« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

ZYX復活

かずべいさんに教えて頂いた方法でTarotのZYXが復活しました。

かずべいのヘリライフ!!
TAROT-ZYXジャイロが復活!!

物は試しとZYX-S用のファームウェア3.02を書き込んでみたら・・・
起動しなくなりました( ̄Д ̄;;

あわててZYX用の2.5を書き込んで復活。
良かった。

当然ながらZYXにZYX-Sのファームウェアは使っちゃダメですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足柄山

金太郎の童謡に歌われてる「足柄山」っていう山は無いのね。
足柄峠はあるけど。


重巡洋艦の「足柄」はなぜ無い山の名前を使っているのか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲武信ヶ岳へ

STYが終わってから2日も経ってないのに先輩から山へ行こうとメール。
 
えぇっ!?

「御存知の通りSTY終わったばかりですが」と返信すると「大丈夫だよ~」と返事が(^_^;)

「はい では行きます」という訳で土曜日夜21時に先輩の車で出発。

23時過ぎに西沢渓谷駐車場着。
外に出るとひんやり。
人だか猿だか物の怪だか知らないが何者かが川原で騒いでいる様子。
何者でも良いが静かにしてもらいたいものだ。

30分ほどで支度をして車の中で仮眠。

6時の予定だったが目が覚めたので5時半前に起きたら先輩も起きてしまった。
すんません(^_^;)

朝食を食べて支度を整えて6:05に出発

6:15
車止めのゲートを通過
201205272

6:25
とても綺麗なトイレのところで小休止と用を足して、入り口の神社で無事をお願い。

6:37
徳丸新道入り口
201205273
いよいよ登山開始。

割と緩やかな道を登って行くと所々に石楠花が咲いてます。
201205274

途中で開けた場所があったので振り返るとかなり遠くに広瀬湖と道の駅が見えます。
201205275

8:27
近丸新道との分岐点に到着。
ちょっと休んでいたら団体さんが下ってきてちょっと話をしていたらミカンを貰っちゃいました。

看板に狐のマークが。
201205277
マスコットキャラかな?

休憩後に再び登り。
あまり急ではないけど結構長い。

その内に道は残雪に。
201205278
ストックのバスケットが小さいのでボスボス雪に沈む(^_^;)

10:16
尾根道の分岐に到達。
201205279
ここまでくれば木賊山(トクサ山)まであと少し。

10:23
木賊山到着
2012052710
標高2469m

10:41
木賊山から少し下って甲武信小屋通過。

山頂まで道が凍っていて登り辛い。
ストックもゴムチップなので文字通り歯が立たない。

10:57
甲武信ヶ岳山頂に到達。
201205271
ここまで5時間弱。

残念ながら周りは雲で覆われてる。


荷物を降ろして休んでいると段々雲が晴れてきた。
2012052711
正面が国師ヶ岳で右の方が金峰山らしい。

空も晴れてきた。
2012052712

コンロを出してお昼。
2012052713

12:04
景色も十分に堪能したので下山開始。

正面に木賊山。
2012052714

右手に鶏冠山(トサカ山)
2012052715

凍った道に梃子摺りながら甲武信小屋到着。

ここから木賊山に行かず巻き道を行ってみる。
雪が柔らかくてスボズボ嵌まる。

12:39
尾根道に合流
2012052716

雪の斜面を登って西沢渓谷との分岐を左に曲がって本格的に下り。

来る時は真っ白だった岩場も雲が取れて良い眺め。
2012052717
駐車場までまだまだ遠いぜ。

13:51
近丸新道との分岐点
2012052718

小休止してたら先輩が「近丸新道を下る」と言い出した。
川渡が嫌だったので抵抗したが「大丈夫!」と言ってそっちへ(^_^;)

14:30
川に到達。
2012052719
ここまでは特に問題無し。

川の水量も特に問題無いが油断すると川に落ちそう(さほど深くはないが)なので慎重に渡河。

川沿いをすたすたと進んで行ったら上から「そっちじゃない」と声がしたので見上げると上の道にいた。

上の道は鉄道跡の様で所々に線路が残ってます。
2012052720

線路跡は快適だけど所々崩壊しててちょっと注意が必要。

15:05
綺麗なトイレの所に到着。
2012052721
神社というか祠の神様に無事到着のお礼を言ってちょっと休憩。

15:24
駐車場着

駐車場から見上げた鶏冠山
2012052722
かなり凄い山。

掛かった時間は
登り4:53
下り3:20
でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あらー

山旅ロガーの今日の分のデータが消えてしまった。

とても残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下山

無事下山


1530

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲武信岳なう

4時間50分掛かった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トレッキング

西沢渓谷入口なう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疲労回復に

コーラが良いらしい

KIMG0001.JPG



甘い物を飲むと血糖値が上がるだけで良くないとか言ってたのは過去の話かな?




