« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

Windows98

古いWindows9x系のゲームがやりたくてVirtual PCをインストール。

Windows MeをインストールしようとしたらUpdate版だったので98から入れてる。

が、プロダクトIDがどっかに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来

TVで「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」をやってた。
ジムに居たのでちゃんとは見てないけどね。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」でマーティの行った未来は2015年。
再来年だよ。

空飛ぶ車・ホバー・ボード等々とても実現が無理そうな物も多いけど、ブラウン管モニター等既に廃れた物もあったりするな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘリコプター

いろんなな機種のヘリが行き交っているけど何かあった?


たまたま?




| | コメント (0) | トラックバック (0)

煤ける

バイクのプラグが煤けて直ぐにエンジンの調子が悪くなる。
201305281

この状態だと全くエンジンが始動しないけど新品に交換すれば一発始動。

こっちのバイクもキャブを分解清掃しないとダメかな。
ほぼ毎日乗っているのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さすがに

60分のレッスン2本はきつかったか。

膝や踵が痛い(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STY 2013 富士小学校(A10)~河口湖(ゴール)

防寒用に着ていたレインウェアの上着をどこかで脱いだ筈だけど何処だったか忘れてしまった。
下は富士小学校まで履いていたんだけど上も着ていたんだっけかな?

最後のエイドポイントまで来たけど閉鎖まで30分少々。
ゆっくりしている余裕は無いのでさっさと身支度。

ハイドレーションに補給してウェア類をザックにしまって仕度を整えてから吉田うどんを頂く。
美味しい。
食べた後にコーラを飲んだりして寛いでいると閉鎖時間も迫ってきたのでトイレの列に並ぶ。

ここだけトイレがなぜか2個だけ。
会場の広さのせいか?

トイレの列がなかなか進まないのでどうした物かと考えていたらスタッフの方が「簡易トイレがあるのでこれを遣って下さい」と知らせているので一つ貰って建物の影で使用。

初めて使ったけど直ぐに固まるんだね。
ちょっと感心。

もう一度飲み物を頂いて出発。
閉鎖まで10分切っていた。
ヤバいヤバい。

富士小学校を出ると正面に山並み。
さてどれに登るのかな?
まさかあっちの電波塔が有る方じゃないよな。
と考えながら歩いたり走ったりして登り口。

林道を登って行くとかなり向こうまで人が歩いているのが見える。
暫くは緩やかな登りらしいがその先は上の方の送電線脇を歩いているのが見える。

天気は良くて日差しが暖かいけど風が強くて埃が舞い上がる。

林道から分岐する所までは走れないけどそれほど勾配は無かったんだけど鉄塔の下からは登りがきつい。
鉄塔付近でスマホをチェックしていた人が「UTMFのトップの人が富士小学校を出たそうですよ」と他の人に話しているのが聞こえた。
追い付かれるまで3~40分位かな?

周囲の山の高さが無くなって来ているのでそろそろ頂上かなと思っていたら稜線に出た所で「ここからゴールまで下りです」とスタッフさん。
後はゴールまで下りかと思うと少し元気が出たので下り坂を早目に駆け下る。

少し下った所で舗装路に出た。
小さなエイドもあった。
キムチ鍋を頂いたが今まで食べた中で一番美味しかった。
そういえば持って行ったスプーンが初めて役に立った。

お礼を言って登りの舗装路を歩き出す。
ゴールまで下りって言ってたのにとぶつぶつ言いながら歩く。

小さなエイドに辿りつくちょっと前からビデオカメラを持った撮影スタッフらしい人が見掛ける。
いよいよUTMFのトップが来るのかな?

舗装道を歩いていると後方からさっきのカメラを持っていた人が自転車に乗って追い越していった。
2・3個先のカーブ迄行くとでカメラを構えているので振り返ると遠くに走っている人がいる。
トップだ!

追い抜かれる際に見ると日本人。
てっきりジュリアンさんだと思っていたのでビックリ!
やるなぁ。
でも誰だろう?

その後何人もの外国人選手に抜かれたけど何か声援を送ったりするとリアクションがあるので楽しい。

続く舗装の登りにヘキヘキしているとやっと下りの分岐。
下りの林道だけどほとんど歩いて時々走る位のペースで進むと標高も下がって町並みが近づいてきた。

神社の裏手を走っているとコース誘導のスタッフさんが境内の方へ誘導しているのでそちらに進むと巨大な杉が何本も立っている。
これがトロフィーに使われている樹齢千年の杉か~と見上げながら通過。
本殿前で一礼して通過。

残り3Km位?

バイパスが出来たので交通量が減ってのんびりとした雰囲気になった神社前の旧R137を抜けて小さな川沿いの道を川を眺めながら歩いていると向こうから大会実行委員の村越教授が走ってきた。
すれ違う時に「あと2Kmちょいなので頑張って」と声を掛けてくれた。
何かあったのか、単に見回りだったのか分からないけど元気な人だなと~振り返って見送る。

湖岸道路を横断して河口湖畔へ

対岸に足和田山が見える。
2013042912
鳴沢の方から見るとあまり高い山とは思えないけどこっちから見ると高いな。

富士山も良く見える。
2013042913

残りもう1Kmも無いだろうからと河口湖大橋の辺から走り始める。
橋を渡って階段を下りて右に曲れば・・・・えっ!?左??
そう言えば今年のゴールは八木崎公園だった!

急にゴールまでの想定距離が増えてちょっとガックリきたが残りはもう少し。
そのまま走り続ける。

右手に見える六角堂が本当に地続きだ。
何年か前にも地続きになっていたなと思いながら走っているとゴールは目前。

12時ちょっと前にゴール。
今年も無事ゴールできて鏑木さんと握手出来て良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エベレストからスマホで中継

衛星通信なのかね?
ベースキャンプに基地局があるのかな?

相手がBBCだから違法で個人が相手ならOK?

リンク: エベレストからスマホで中継は違法 - 速報:@niftyニュース.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STY 2013 二十曲峠(A9)~富士小学校(A10)

だいぶ時間が空いてしまったけど忘れる前に書いておこう。

2時前に二十曲峠(A9)到着。
ここでも多くの人に声を掛けてもらって大変嬉しい。

エイドテント内は人も疎ら。
ストーブ前のちょっと開いている空間に入って靴を脱いで一休み。
横になっていたら眠くなったので軽く一眠り。

寝ていたらハッとなって目が覚めたので慌てて時計を見たがまだ10分程度しか経っていなかった。
まだ時間はあったけど2度寝は深く寝てしまう危険があるので起きて脚をマッサージしたりして休憩。

明け方に掛けて寒そうだな~と考えていたら近くに居た女性が友人に「着られる物全部着たよ」と言う言葉が聞こえたのでカッバの下にウインドブレーカー代わりの薄手のレインジャケットも着た。

仕度を整えてテント内に貼ってある地図を見ると横に富士山みたいな手書きの絵があって確か「こんな感じ」とか書いてあった。
石割山から下る時に向かいの山のえらく急坂を登っていく明かりが見えたが実際に急らしい。
地図と図を眺めていたら誰かに「杓子山まで一気に上りますよ」って声を掛けられたので「石割山よりも?」って聞いたら「同じかもう少し急かも?」って。
上がったり下がったりタフなコースだ。

テント内のスタッフさんにお礼を言って杓子山へ

二十曲り峠から一気に上るのかと思ったら立ノ塚峠迄は割と緩やかな登りの尾根道。
正面に山が見えるけど山頂が近くならない。
という事は一気に上るんだ(>_<)

立ノ塚峠を過ぎると徐々に傾斜が増して行きとロープ無しでは登れない様な斜面もあって息も切れ切れ。
休み休み登る。
本当にキツイよこの登り。

崖の部分を除けば天子岳の登りみたいだなと考えながら何とか山頂まで登った。
が、杓子山はまだ先らしい??

