« 諺の | トップページ | 月 »

STY 2013 山中湖きらら(A8)~二十曲峠(A9)

ちょっと奥まった所にあったきららのエイドテント。

入って早速ドリンクを頂きます。

コロッケの看板が有ったので聞いてみると品切れ(T_T)
まぁ遅いから仕方ないか。
パンを2個ほど受け取ってシートに座る。
残念ながらイスは空いてなかった。

パンを食べながらヘッドライトの電池を交換。
蓋の開け方を忘れて四苦八苦(^_^;)
交換して点灯してみるととても明るい!
最初から切れかけてたのか。
そう言えば交換したのはいつだっけ?

パンは食べられたけど少し前から胃の具合が良くない。
夕飯食べた直後にエアロを始めた時の様な感じ。

伊豆トレイルの後辺りから時々こうなっていたので胃薬を飲んでいたのだけど今日は持ってこなかった。
不覚。

休憩テントを探したけど分からなかったのでエイドのテントに戻ってお湯を頂いてオレンジなどを食べて休憩。
出る時に分かったけど休憩テントはスタッフのテントの横だったのね。

支度をしてトイレに寄って再スタート。
ここもトイレ綺麗で良いな。
きらら滞在時間は40分ちょい。
日付も変わっている。

ゆっくりと走り始めるが湖岸の為に風が冷たい。
この冷たい風の中でも誘導の警備の人が立っている。
とてもありがたい。感謝。

ヘッドライトの電池を交換して明るくなった為か埃みたいな物が何か飛んでいる。
最初は雪か霧の粒子かと思ったけどやっぱり埃みたいだ。

道志に向かう道の途中から林道に入いる。
右手に大きなリゾートマンション?ホテル?が見えるが明かりが点いている窓は3っつ。
もう寝ているのかな?

暫く林道だけどこの林道の傾斜がかなりきつい。
途中で東屋があったのでここがてっぺん?と思ったけど只の休憩所だった、

林道のどん詰まりまで行くと登山道になって急に傾斜がきつい。
大きな木があった。
ご神木の様だ。

直ぐ上に神社があった。
石割神社だ。
お賽銭を出す余裕も無いが取り合えずお参り。
周りに住んでいる人も居ないと思うので鐘を鳴らしてパンパンと御挨拶。
気が付かなかったけど右手にご神体の岩もあったのですね。

神社を過ぎると急に道が狭く険しくなって厳しい。
ヒーコラ言って何とか山頂。
山頂は風が吹きっさらしでとても寒い。
それでもスタッフの人が居てくれる。
感謝感謝。

気温は氷点下らしくて地面が凍ってキラキラと光っている。
下りに入る前にザックからShotsのストロベリーを出して食べてみるが低温過ぎて出てこないのと味が合わない。
この前は美味しかったのにな?

2口位口に付けたらもう要らないって気がしたので後はそのまま手に持って下る。
開けなきゃ良かった。

下りが始まった少し先でスタッフの方が「この先凍ってます」と言っていたのに滑って転んだ(^_^;)
思ったより地面が硬かった。

二十曲峠までは何て事は無い下りだったけど胃の具合が良くなくて早歩きで下る。
下の方に灯りが見えるのであそこまで行けばと思うがなかなか遠い。

2時前に二十曲峠(A9)到着。

|

« 諺の | トップページ | 月 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STY 2013 山中湖きらら(A8)~二十曲峠(A9):

« 諺の | トップページ | 月 »