ・左側の赤のLEDが赤・黄色の点滅になったら完了なのでバッテリーを外して完了。

と、ちと面倒臭い。

バッテリーを接続してGPSを拾うまでちょっと待つが5分経っても10分経っても終わらない。
周囲に障害物は無いのだけど。

仕方が無いのでそのままフライト開始。
GPS信号がなくても通常モードで飛行は可能。
RTHモードとか自動飛行できないけど。
201406291

マルチローター機はエルロンやエレベータースティックを動かしても舵の有る機体と違ってサーボのリバース設定が正しいのかさっぱり分からない。

少しローターを回して機体の動きを見てみるとエレベーターが逆。
他はOK。

本格的に飛ばそうとローターの回転を上げると前転しそうになった!
エレベーターを引き気味に離陸させると何とか離陸できたが何だか前が重そうな感じ。

一旦降ろして積んでいるバッテリーの位置を中心付近に調整して飛ばしてみると前より安定している。
機体が小さい分バッテリー位置の影響が大きいのか?

ちょっと飛ばしてみて思っのは
 ・離陸時の不安定さはフライバーレスシステムを積んだヘリと同じ感じ。
  徐々にスロットルを上げて行くと振動等でふわつく感じになるのである程度一気スロットルを開けて浮かせてしまえばOK。
 ・マルチコプターもヘリコプターの一種なので飛ばし方はほぼ同じ。
  つまり苦手な左旋回はやはり上手く回れない(^_^;)
 ・安定性は調子の良い時のフライメンター3Dを使っている時と同じくらいかな?
  少しづつ動くけど安定性は悪くない。
 ・高度維持はなかなか難しい。
 ・思ったより降下速度が速い。
  スロットルを戻すとすーっと降りてくる。
  慣れない人は確かにスキッド折るかも。
  ピッチが変えられないからこれは注意が必要だな。
 ・思ったよりも電力を使うようだ。
  バッテリーの持ちが悪くてせいぜい4分。(2200mAh)
  もっとも僕の持っているバッテリーがヘタっているのかもしれない。
 ・よくコケる(^_^;)
  離陸時や着陸時にスキッドが丸くなっているからか前後にコロンと転がる。
  要注意。

マルチローター機もこれはこれで面白いな。

|

« GPSデータ | トップページ | Quanum Nova モバイルカメラ搭載 »

ラジコン」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
nagskyさんから、こちらのブログを教えていただきました。

私もNovaで遊ぼうと思っていますので、こちらのブログ記事は大変参考になります。また、APM:COPTERについて、日本語の情報を増やしていきたと思っています。(^^)

ところでGPSが動かないというのは、故障しているということでしょうか。RCGでは読んだことのない事例のようです。さっそくGPS購入でホビキンにお布施するのでしょうか。残念ですね。

なお、リンクを張らせていただきました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿: tiger22 | 2014/06/30 09時24分

tiger22さん はじめまして

いやいやいつも大変お世話になっております<(_ _)>
特に9XRの設定についてはtiger22さんが居られなければ途方に暮れるところでした。
感謝感謝<(_ _)>

>GPS
GPSは壊れているのか分かりませんがなかなか拾ってくれないです。
車のナビが12個の衛星を拾っている状況で20分位放置してもグリーンのLEDが点滅したままでとほほな状況です( ̄◆ ̄;)

投稿: レアン | 2014/06/30 20時26分

はじめまして。

私も27日にNOVAが届きまして、JRプロポXG14を使用し、遊ぼうと思っています。

tiger22さんと、ここのブログを参考にしながら悪戦苦闘しています。

最初ESCのキャリブレーションがうまく行かず、スロットルのサブトリムを+50くらいに調整し、ようやくモータが回りだしました。

 ・一旦スロットル全開位置で機体の電源を入れる。
 ・システムが起動したらバッテリーを外す。
 ・プロポはスロットル全開のままでもう一度バッテリーを接続。
 ・ピロローン♪と起動した後にピッピッと鳴ったらスロットル全閉位置へ下げる。
 ・左側の赤のLEDが赤・黄色の点滅になったら完了なのでバッテリーを外して完了。


このキャリブレーションは、毎回必要なのでしょうか?

毎回必要だとするとかなりめんどうですよね。

投稿: kan60 | 2014/07/01 12時11分

レアンさん、こんにちは。

私は英文のAPM:COPTERを少しずつ読んでいるところです。で、Novaにはまだ手をつけていません。(^^ゞ

何はともあれ、GPSは故障じゃなくて良かったですね。
APM:COPTERによると、GPSは無線装置(テレメトリ、ビデオ送信機)、モーターおよびESCから、できるだけ離して設置せよとなっています。

NovaのGPSはかなり高性能なようですから、設置位置を工夫すればさらに精度が上がるはずです。最適の場所が見つかったら教えて下さい。

では。

投稿: tiger22 | 2014/07/02 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Quanum NOVA  初フライト編:

« GPSデータ | トップページ | Quanum Nova モバイルカメラ搭載 »