| | コメント (0)

ダメージ

ストックのお陰で足の負担が減った為か、温泉に1時間も浸かっていた為なのか筋肉痛は月曜日の午前中には収束してしまった。

左足首のかかとに近い方がちょっと痛むが火曜日から普通にエアロに参加できるし特に問題無し。
ただ、全体的に筋力は落ちているようでマシンがちと辛いし、階段も息切れが早い(^_^;)

一番ダメージがあるのが内臓と言うか胃でエアロで跳ね続けてるとしくしくして来る。

早く良くならないかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっ

1個順位上がった。


5位の人って表彰式にいなかった人ですね。

何でだろう?





| | コメント (0)

朝霧トレラン

とりあえずエントリー。

富士山麓トレイルはどうしようかな?
足和田山の東側は思ったより急だったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STY参戦記 本栖湖スポーツセンター~ゴール

2時過ぎに本栖湖スポーツセンターに到着

チェックポイントを通り過ぎたところで「レアンさん!」と声を掛けられた。
驚いて振り返るとmixiの知り合いでした。
こんな所で知り合いに合えるとは嬉しかったな。

少し話してからエイドへ
外の所でフルーツとかを少し頂いてからストックを畳んで中で食事。

鹿カレーと味噌汁と何だっけ?とコーラをを頂いて席へ。
カレーが辛かったけど美味しかった。
食後にコーラを飲みながらぼけっと座っていたら女の子がフルーツてんこ盛りで持ってきてくれた。
ありがとう。

食器を片付けて奥で少し仮眠でも取ろうと思ったけど床まで人が溢れていてとても寝られそうも無い。
隅のちょっとしたスペースが開いていたのでそこでシャツと靴下を着替えて荷物の整理。

一息付いて支度を整え外へ。
外で温かいコーヒーを頂いて3時過ぎに再スタート

走ろうと思ったが火が入らずとりあえず早歩き。
何だかんだで通り慣れてしまった樹海の中を抜ける。

3:45
城山入り口を通過
139の下をくぐって精進湖民宿村へ

4:05
精進湖村通過
だいぶ明るくなってきた。
富士山も見える。
民宿の前を通るのに熊鈴をチリンチリン鳴らして通っている人がいるけど配慮は無いのか?

4:20
精進湖林道に到達。
ここから暫く下りなので走る。
139に出て歩道を走る。
明るくなってきたせいもあるがヘッドランプがかなり暗くなってきた。
取説には75時間と書いてあったが実質9時間くらいか?
使っている電池にもよると思うけど。
ライトをマーカー代わりにする為にサイドLEDに切り替える。

赤池大橋の途中まで走ったが登りがだんだんきつくなってきたので徒歩に。
振り返ると通ってきた山々が見える。

平らになったら走ろうと思ったがなかなか走れない。
あまりに眠くなると歩きながらでも少しなら眠れる様だ(^_^;)

その内におなかの調子も良くなくなってきた。
富岳風穴まで行けばトイレがあるので先を急ぐ。

5:26
富岳風穴到着
精進湖からここまで車なら10分足らずだが1時間近くかかってる。
トイレをお借りしてから荷物整理をして再スタート。

15分ほどで鳴沢氷穴到着
忘れてしまったが頂いたコーラ味のドリンクが美味しかった。
聞いたらローソンで買えるそうだ。

5:45
ストックを展開してスタート

足和田山への登りは天子に比べればたいした事は無いのだけど長い。

7:00
結構遠くてかなりへたれて足和田山へ到着
山頂から見ると遠くにゴール会場のノースフェイスの丸いドームが見える。
嬉しくもあったがまだまだ遠いのでちょっとへたれた。

またまたお腹が調子悪くなってきた。
山を降りて道の駅まで行けば何とかなると思ったが足和田山からの下りもなかなか長くて。

8:10
道の駅
とりあえずトイレに行く。
5分ほどで再スタート

残り4Km
走ったり歩いたりしながら残り2Km。
このままだと9時までにゴールできそうも無いので走る。
残り1Kmを切った辺りから沿道に人が多くなってきて声を掛けてくれて嬉しい。

ぐるっとコースを回ってぎりぎり9時前にゴール!
タイムは23時間弱
途中少しづつ休んでいるとはいえ良く動いたもんだ。

ゴールすると目の前に鏑木さんがいて握手しながら声を掛けてくれた。
とても嬉しかった。

足元のチップを外してSTY全終了。
長かった~


UTMF/STYの運営に関わった多くのスタッフ・ボランティア皆さん、応援してくれた皆さんどうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒っ!

風は冷たいし富士山は雪が降ってそうだし寒っ。


富士山で救助を求めてたドイツ人は大丈夫かな?




| | コメント (0)

STY参戦記 西富士中学校~本栖湖スポーツセンター

13:45
西富士中学校着

早速エイドステーションで色々頂く。
冷やし汁粉と冷やし甘酒がとても美味しくて本当に嬉しかった。
富士宮焼きそばを受け取って隅の方で荷物を降ろしていただきました。

ちょっと足のマッサージをしてからハイドレーションに水を補給。
ハイドレーションパックに一杯に入れてもらおうとしたら満杯に入っていた2Lのペットボトルが空になってしまった。
1L近く残っていたのに何L入るんだこのハイドレーションパック?
水を満杯に入れたのでバックの容積が減って荷物を詰めるのが大変。

出掛ける前にトイレによってもう一杯づつ冷やし汁粉と冷やし甘酒を頂いて装備品チェックへ
荷物一杯なので結構大変。
詰め込めなかった荷物を抱えてテントの先で詰め直していると六花さんの声が聞こえたので振り返ると参加者さんに話し掛けていたので知り合いかな?と思ったら脚を上げてとかやっていたのでメディカルチェックだったのね。

14:34
西富士中学校を出発。
予定滞在タイムは30分だったけど48分ほど滞在。
川原を渡って対岸へ

この辺て本当に水が綺麗。

15:01
天子ヶ岳登山口に到着。
ストックを伸ばしていよいよ登山区間。
ここまで約30Km

15:21
林道を横切る。
ちょっとペースが速いと思ったが前回登った時より7分遅れてる。

段々天気が悪くなってきた。
朝霧高原特有の夕方雲ってちょっと雨が降って夜になったら晴れると言う天気がする。

14:40
天子ヶ岳山頂
3回目(それもこの5月だけで(^_^;))だけど一番辛かった。
タイムは前回より10分遅れだけで済んでる。
山頂広場でウインドブレーカーを着込む。

15:16
長者ヶ岳通過
やっぱり10分遅れてる。

17:58
天狗岳通過
走ったお陰か4分位の遅れになってる。
日没まで時間が無い。

18:56
熊森山到着
日没時間を過ぎていて暗くなってきている。
半袖シャツを脱いでフリース・ウインドブレーカーを着て防寒装備にチェンジ。
頭とお腹にライトを着けて夜間装備完了。

熊森峠の下りは明るい内に通りたかったが仕方が無い。
熊森峠を降り始めると空気が冷たくなって脚が寒くなってきたが井の頭峠まで降りられれば大丈夫な筈と考えてそのまま進む。

19:23
ストックのお陰と前回の様に地面がぬかるんで無かったので助かったが暗かったのでちょっと梃子摺った。

雪見岳への途中で振り返ると熊森山の下りに光の列が出来てて綺麗だった。

19:53
雪見岳通過
休憩していた外国人選手が通り掛ったランニングドクターに開会式で村越さんが言っていた「毛が無い」と「怪我無い」を掛けたジョークを何か言っていたが伝わらなかった様だ。

20:22
金山通過

20:33
地蔵峠通過
前回の試走時より少し遅れている程度でここまで来られた。
だいたい予定通り。

峠にあるお地蔵さんに無事に降りられるようにお願い。
お地蔵さんのお供え物が凄くなってました。

地蔵峠から少し登った所で携帯電話に着信。
登りながら何事かと出てみたら会社の先輩から。
「頑張ってる?」って(^_^;)
歩きながら少し話して終了。
嬉しかったけど息も切れ切れで大変だった。

21:56
毛無山到着
山頂で一休み。
休みながらザックのゼリーを入れ替え。
15分くらい休憩してスタート。

止まっている内にちょっと冷えてしまった。

昼間だったら良い眺めなのだろうけど下を走るR139の灯りと遠くの富士・富士宮の夜景くらいしか見えない。
シルエットの富士山も悪くないが月が出てればまだ良かったのに。

