« ヤマトのオープニングとエンディング | トップページ | ストック使用禁止だそうで »

第1回 甲斐の国「市川古道」四尾連稜線トレイルラン

「第1回 甲斐の国「市川古道」四尾連稜線トレイルラン」略して四尾;連湖トレイルに行ってきました。

朝5時半頃に出発。

朝霧高原の辺で日の出
201309292

霧に煙る精進湖
201309293

狭いけど近道だし下見も兼ねられるので県道36号線の方へ
精進湖道路が有料だった時は時々通ったけど久し振りに通過。
道はだいぶ良くなったね。

予定通り1時間半程で到着。
201309294

受付して仕度してのんびりしていたら開会式が始まった。
招待選手と一緒に並んでいた市川三郷レンジャー
201309291
視界が悪そうだけど前見えてんのかな~?
後ろのマネキンの方がレンジャーっぽい(^_^;)

開会式後に300m程離れたスタート地点に移動。

8:30ちょうどにスタート!
201309295

暫く街中を走って碑林公園の裏から登山区間開始。
街中は声援もあって楽しいな。

登山区間は幅もそこそこあって抜ける道。
最初の方は良かったけど結構傾斜がきつい。
だいたい2Kmで800m位登ってる。

暑くて途中で手袋を外して持って登る。

1時間弱で烽火台。
201309296
富士川方面の通信路かな?
本栖城方面はちょっと厳しい気がする。

烽火台ちょっと下った所から八ヶ岳方面が綺麗に見えました。
201309297

写真も撮ったり手袋をしまったりしている内に4・50人に抜かれた(^_^;)
まぁ良いけど。

スタートから1時間ちょいで四尾連峠AS到着。
目標が1時間半だったので幸先良し。
ファンタグレープが有ったので戴きました。
うーん嬉しい。

2・3分休憩してスタート

ほぼ水平に暫く走ってから湖に下る。
前方に超久し振りに四尾連湖が見えた。
キャンプにとてもよさげテントサイトの横を抜けて対岸の受付の有る方へ。

四尾連湖から大畠山への登りが急なのは地図を見て確認していたけど本当にきつかった(^_^;)

1Kmほどちょっとしたアップダウンのある尾根を走って、道が斜面を走る様になると少しづつ傾斜が増してくる。

2時間弱で西肩峠ASに到達。
スポーツエイド・ジャパン主催のトレランはこんな山の中のエイドでも結構充実してるんだよね。
本当にありがたい。

蛾ヶ岳と書いてなぜか「ひるがたけ」と読む蛾ヶ岳は西肩峠の直ぐ先なんだけどここの登りも本当にキツイ。
実写版ヤマトの斉藤の様に「キッツイよなぁ」の繰り返し(^_^;)

スタートから2時間ちょいで蛾ヶ岳到着。
天気が良かったお陰もあって見晴らし最高。

富士山と竜ヶ岳
201309298

八ヶ岳と南アルプス
201309299

南アルプス
2013092910
どの辺まで見えてんだろう?

北岳の辺アップ
2013092911

眼下に四尾連湖も
2013092912

これらの景色が見られただけでもここに来た価値はあるな。


5分ほど休んで再スタート。
ちょっとの間はなだらかな下りだったけどその先はスリッピーな急な下り坂。
一旦下りになってまた急な下り。
4・5回足を滑らせて転んだな(^_^;)

2時間半ちょいで折門峠通過
この辺りの尾根道はとても気持ち走れるとてもいい所でした。
でも登りはちょっと傾斜がキツイ。

500mほど先の地蔵峠にテントが張ってあったけど臨時の避難用かな?

スタートより3時間ちょいで八坂峠。
「ここから先がきついよ」って抜いたり抜かれたりしていたランナーさんから聞いていたけど本当にきつかった(^_^;)

息も絶え絶えになりながら新八坂峠AS到着。
ここまで3時間40分程。
距離は16Km程か?

30分程前からお腹が空いてきていてどこでゼリー食べようかと思っていたところなので助かりました。
おにぎりとか戴いて5分ほど休んでスタート。

エイドから少しの舗装路を下ってガードレールの切れ目から下りの道へ。

そう言えば新八坂峠ASから精進湖まであと1~2時間で行けそうな感じ。

下芦川ASへの距離2Km、標高差500mほどの下りを20分程度で降下。
前の人達に付いていくのがやっと。
みんな早いよな~
下り番長はもっと早そうだけど(^_^;)

ここの下りは竜ヶ岳からの下りに似た感じでした。

スタートから3時間45分ほどで下芦川AS
ここははブドウ・梨・リンゴとフルーツ豊富。
流石フルーツ王国。
(リンゴは長野か青森産な気がするけど)

ここでもファンタグレープを貰ってスタート。
ここから7~8Kmはロード。

道路の横の川が綺麗。
2013092914

途中で拾ったゴミに手を焼いている内にだいぶ遅れた。
チョコレートの袋とか捨てんなよな(`ε´)

途中で近くに住んでいる方々が応援してくれて嬉しいな。
庭で飲みながら(?)応援していた人はちょっと羨ましかった(^_^;)

ロードを50分程走って桜峠入り口
ここから先はなだらかな登りかと思ったけどそうでもなかった。

桜峠への登りの途中で2箇所ほど虎口の様な作りの所があった。
2013092915

右左口路の別の出口を守備していた城とも考えられるけど直ぐ裏に上野城も在るしな。
上野城の詰城的なものだろうか??

などと考えつつ登っていると開けた所に出たのでここが桜峠?と思ったが何も無いし誰もいない。
もう少し先のピークに石碑が見える。
2013092917

ピークの上まで言ってみると桜峠とか書かれた看板が在ったのでここが桜峠らしい。
富士講と書かれた石碑があったので富士山の方を見たが木でよく見えないので少し位置を変えたら見えました。
2013092918

ここも眺めが良いな。
2013092919
標高が低いので手前の山が高く見えるけど。

14時前に山から下りた。
周囲をよく見ると右手のちょっと先が上野城跡こと歌舞伎公園。
やはり詰の城か?

ゴールまで残り3Km程度。

地元の人の暖かい応援を受けて走って行くと朝方通った身延線の下の道。
ここまで来ればあと少し。

スタートした通りに戻るとちょっと先にスタートした時の横断幕が見えた。
通りを閉鎖してくれている様で車道を走れる。
振り返ってみるが前後にランナー無し。

応援してくれる人に手を振ったりしながら横断幕を越えたけど・・・ゴールじゃない??
ゴールはその先の銀行の駐車場でした。

銀行の角を曲って無事ゴール!
目標の6時間より前にゴールできて良かった。


コースも良くて天気にも恵まれてとても良いトレラン大会でした。
応援してくれた方々、ボランティア・スタッフの皆様にとても感謝しております。
どうもありがとうございました<(_ _)>


一つだけ言わせて頂くと会場に地元の特産品販売コーナーを設けるか販売店への案内があれば尚良かった気がします。
折角近くにJAもあったのにちょっと残念。

|

« ヤマトのオープニングとエンディング | トップページ | ストック使用禁止だそうで »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第1回 甲斐の国「市川古道」四尾連稜線トレイルラン:

« ヤマトのオープニングとエンディング | トップページ | ストック使用禁止だそうで »