« Quanum Nova モバイルカメラ搭載 | トップページ | Quanum NOVA  アンテナ位置 »

Quanum NOVA 自動飛行モード

信号を受信しないあまり調子の良くないGPS機能。

フライトのした後に試しに残容量に余裕の有る方のバッテリーを繋いで車の屋根の上に放置しておいたらいつの間にかシグナルを受信して準備完了になってました。

こんな時に・・・

バッテリー残量を確認すると34%。
ちょっと厳しいけどここは飛ばすしかないでしょうと飛ばしてみました。

スイッチをStableに切り替えてスロットルを少し開けると後ろに転倒!
ジタバタしてる
まるで転んだBrade MSRの様だ(>_<)

ペラが折れなくて良かった。

どうもいきなりは危ないので一旦浮かせて高度7~8mで安定させてからスロットルから手を離して切り替えスイッチに手を添えたままStableモードに切り替え。
おっ!安定していると思った次の瞬間にぐらっと右に大きく傾いた!!

慌ててスイッチを戻すと何事も無かったかの様に飛んでる。

もう一度切り替えたらやっぱりグラッ!

スイッチを切り替えたら下げ過ぎてRTHモードへ。
今度は急上昇!
慌ててスイッチを戻す。

怖ぇぇ~(>_<)

グラッは風があったから?
ヘリがフライメンターやフライバーレスシステムで飛んでいる時に時々大きく傾いて修正する動作と同じだろうか?

今度改めて飛ばそう。

|

« Quanum Nova モバイルカメラ搭載 | トップページ | Quanum NOVA  アンテナ位置 »

ラジコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Quanum NOVA 自動飛行モード:

« Quanum Nova モバイルカメラ搭載 | トップページ | Quanum NOVA  アンテナ位置 »