歩いている最中に腰のライトに手が当たり、弾みでライトが取れて外れて落ちた。
このショックでライトが点かなくなってしまった。

小高いピークを過ぎて長い急な下りを降りる。
もう端足峠だろうと思ったら雨ヶ岳に出た。

23:27
雨ヶ岳通過
もうそろそろ端足峠だと思っていたのでとてもがっかり。

0:24
端足峠
600m下る雨ヶ岳からの下りがきつくて辛かった。
スリップダウンしまくった。

10分ほど休憩して竜ヶ岳へ

毛無山への登りでくたくただが何とか力を振り絞って竜ヶ岳を目指す。

1:14
竜ヶ岳山頂通過
真っ暗で静かだ。

1:21
分岐通過。
本栖湖まで最後の下り。
この下りは調子良く下れた。

1:58
湖畔道路まで降りた。
湖畔道路を走って本栖湖スポーツセンターへ


2時過ぎに本栖湖スポーツセンター到着


天子山塊の通過に11時間ほど掛かった。
厳しかったな~
予定よりは早く着けると思ったのにほぼ予定通りになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STY参戦記 スタート~西富士中学校

快晴の富士山麓
201205214
雨なんか全く心配無さそうな本当に良い天気。
暑くなりそうだ。

9:30から開会式
昨日は観覧者だったけど今回は参加者だ。

10:00
遂にスタート
ゴールは富士山の向こうだ。

走り始めてすぐ思い出した。
ここから草原の国まで結構登りだ。

標高で60mほど登ったところでとりあえずトイレ。
用を済ませてちょいと下って子供の国を出て林道へ。

この区間は普段ゲートで閉鎖されているので全く知らない。
途中で対抗してくる人がいるので?と思ったがUTMFの人だ!

ゲート区間を抜けて舗装路に入る。
結構勾配のある道

10:37
右折して再び未舗装路へ
工事の為にダンプが多く通る様で道が固められてフラットになってる。

11:00
岩倉学園の下を抜けて別の林道へ。
先ほどの林道より少し荒れているがまだまだ走り易い。

11:22
林道を抜けて舗装路を少し下って送電線下へ
送電線下-林道-送電線下の繰り返し。
送電線下も最初の内は良かったけど段々アップダウンがきつくなって結構しんどい。
日差しも強力で暑い。

12:10
W1北山給水所着
ザックのサイドポケットにゼリーを補給してハイドレーションに水を追加して12:20にスタート
ここから先はずーっと送電線下。
先の鉄塔が下のほうに見えるがアップダウンの繰り返しなので楽では無さそうだ。

13:18
大沢の川沿いに到達。
橋を渡って元の白糸スピードランドの横を抜けて~と思っていたらそっちに道有るの?って方へ。

139の脇を抜けて寂れた公園の横を抜けて県道へ。
よくこんなルート見つけたな。

県道を横断すれば西富士中学校まであと少し。

13:45
西富士中学校到着
予測より11分遅れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残念ながら

金環食の間が一番雲が濃かった。
雨も降ってきたし。

見られたのは前後の部分日食でした。
201205211
雲がちょうど良い濃さの一瞬狙って撮影


まぁ仕方ないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

状況 曇り・・・

厚い雲で太陽見えない(T_T)

毛無山は日が差してる(^_^;)



07:35

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼飯

富士桜ポークカツカレー

KIMG0009.JPG


ちと辛め




| | コメント (0)

疲れた~

プレミアムモルツ濃い

KIMG0008.JPG




| | コメント (0)

西富士中学校

1345到着
1430出発予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひょえー

トップはもうこどもの国を通過しているのか。



23:35


寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴール

201205186

UTMFの早い人だと19日の9時位には着いてしまうらしい。

僕が辿り着けるのは何時だ?


絶対に辿り着いてやる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むむっ?

(12) 足首丈のランニングパンツ(長ズボン)、あるいは膝の隠れる丈のレギンスやタイツ

って規則の筈だが膝出てる人がちらほらいるね。

まぁ良いけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

UTMF公式USTREAM

こちらです。


Stream videos at Ustream

| | コメント (0) | トラックバック (0)

UTMF スタート

KIMG0012.JPG


ヘリが湖の北側を飛んでいるのでその辺を走っているみたい。




| | コメント (0)

装備品チェック

全部トレーに拡げてチェックしてます。


最初から詰め込んでおくと大変になるので要注意です。




| | コメント (0)

昼下がり

KIMG0011.JPG


風は時々強め

日差しは強烈。




| | コメント (0)

んー

装備品チェックが済んでるから問題無いのだろうが結構小型のザックなランナーが多いな。


ドロップバックや個人的なサポートが得られる人はそれで良いのかな。




| | コメント (0)

会場

風がとっても強い

KIMG0010.JPG


受付も終わったので会場内を散策中




| | コメント (0)

USTREAM

後ほどUTMF会場より中継予定

終わりました。

14:30頃?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山から愛鷹山にかけて積乱雲発生中
201205183



2012/5/18 10:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すげー

この発想と出来が素晴らしい。
201205181

裏側も正確に再現
201205182

耐熱性が心配だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよUTMF

日付も変わっていよいよ今日の午後にはUTMFがスタートですね。

156Km
気が遠くなるような長さですが無理しないで頑張ってください。


18日はSTYの受付とスタートを見る為に河口湖まで行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山麓

一般的に富士山南麓のは林道も含めて東西はほぼ平坦、南北は南側に急な下りになってます。

岩倉学園から西側は少しアップダウンが有ったかな?