どうやら4つ位先のピークが杓子山らしい。
休憩しながら地図を引っ張り出して見ると無名のピーク。
(帰宅してから山地図を見ると「子の神」と書いてあった。)
杓子山の方が若干低い様だが高低差は少ないがそこまで幾つか越えて行かなければならない。
深呼吸してから先へ

杓子山直前くらいでブランケットを抱えたスタッフが走って行った。
何か有ったかな?

5時位に杓子山へ到達。
もうだいぶ明るくなってきていて富士山がはっきりと見える。
2013042910

夜明けまであと少しだ。
2013042911

ここから後は下り。
先ほどの二十曲り峠でコースを教えてくれた人が「杓子山から先は長いですよ」と言っていたのを思い出したけどまぁ長くても下りだしねと下山開始。
少し下った先に転倒したのかスタッフとランナーさんがいたが大した事無ければいいな。

下っていくと少し平らな所に出たので人が居る方を見るとパラグライダーなどのジャンプ台だった。
忍野のフォトスタジオへ通っている時に見掛けた所だ。
ちょっと感慨深い。

しかしここからが富士小学校までが長かった。
本当に長かった。
下りではあるのだけどほぼ斜面をトラバースする林道で変わらない景色が何処まで続くの?って感じ。
所々走ってみるが続かないのでほぼ歩き。

やっこと大きな道路の上を通っている橋の上まで来てもうあと少しかな?と思ったりしたのだけど道路に出るまでぐるっと4~500m程大回り。

舗装路は下りだったので走りだす。
途中で森が切れて周囲が見えるようなったけど学校らしい建物は見当たらない。
どうやら近くに学校は無いらしい。

地面も平らになったので歩いて先へ。
周囲を見ながら河岸段丘だな~とあまり意味の無い事を考えながら歩いていると朝の散歩をしている人とすれ違ったので挨拶をしながら「小学校は遠いですか?」と聞いてみたら「後10分くらいかしら?」と教えてくれたのでちょっと元気が出た。

架橋中の橋の横を通って、工業団地の横を通って、中央道富士吉田線の下を潜る。
潜った先の川がとても綺麗だ。
橋を渡って左側に学校が見えたのでここか?と思ったが中学校だった。

更に先に誘導員さんがいるのでもう少し先らしい。

学校の裏門?通用門?から入って校舎の横を抜けて玄関前へ。

7時前にやっとこ富士小学校(A10)到着。
杓子山から長かった~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炭酸水

西友で見掛けない炭酸水があったので買ってみました。
201305251

ウィルキンソン等の炭酸水と違って味がするなと缶をよく見たら
201305252
色々入ってる。

改めて缶のクラブソーダを見てみると同様に入ってる。
こっちは気付かなかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VT250FEのキャブ清掃

前回なんとかエンジンが始動する様になったもののリア側のキャブから燃料ダダ漏れ状態(>_<)

オーバーフローしてる様だったので再び分解して確認してみたらフローとバルブとバルブシートが固着してました。

クレのキャブクリーナーで前後キャブとも分解して清掃したけど汚れが落ちない。
ブラシでゴシゴシやって何とか落ちる程度。
ヤマハのクリーナーが良いらしいけど探してた時は売ってなかったんですよね。
後日OAナガシマに売っているのに気付いたけど既にクレのを買ってあったから躊躇したんだけど買っておけば良かったな。

詰まっていたジェットも開通させて組み直してエンジン始動。
バキュームチューブの繋ぎ間違えでエンジンが掛らないというポカがあったけど繋ぎ直してちょっと梃子摺ったけどエンジン無事始動。

アイドリングも調整して落ち着いたし、心配だったクラッチも特に問題無く作動している。

4000rpm前後までの吹け上がりがちょっと鈍いのでまだ調整が必要だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眼が

昼間、眼に虫かゴミが入ってみたいで急にゴロゴロしたのでちょっと気になって擦ったりしたら真っ赤になった(T_T)

まだゴロゴロする。
早く寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイクルライト

100均のセリアで簡単に取り付けられるサイクルライトを発見!
201305211
シリコンゴムのボディにLEDが2個。
点滅回路内蔵

ハンドルに巻き付けるのを前提にしているみたいだけど巻ける物なら何でも良いみたい。

ヘッドライト代わりなので白色LEDだけど赤色LEDに交換すればテールライトに良いかも。

バラしてラジコン飛行機に付けても良いかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラックサンダー!

なかなかのカラーリング

KIMG0237.JPG




| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山メロンパン

富士川SAエリアに寄った時にゲット。
201305191

抹茶入りかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LEDライト

電池ボックスで作った点滅LEDは21日目に突入中です。
いつまで光ってんだろう?

グリーンフィールドというメーカーからantomoという振動を検知して光るアクセサリーが発売されていますね。
http://www.g-field.jp/led/antomo/

1000円~2000円位しますが色々なタイプがあって、逆さにすると光らなくなる等使い易そうです。
買おうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やきそば

秘伝のソースならぬ「マルモのやきそばソース」がなかなか良い。

それにしてもカスカベ防衛隊よりもやきそば作るの下手かも(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あらっ!?

富士山の雪が増えてる!


昨日の雨は雪だったのか。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドライブレコーダー

OAナガシマに¥2,980という安いドライブレコーダーが売っていたので買ってみました。
201305161
geaneeのDVR-32という物です。
http://www.geanee.jp/products/geanee_dvr_32.html

使ってみての感想は
・液晶ディスプレイはあると便利で見易い。
・HDの画像は車の動きは見られるけど潰れ気味。
・SDだと画質は良いけど小さいな。
・ヘッドライトを点ければ夜でも結構綺麗。
・画角が狭すぎ。
・設定時の操作がし辛い。
・地デジのアンテナがフロントガラス貼り付けのためで近いからか妨害が入る。
・内蔵されているLEDはどのタイミングで作動するのか良く分からない。
・内蔵バッテリーがあるのでエンジン始動時に再起動したりしないのが良い。
・内蔵バッテリーでイグニッションオフ後でも暫く撮影できるのは良い。でも夜は真っ暗だけど。
・日付、時間の設定がやり辛かった。

値段から考えると悪くは無いけど地デジを妨害するのは困るな。

どうしたものか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むー

音声合成LSIの「落ち着いた女声」のATP3012F5-PUはセラミック発振子が必要なのか。

道理でいくらやっても音が出ないわけだ・・・・

この声だけセラミック発振子が必要になるとは思ってなかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16日目

まだまだ元気に光ってます。
201305141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠い

どうしようもなく眠い。
寝不足かな。

というわけでおやすみなさい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御殿場SVGNET「SPRING OPERATIONS 2013」

御殿場SVGNET「SPRING OPERATIONS 2013」に行ってきました。

大会当日は雨が降っていた前日と違って良い天気で絶好のサバゲ日和。

今回はドイツ軍装備。
201305112

暑くなりそうだったのでウールは止めてHBT+スモック。
得物はMP40とMP44。

MP44はスコープ装備。
201305114

スコープマウントはサムズが販売していた物で、スコープ自体はピストル用。
201305116
こういうスコープマウントが実在したか知らないが索敵用には便利。

今回測定した時の初速はMP40が69m/s、MP44が79m/s程。
サバゲは弾速でも、発射速度でも、弾数でもないからね(笑)

今回の大会は珍しく他にドイツ軍装備の人が居なかったので単独でアメリカ軍の攻勢に対処。
重いMP44を抱えてだったけどトレランで鍛えた(?)脚で翻弄してやったぞ(^_^;)

ゲーム中にMP40を肩に掛けて走っていたらスリングが切れてしまった。
201305115
丁度細くなる所からなので仕方が無いな。

本部前に並べられていたM1ライフル。
201305113
なかなか壮観です。

ICS、ハドソン、中田のデコガン流用とか有ってそれぞれ色々違うので間違い探し的に見ても楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜えび

風物詩ともなった桜えびの点日干し。
201305092

桜えびは苦い感じなのでちょっと苦手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

点検窓

古いVT250Fを動かそうとしているんだけどあまりにも長い事動かさなかった為に不具合続出。

取り合えず油圧式のクラッチがスコスコなのでここから取り掛かってみます。

最初にリザーバタンクの蓋を開け様としたけどボルトが固着していて回らない。
無理矢理回したら+の溝が潰れたのでドリルで頭を削り取ってオープン。
開けてみるとフルードでは無くて粉チーズみたいな粉が入っている!!

フルードが劣化して固まったようだ。
道理で点検窓が真っ白なわけだ。

固まったブレーキフルードを掻き出して内部を洗浄したけど点検窓は曇ったまま。
よく見ると劣化して白濁している上に亀裂が入っている。

使えそうも無いので壊して取り外した。

ホースを取り外して見てみるとこっちは何も無くて空っぽ。

アクチュエーターの方は面倒だからばらさずに固着しているマスターシリンダー側をばらして洗浄・再組み立て。

壊れた点検窓はレッドバロンに行って聞いたみたら単品では販売してなくてマスターシリンダーごとの販売になるそうだ。

因みにレッドバロンではレッドバロンでバイクを購入した会員にしか部品の販売・修理をしないそうだ。
僕が買った時は「ヤマハオートセンター」とか名乗っていた頃で会員証も何も無かったけどね。
エンジンが壊れていて高回転が回らないバイクを売られてからバイクは買わない事にしていたけど部品も売ってくれないという訳でもう行く事は無いな。

閑話休題。
点検窓は手に入らないならいっその事蓋してしまおうかと考えたけど、ちと考えてアクリル板を切り出して嵌めてみる事にした。

穴の直径が17mmなのでなるべくこの径になるように2mmのアクリル板を削りだしてエポキシ接着剤で貼り付けた。
20130508

フルードを入れてエア抜きもしてみたけど漏れも異常も無い様子。
これで大丈夫かな?
アクリル板のブレーキフルード耐性はどうなんだろう?


まだ漏れてきてはいないけどブレーキ側もやばいんだよな~
201305084

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水ゼリー

話題の(?)水ゼリーを作ってみました。
201305081
材料は水とアガーという寒天みたいな凝固材。

何かちょっと曇った感じなのは使ったアガーが寒天入りだからかな?
201305082

すくってみると固まっている時より透明感があります。
201305083


さて食べた感じは味は何も無くゼリーの様なプルルンとした食感のみ。
何が良いのかさっぱり分からない(笑)

そのまま食べ続けているとまぁこれはこれでありかな?って気もしてきたけど何か入れた方が絶対に良いよな~(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラッシュライトまだまだ点滅中

152時間後も点滅中。

2晩程度ならボタン電池でも良かったのか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二ツ塚(双子山)

滝ケ原の辺から見ても高い所だなぁ。
201305051

| | コメント (0) | トラックバック (0)

燃費

前の車が凄くゆっくりと走っていたので驚異的な燃費の値が!
201305041

最高値は20.7Km/lでした。

この後で街中を普通に走ったらあっという間に急降下(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知らなかった

さっき寄ったコーヒー屋さんに「沼津ロゲイニング」のポスターが貼ってあった。

http://bd-planning.com/blog/index.php?itemid=558

こんなイベントあるの知らなかったよ。
残念~(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休憩中

機械で淹れたコーヒーは外れはないけど個性が無い気がする。

KIMG0233.JPG




| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週は満月だったのに今日はもう三日月。

早いなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STY 2013 山中湖きらら(A8)~二十曲峠(A9)

ちょっと奥まった所にあったきららのエイドテント。

入って早速ドリンクを頂きます。

コロッケの看板が有ったので聞いてみると品切れ(T_T)
まぁ遅いから仕方ないか。
パンを2個ほど受け取ってシートに座る。
残念ながらイスは空いてなかった。

パンを食べながらヘッドライトの電池を交換。
蓋の開け方を忘れて四苦八苦(^_^;)
交換して点灯してみるととても明るい!
最初から切れかけてたのか。
そう言えば交換したのはいつだっけ?

パンは食べられたけど少し前から胃の具合が良くない。
夕飯食べた直後にエアロを始めた時の様な感じ。

伊豆トレイルの後辺りから時々こうなっていたので胃薬を飲んでいたのだけど今日は持ってこなかった。
不覚。

休憩テントを探したけど分からなかったのでエイドのテントに戻ってお湯を頂いてオレンジなどを食べて休憩。
出る時に分かったけど休憩テントはスタッフのテントの横だったのね。

支度をしてトイレに寄って再スタート。
ここもトイレ綺麗で良いな。
きらら滞在時間は40分ちょい。
日付も変わっている。

ゆっくりと走り始めるが湖岸の為に風が冷たい。
この冷たい風の中でも誘導の警備の人が立っている。
とてもありがたい。感謝。

ヘッドライトの電池を交換して明るくなった為か埃みたいな物が何か飛んでいる。
最初は雪か霧の粒子かと思ったけどやっぱり埃みたいだ。

道志に向かう道の途中から林道に入いる。
右手に大きなリゾートマンション?ホテル?が見えるが明かりが点いている窓は3っつ。
もう寝ているのかな?

暫く林道だけどこの林道の傾斜がかなりきつい。
途中で東屋があったのでここがてっぺん?と思ったけど只の休憩所だった、

林道のどん詰まりまで行くと登山道になって急に傾斜がきつい。
大きな木があった。
ご神木の様だ。

直ぐ上に神社があった。
石割神社だ。
お賽銭を出す余裕も無いが取り合えずお参り。
周りに住んでいる人も居ないと思うので鐘を鳴らしてパンパンと御挨拶。
気が付かなかったけど右手にご神体の岩もあったのですね。

神社を過ぎると急に道が狭く険しくなって厳しい。
ヒーコラ言って何とか山頂。
山頂は風が吹きっさらしでとても寒い。
それでもスタッフの人が居てくれる。
感謝感謝。

気温は氷点下らしくて地面が凍ってキラキラと光っている。
下りに入る前にザックからShotsのストロベリーを出して食べてみるが低温過ぎて出てこないのと味が合わない。
この前は美味しかったのにな?

2口位口に付けたらもう要らないって気がしたので後はそのまま手に持って下る。
開けなきゃ良かった。

下りが始まった少し先でスタッフの方が「この先凍ってます」と言っていたのに滑って転んだ(^_^;)
思ったより地面が硬かった。

二十曲峠までは何て事は無い下りだったけど胃の具合が良くなくて早歩きで下る。
下の方に灯りが見えるのであそこまで行けばと思うがなかなか遠い。

2時前に二十曲峠(A9)到着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諺の

宋の自体は羊頭狗肉だったけど現在は狗ですらないのか。


リンク: ネズミ肉を「羊肉」に 底なし状態の精肉偽装事件=中国 - 速報:@niftyニュース.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早いもので

もう1週間経ってしまった。

1週間前の21:00頃といえば三国山の近辺だったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何か声が掠れて喋り難い。
風邪でもひいたかな?

ジムのインストラクターさんも風邪ひいているみたいで風邪流行っているのかな?

ご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AT多段化

9速? 10速?

僕の車の6速A/Tでも街中では6速どころか4速にシフトアップさせる事も困難なのに10速にしても使えるのは5速までとかじゃ意味が無いような気が・・・・

もうCVTで良いじゃん。


リンク: 8速は当たり前、次は9速、いや10速!? ATの多段化は一体どこまで進むのか? - 速報:@niftyニュース.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STY 2013 すばしり(A7)~山中湖きらら(A8)

暗くなる前に辿り付けたすばしりのエイド。

前を歩いていた外国人の女性と並んだ時に「お疲れ様です」と声を掛けたら「「何とか tired」って返った来たけどこれは「疲れたわね」or「お疲れ様」のどっちの意味だろう?
うーむ。

テントに入ってザックからカップを取り出してコーラを一杯頂く。
続いて3種類あるお餅料理のうち大好物の磯辺焼き(醤油味)を頂く。
丸っこいお餅で美味しかった。

食べ終わった後に仮眠テントに移動。
既に寝ている人が居たので隅の方でなるべく音を立てない様にお着替え。
隙間風が寒い。

汗で濡れたシャツを脱いで第3種防寒装備(半袖シャツ、フリースジャケット、極薄手の防水ジャケット)に着替え。
ヘッドライトも装着。
再度エイドテントに戻ってお汁粉を頂く。
これも美味しい。

お雑煮も頂きたいところだがエイド滞在時間が40分を越えているので諦めてハイドレに給水してもらいトイレに寄って再スタート。

東の空の満月が綺麗。

装着したヘッドライトが暗い気がするがこんなものか??

道の駅から歩道橋を渡って反対側へ行き、暫く舗装路を歩いて山の中へ。
山の中へ入ると予想外に風が全く無い。
登りの為に段々体温が上がってきた。
汗をかく前にフリースを脱がねばと脇に止まって装備変更。

真っ暗な山道を何処に出るんだろう?と登っていると住宅地に出た。
どうやら天恵の裏手辺りの住宅地(別荘地)の隅の方らしい。
夜の住宅地なので静かに歩いていくと富士箱根トレイルの入り口。
ここから山道だ。

立山まで登ってしまえば稜線の道はそれほど厳しくなかった筈。
と思って登って行くがこれが結構長くて厳しかった。
夜だと暗くて周辺の山が見辛いので何処まで登るのか「さっぱり分からない」(ガリレオ風に)。

結構ヘロヘロになりながら1時間くらいで立山のてっぺん辺りを通過。

立山を越えてスタッフさんが居る辺りまで来ると冷たい風が強いのでフリースジャケットを着込む。

下りは小走り、登りは歩き繰り返して三国山まで到達。
ここまでの稜線の道は風か強くて寒い。

三国山からは下り。
この下りが結構楽しくてあっという間に下まで降りられた。

道路を渡って再び登り。
明神山とか書いてあったが山地図には鉄砲木の頭と書いてある。

直登の道なのでちょっと疲れたけどそれほど長くなくて助かった。
山頂からは満月に照らされて富士山と山中湖が綺麗。

今回の大会日程は月齢も考慮しているのかな??

山頂を過ぎると割りとなだらかな山道なので走ったけど暗くて数センチの段差が見えず結構転びそうになった。

切通峠を過ぎるとなだらかな林道になったけど走る気力が無くなった。
それに胃の調子も悪くなった来た。

林道を下ると周囲がサッカー場の辺に出た。
隅の方で良いからラジコン飛行機飛ばすのに良いのになぁ~等と考えながらきららを目指して歩く。
平坦なので走れば早く着くのにと思って時々走ってみるが続かない。

太い道、裏道、再び太い道に出る。
どうやら山中湖の外周路に出たようだ。
遠くにある灯りがきららかな。

ヘッドライトがかなり暗くなってきて街灯と変わらないレベル。
着いたら電池を交換しないと。

数100m進んでから道路を横断して山中湖きらら(A8)到着。

既に23時を回っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラッシュライト作動中

29時間経っても点滅中。

単4電池でも容量多かったみたい。
良い単5サイズの電池ボックスがあれば更に小さくできますな。

秋月電子に1/2AAというリチウム電池とボックスが売ってるからそれを使っても良いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロペラ

Ju87Gのモーターシャフトの交換とラダーをヒンジ化して修理完了。
201305012

良く見るとローター内側に砂鉄が・・
201305013
砂地なので仕方ないですね。
綿棒できれいにして組み立て。


着地のアプローチ失敗でプロペラが欠けたWilga2000は部品箱を漁っていたら出てきた7X4プロペラに交換して復帰。
6インチ又は7インチサイズはこれで本当に在庫切れ。

GWSの零戦用に買って置いた9x6がまだ2本あるけどこれは完全にオーバーサイズな気がする。
付けたらオーバーヒートするかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STY 2013 水ヶ塚公園(A5)~すばしり(A7)

水ヶ塚公園に着いたが初のエイドステーションで勝手が分からない。

取り合えず中に入ってみると人が溢れてる(@_@)
よく見ると手前からリタイヤ申告所、プライベートサポート、飲み物、軽い食べ物、食事の順で並んでる。

ザックからカップを取り出してコーラとパンを頂いて食べる。
美味しい。

もう一度コーラを頂いてから奥へ行ってみると壁に提供される食べ物が色々書いてあるのでかつバーガーを頂こうと思ったが品切れの様だ。

モロヘイヤの入った水餃子入りのうどんを受け取ってついでにコーヒーも頂いて後方へのテーブルで食べる。
何か幸せ(^^)
うどんを食べた後に切ってない大き目のアンパンを頂いてザックに詰めてテントを出る。
ご馳走様でした。

富士山はまだ雲が掛っている。
201304294

ゆっくりしていたら30分ほど経っていたのでトイレに寄ってから再スタート。


ここから暫くは何度か通った事がある道。
道路を渡ったゲートの所から走ってはいけない区間。
所々傾斜がきつい所もあるけど調子良く進んで幕岩方面との分岐点。

ここからはほぼ傾斜無しなので楽々~

しかし幕岩方面への分岐からは急傾斜で一気にペースダウン。

御殿庭方向との分岐まで登ってから一旦沢に下りて今度は四辻方面へ火山灰斜面の登り。
足が埋まって滑って登り辛い。
201304295
二子塚までもう少し。

左手にこの前通った小天狗塚を見ながら荒涼とした斜面を登って17時過ぎに四辻到着。
201304296
こんな風が通って寒い所にも係員さんがいます。
本当にありがたいです。

初めて来たけどここからの眺めはとても良いな。
201304297

「ここからは走っても良いですよ~」とスタッフさんが案内しているので、ではと走り出すと右脹脛が吊った(>_<)
痛てて。

少し休んで脚を伸ばしたりしていると良くなってきたのでゆっくり歩いて進む。
二子塚の中間点を過ぎた辺りから段々良くなってきて下り斜面に入る頃には痛みも無くなったので下り斜面を走って下る。
所々堅いけど砂走り同様のふかふか斜面で走っていて楽しい♪
201304299

下りながら振り返ると頂上に掛っていた雲も取れて山頂が見えてきた。
201304298

前の方を見ると進むべき山々が見える。
遠いな。

そのままA6太郎坊まで調子よく進んで最後のコブで飛んだりしたりして。
コブがあると飛びたくなるのはオフロードライダーの性だな(^_^;)

17:30前に太郎坊のエイドステーションに到着。
中でパンとか頂きましたが御厨そばもスイーツも品切れだった。
時間限定配給??
まぁ良いや。

イスが空いていなかったのでシートに座って靴の中の小石を出そう靴を脱いだら腿の内側が攣った(>_<)
こんな所を伸ばす方法は知らない(泣)

手でマッサージして何とか痛みが治まったところで靴を履きなおして再スタート。


ここからA7すばしりまでは下り基調の筈。
少し下ってから横への道かと思っていたが結構下った。

演習場の中の道は結構アップダウンがあったので登り部分は歩いて平坦・下り部分のみ走るといういつもの走り方で先へ。

そろそろ暗くなってきたなと思ってきた辺りでCP2を通過してふじあざみラインに入った。
この道を下りきればA7すばしりだ。

「あと2Km」と言われたけど結構長くて3Kmくらいあったと思うな。

19:00前になんとかA7すばしりに到着。
完全に暗くなる前に着けて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乾電池

STYの途中で交換したヘッドライトの乾電池をマウスの電池に使えるかもしれないと捨てずに持って帰ったけどほんの数分しか使えなかった(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »