« 天子から湧水峠まで | トップページ | ルクスとルーメン »

天子から地蔵峠まで

再び天子山塊

7:12
天子ヶ岳の登り口よりスタート
天気は晴れ
気温は低め

7:35
前回のスタート地点通過
登山道が川になっていて途中ドロドロ。

8:42
天子ヶ岳山頂
時間が早い為か誰も居ない。
祠にお参りして2分ほどで出発

9:07
長者ヶ岳山頂
鞍部からちょっと登ったところで初めて他の登山者とすれ違った。
山頂までは霧が上がって来て無いが田貫湖も何も見えない。
進行方向の眺めは悪くない
201205071
ちょっと寒くなりそうなのでウインドブレーカーを着込んで9:10に出発

9:21
緩くない”コブ”を通過

9:45
天狗岳を通過

9:51
鉄塔に到達
小休止
湿度が高い為か鉄塔か送電線からジジジと聞こえる。
5分ほど休んで出発

10:01
湧水峠を通過

10:36
熊森山直下で雷をやり過ごす。
BB弾ほどの雹が降ってきてびっくり。
15分ほど待機して雷が聞こえなくなったのを確認して出発

10:52
熊守山通過

11:11
井の頭峠通過
熊森山からの下りは急だし滑るしちょっとヤバい。
今時の意味の「ヤバい」ではなくて本当にヤバい。
気を付けないとかなり滑り落ちそう。

11:42
雪見岳に到達
この辺の地面は全く濡れていない。
井の頭峠の辺が低くなっているのでその辺が雲の通り道になっている様だ。
カッパを畳みながら休んでいると後方からトレイルランナーがやってきた。
今日二人目の人。
話を伺うと地元の方と言う事でした。
5分ほどして出発

12:13
金山通過
金山のちょっと下の切り株に彫刻(?)発見
201205072
金山の山頂から西側の早川と52号線が見えてちょっと感動した。

この近辺の道は片側が崩れていたりしたので注意が必要だな。
201205073

12:22
地蔵峠に到達
201205074
本当にお地蔵さんが置いてるんだ。
休んでいたら先ほどの方が追い付いてきました。

この時点で天気は悪くなかったけどこの先に進むのは非常に宜しくないだろうという事になり後から来た人に挨拶して下山。
この方には降りるルートの説明もして頂き大変に助かりました。

12:27
地蔵峠から降ります。
この下山ルートも崖をロープで降りたり沢を何度も渡ったりと中々大変な道でした。

13:02
とても天気が良かったので何回か沢を渡ったところで川原で休憩。
靴を脱いで川に足を入れたら冷たかったけど気持ち良かった。

水中写真
201205075
とても透明度が高い。

13:21出発

13:38
毛無山に行く道と合流

13:45
ゲートに到達
201205076

13:54
麓山の家でトイレをお借りする。
バスの時間があるので残りちょっとをランニング。
富士宮道路が有料だった頃にバイクでよく通ったな~などと思いつつ国道へ
グリーンパークのミニゴルフ場跡が荒れてたり、その後の温泉も閉館していたりして諸行無常を感じる。

14:04
国道に出た。
まだ時間があるのでこの下のサークルKまで走る。

14:11
サークルKに到達。
山旅ロガーによればここまで18.04Km
ここのサークルKにはまだ甘酒が売ってた。
嬉しい。

14:15
バス停(朝霧高原)に戻ってバスを待っていたら雨が降ってきた。
後5分でバスの時間だからとカッパの上だけ着て待っていたが時間になっても一向にバスは来ない。
その内に雷も鳴って来て怖い。
周囲に電柱など高い物もあるし落雷する事は無いと思うが怖いな。

11分遅れでバスが来たが足元はビッショリ(>_<)
バスが走り出してほんのちょいで雨が止んだ(^_^;)

バスで白糸の滝まで行き歩いて登り口に置いてある車まで戻って全行程終了。


これで未踏破区間は地蔵峠~端足峠となりました。
ここが一番大変そうなんだけど(^_^;)

|

« 天子から湧水峠まで | トップページ | ルクスとルーメン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天子から地蔵峠まで:

« 天子から湧水峠まで | トップページ | ルクスとルーメン »