送電線の下はじゃ無いから木は無いけどではない筈です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

集光力?

夜間視力というのかな?

夜と言っても街中は結構明るいのであまり気づかないけど真っ暗な森の中に行くと明るさを感じる能力が落ちてるのが良く分かる(T_T)

森の中は本当に真っ暗らであまりの暗さにノイズが見えるほど(^_^;)


車だとライトが多いのであまり気にはならないがバイクでロービームだと周辺部が暗くてちょっと不安。
古い話だけど闇林道とか良く出てたな。
今なら絶対補助灯付けるな。


夜目は効く方だと思っていたのだけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて

こどもの国のどこに車を停めたら良いのか?

正面入り口の駐車場から草原の国まではちと遠いのだが・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コースマーカー

下側に反射材が貼ってあるので夜でも大丈夫そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追加情報

http://www.ultratrailmtfuji.com/news/2012/05/a8%e8%a5%bf%e5%af%8c%e5%a3%ab%e4%b8%ad%e5%ad%a6%e6%a0%a1%ef%bc%8da9%e6%9c%ac%e6%a0%96%e6%b9%96%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e9%96%93%e3%81%ae%e5%a4%a9/


1、熊森山山頂に簡易給水所を設けます。
熊森山を通過する選手は、500mlペットボトル1本を受取ることができます。

2、下記2カ所に予備関門を設置します。
関門時刻を過ぎた選手は、エスケープ路にて下山回収します。

長者ヶ岳山頂 
19日(土) 20:00 STY
       23:00 UTMF
 
熊森山山頂
19日(土) 22:00 STY
20日(日) 1:00 UTMF


大丈夫だと思うけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地図

STYコースを1/25000の地図にプロットしたけど手持ちの地図で全部足りてしまった。

地図持ってるな~(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試走禁止区間を公開

UTMFのHPで試走禁止区間のA4すばしりからA9西富士中学校までが公開されました。
http://www.ultratrailmtfuji.com/about/summary/map/

地元なので大体予想通りでしたが道が無かった筈だけど・・・という所は送電線の下になってますね。
たぶん田代幹線と呼ばれる送電線の下ではないかと。
この送電線は富士山麓を横切って天狗岳を経由して山梨県の早川発電所まで繋がっている様です。
201205151

コース取りに苦労した跡が見られてスタッフの方の苦労が偲ばれます。
本当にご苦労様です。

送電線の下は草も刈ってあってすっきりしているのですが道はあるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予測タイム

実績と予想を組み合わせてタイムテーブルを作ってみました。

スタート             10:00
北山             12:14
西富士中学校 in      13:34
西富士中学校 out      14:04
登山口             14:20
天子ヶ岳             15:52
熊森山             18:01
地蔵峠             19:33
毛無山             20:53
タカデッキ             22:08
雨ヶ岳             22:48
端足峠             0:08
竜ヶ岳             1:13
登山口             2:48
本栖スポーツセンター in    2:58
本栖スポーツセンター out   3:58
鳴沢氷穴             5:46
ゴール             7:52

膝や脚にトラブルが起きなければこのタイムよりも早く着けると思うんだけど。

今日(5/14)の様子からすると18:30を超えると暗くなりそうだからそれまでに出来るだけ進みたい。
最低でも熊森山は下って井の頭峠には着いていたいな。


8:00位に着いちゃうとバスの時間の16:10まで暇だな~(捕らぬ狸の皮算用ww)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うっすらと

天子か毛無まで見えます。


遠くから見ても熊森山の下りは急だな~。




| | コメント (0)

夜の気温

籠坂峠のライブカメラの情報に寄れば夜間の最低気温は3℃位。
http://www.ktr.mlit.go.jp/koufu/livecamera/michi/kagosaka.html

籠坂峠の標高が1100m位、毛無山がほぼ2000mなので標高による温度差は0.9KmX6.5℃=5.85℃

最低気温から引くと3-5.85=-2.85℃

おやっ!氷点下じゃんΣ( ̄ロ ̄lll)

河口湖のアメダスデータを基に計算しても最低気温は-3℃前後位。


でも明日から気温が上がるみたいで今週の日曜日の予想最低気温から予測すると15℃-7℃=8℃くらいか?
助かるなぁ~(^_^;)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山 こどもの国

今日の16:30位の富士山こどもの国
201205135

来週の日曜の夕方もまた来るぜ!( ̄ー+ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御殿場 SO2012

来週がSTYなので今年の春の大会はパスしようと思っていたけどやっぱり参加してきました(今回は日曜のみ)。

今年は(も だったかな?)天気が良くて日が出てると暑いくらいの最高のコンディションでした。

定例会よりもかなり人が多いから戦術を変えたり撃ちあいしたりととても楽しい1日でした。。
201205134


スタッフの皆さんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲータレードラン

コンビニに行ったら置いてあったので購入
201205133

「速攻型と持久型。異なるタイプのエネルギー源を配合した“ハイブリッドエネルギー”。 エネルギーを時間差で補給できるので、“より速く、より長く走りたいランナーの”効率的なエネルギー補給をサポートできます」
との事。

飲んだ感じはすっきりしして飲みやすい感じ。
“ハイブリッドエネルギー”。がどれくらい効くか分からないけどこれは良いかも。

因みにナトリウム量は51mg(100ml辺り)とポカリスェットよりほんの少し多めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナトリウム

お菓子のひねり揚げの栄養成分表を何気に見たら「ナトリウム900mg」と書いてあってちょっと驚いた。
201205131


横にあったポカリスエットの栄養成分表を見たら100mlで49mgとなっていた。
201205132
49X5で1本辺り245mg。

その差4倍。

しょっぱくないポカリは多いのか少ないのか?

因みにカルビーポテトチップスうす塩85gのナトリウム量は336mg。
ひねり揚げは塩分多過ぎかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詰め込んでみた

全部詰め込んだら水を入れない状態で5Kgジャスト!!
201205121

食い物が1.5Kgは重過ぎだよな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

持ち物リスト

UTMF用の持ち物リストを作ってみました。
「UTMF_ITEM_LIST.pdf」をダウンロード

抜けがあっても関知しませんので御承知置きください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うー

今度は胃が痛い。

とりあえずヘリ飛ばしに行ってくる




15:12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

補給

UTMFのFAQによると

Q,コース上に自販機、コンビニが有れば、使用しても良いですか?

A,いいえ、使用できません。
  基本的に持参した飲食物、エイドステーションでの補給のみとなります。


コース的にコンビニはほとんど無いけど自販機も使えないとなるとちょっと厳しいな~
途中でファンタグレープが飲みたくなったら・・・・我慢か

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不調~

朝起きてから暫くした頃から腹痛
そのまま直らず結局土曜のエアロは断念。

窓の小窓を開けたままにしていたのでお腹冷えたか?
昨日の台湾料理が合わなかったか?

再び布団に入って寝ていたので昼過ぎには良くなったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯用バッテリー

だいぶ前の事だけどDIGNOがバッテリー大食いなので外部バッテリーを購入。
201205112

太陽電池付きなので便利かなと思ったが太陽電池だけで充電するには35時間くらい掛かるとかトンでもないバッテリーだった。
日照時間だけだと3日以上掛かる計算。
結局USBで充電した方が早かった。

携帯電話に充電するには十分だけど、DIGNOに充電するには電池残量が50%以下になる前に接続しないとなぜか10分ぐらいでバッテリー切れになって落ちてしまう。
電池残量が多いと普通に充電できるのに何でだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アドベンチャーライト18

届いた。
201205111

色が地味目になってロゴも控えめになってる。


2010年モデルまではアドベンチャーライト20だった様な気がしたけど容量減った?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふーむ

箱根の辺は厚い雲がかかっているな。




| | コメント (0)

ルーメンとルクス その2

200ルーメンと40ルクスでは圧倒的に200ルーメンの方が明るい事が判明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

購入

定時で退社してすっ飛んで買いに行きました。
201205101
西富士寒かった(^_^;)


買ったのはポールとライトとコップ

ポールはブラックダイヤモンドのZポール。
使用禁止区間もあるし必要かどうか考えたけど有った方が良いだろうと結論。

実際に持ってみるとやはりカーボンが欲しくなる。
非常に軽いし細いし良いな~。
でも強度等を考えてアルミの伸縮しないタイプを選択。

ライトはブラックダイヤモンドのアイコン
200ルーメンのモデル。
メインのLEDが点滅したりサイドのLEDが赤になったりとなかなか芸達者。

最後はシリコン製の折りたたみコップ
容量250cc。
畳むとペッタンコ


明日はザックが届く予定。


お金が無いな・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

靴が壊れた

ジム用のくつに穴が開いてしまった。
201205091

中敷も凹んでいたし寿命か。
201205092


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルクスとルーメン

同じ明るさの単位だけど意味が全く違う。取り説に寄れば僕の持っているライトは80ルクス。
ATCstoreさんで見てきたライトは200ルーメン。

どっちが明るい??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天子から地蔵峠まで

再び天子山塊

7:12
天子ヶ岳の登り口よりスタート
天気は晴れ
気温は低め

7:35
前回のスタート地点通過
登山道が川になっていて途中ドロドロ。

8:42
天子ヶ岳山頂
時間が早い為か誰も居ない。
祠にお参りして2分ほどで出発

9:07
長者ヶ岳山頂
鞍部からちょっと登ったところで初めて他の登山者とすれ違った。
山頂までは霧が上がって来て無いが田貫湖も何も見えない。
進行方向の眺めは悪くない
201205071
ちょっと寒くなりそうなのでウインドブレーカーを着込んで9:10に出発

9:21
緩くない”コブ”を通過

9:45
天狗岳を通過

9:51
鉄塔に到達
小休止
湿度が高い為か鉄塔か送電線からジジジと聞こえる。
5分ほど休んで出発

10:01
湧水峠を通過

10:36
熊森山直下で雷をやり過ごす。
BB弾ほどの雹が降ってきてびっくり。
15分ほど待機して雷が聞こえなくなったのを確認して出発

10:52
熊守山通過

11:11
井の頭峠通過
熊森山からの下りは急だし滑るしちょっとヤバい。
今時の意味の「ヤバい」ではなくて本当にヤバい。
気を付けないとかなり滑り落ちそう。

11:42
雪見岳に到達
この辺の地面は全く濡れていない。
井の頭峠の辺が低くなっているのでその辺が雲の通り道になっている様だ。
カッパを畳みながら休んでいると後方からトレイルランナーがやってきた。
今日二人目の人。
話を伺うと地元の方と言う事でした。
5分ほどして出発

12:13
金山通過
金山のちょっと下の切り株に彫刻(?)発見
201205072
金山の山頂から西側の早川と52号線が見えてちょっと感動した。

この近辺の道は片側が崩れていたりしたので注意が必要だな。
201205073

12:22
地蔵峠に到達
201205074
本当にお地蔵さんが置いてるんだ。
休んでいたら先ほどの方が追い付いてきました。

この時点で天気は悪くなかったけどこの先に進むのは非常に宜しくないだろうという事になり後から来た人に挨拶して下山。
この方には降りるルートの説明もして頂き大変に助かりました。

12:27
地蔵峠から降ります。
この下山ルートも崖をロープで降りたり沢を何度も渡ったりと中々大変な道でした。

13:02
とても天気が良かったので何回か沢を渡ったところで川原で休憩。
靴を脱いで川に足を入れたら冷たかったけど気持ち良かった。

水中写真
201205075
とても透明度が高い。

13:21出発

13:38
毛無山に行く道と合流

13:45
ゲートに到達
201205076

13:54
麓山の家でトイレをお借りする。
バスの時間があるので残りちょっとをランニング。
富士宮道路が有料だった頃にバイクでよく通ったな~などと思いつつ国道へ
グリーンパークのミニゴルフ場跡が荒れてたり、その後の温泉も閉館していたりして諸行無常を感じる。

14:04
国道に出た。
まだ時間があるのでこの下のサークルKまで走る。

14:11
サークルKに到達。
山旅ロガーによればここまで18.04Km
ここのサークルKにはまだ甘酒が売ってた。
嬉しい。

14:15
バス停(朝霧高原)に戻ってバスを待っていたら雨が降ってきた。
後5分でバスの時間だからとカッパの上だけ着て待っていたが時間になっても一向にバスは来ない。
その内に雷も鳴って来て怖い。
周囲に電柱など高い物もあるし落雷する事は無いと思うが怖いな。

11分遅れでバスが来たが足元はビッショリ(>_<)
バスが走り出してほんのちょいで雨が止んだ(^_^;)

バスで白糸の滝まで行き歩いて登り口に置いてある車まで戻って全行程終了。


これで未踏破区間は地蔵峠~端足峠となりました。
ここが一番大変そうなんだけど(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天子から湧水峠まで

会社の先輩たち3人で天子山塊へ行ってきました。

初っ端から待ち合わせ駐車場を間違えて恥ずかしい(^_^;)
 


打ち合わせの結果天子ヶ岳→天狗岳まで行って下るという事になり下山ポイントに車をデポして天子の登り口まで行きスタート。

下からではなくてちょいと上から9時前にスタート
201205052

登り始めてから暫くは急でもなく緩くも無い登り。

20分ほど歩いた所でトレイルランナーが追い抜かれました。
201205054
お話を聞いたらSTYに出るので試走に来たとの事です。
本栖まで行くと言ってました。

さらに登ると肩の様な所に出て暫く緩い登りが続きます。
登って行くと急な登りに。
201205055
これは結構きつかった。

登り始めて1時間45分ほどで芝川方面への分岐点
201205056

更に5分ほどで天子ヶ岳の山頂直下の広場。
201205057
結構広くてのんびりした雰囲気です。

10:59
小休止した後になぜか緩斜面に設置してある山頂の標識を通過して長者ヶ岳へ

尾根筋を下って登ります。
201205058

11:29
30分ほどで長者ヶ岳へ
前面が開けていて富士山が綺麗
201205059
ここまでにかなりのトレイルランナーが抜いていきました。

ここでお昼休憩。
お湯を沸かしてインスタントのカルボナーラを食べました。
ちょっと水が多かったみたい(^_^;)

お昼を食べていると続々トレイルランナー到着。
その内のあるグループに話し掛けてどこまで行くのか確認したら「ゴールまで」だって。
スゲー。
23時くらいには着くかな?と女の子が言ってました。
つわものだ。

12:22
天狗岳に向けてスタート
ここからの下りは気持ち良さそうな下りです。
2012050510
ちょっと走ってみましたが重たいザックが揺れてちょっと無理でした(^_^;)

山と高原地図に「ゆるいコブ」と書いてある全然緩くないコブを10分ほどで通過して登ったり下ったりを繰り返して
13:19に天狗岳に到達。

休憩しながらもう少し行ってみようという話になり湧水峠まで行ってみる。
元々湧水峠まで行ってみようと話していたけど、山と高原地図には下るルートが書いてあるが1/25000地図には無いのでどうしようかとなっていたのでした。

14:02
湧水峠着
2012050511
湧水峠までの道は登りは急だったりしたけどそんなに悪くない。
しかし下りになる北斜面は足場になるスペースが狭かったり落差があったりしてちょっと危険。
暗くなったら要要注意かな。

湧水峠から下ります。
ここの下りが狭い、所々崩壊し掛けてる、急斜面をジグザグに降りる、2回くらい間違えた、と中々の難所。
40分程掛かって湯の奥林道まで降りられました。
2012050512
このルートを登るのは嫌だな。

ここから井の頭まで3Km程歩き。

上を見るとパラグライダー
2012050513

開けた所に出ると富士山
2012050514

振り返ると降りてきた山
2012050515
結構高い(^_^;)

15:31
車に到着
結構時間が掛かったけど休憩が多かったからこんなものかな。


湧水峠から徐々に高度を上げていくのですがこの先どうなんだろう?
トレイルランナーの皆さんは無事に目的地まで着けたのかな?

それにしても井の頭の辺は水が綺麗だね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良い天気

ほとんど雲が無い快晴状態。

しかし富士山は大荒れの様だ
201205051


明日の天気は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふーむ

やはりレース後に河口湖からこどもの国へ戻る手段は無いのか・・・

さてどうするか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脚痛ッ!

今日のインストラクターさんのレッスン2本はちょっとキツイのでズンバだけ参加。

難しい動きは苦手なので跳ねるところだけ調子に乗って跳ねていたら足首と脹脛が疲労した(^_^;)

ふー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キターッ\(◎o◎)/!

ATC Storeさんに行ったらUTMFのパンフレットがありました。
201205042

「へー こんなのあるんだ」と頂いた帰宅したら、UTMFの事務局から案内が届いていた!

もうあと2週間!

急にドキドキ(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒューイ初飛行

201205041

なぜかラダーの制御方向が変わっていた。
ラダー自体はプロポの設定で反転させられたがジャイロの設定は外部からいじれなくてどうしようもないので泣く泣く断念。

再分解しないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒューイ

何とか完成。
201205012


ボディを購入したのが2011/1だったので1年3ヶ月掛かってしまった(^_^;)

エアーウルフも組み込むのが厳しかったけど、このヒューイも胴体が意外と細くてラダーサーボがきつきつ。
メカ部分をかなり無理矢理に詰め込んだのでちゃんと飛ぶだろうか?

それにかなりのテールヘビーで機首部に300g位の質量を載せないと前後バランスが取れない。
どうしたものか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平日の

平日の初級エアロ45分のクラスってキツイのね~

脂肪燃焼クラスの前に消耗してしまった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

騒動

一般のニュースでやる程の事か?

もっと他に報道しなければならない事は沢山あるだろうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半田付け

ディーンズタイプ→XT60に変更。
201205021

飛行機もヘリも全部やった・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »