« 宮ケ瀬トレイルランニング | トップページ | 暖かい »

東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース

去年に引き続き「東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース」に参戦。

8時丁度にスタート
後方に位置していた僕には突然スタートピストルの音が鳴り響いた感じだったが周囲もそんな感じで軽くざわめいた。

スタートしてから5Km位は湖岸の道路。
人が多いのとちょっとしたアップダウンが続くちょっと堪える道。

8:25位に早戸川橋通過。
ここから登りスタート

マイペースで登って行く。
時々数人の集団に抜かれる。
何だろうな?

途中で熊鈴をつけた人に追い付いた。
鈴の音がうるさい。
少ない人数の時は鈴も必要だけど昆だけの人数で走ってれば不要だと思うが。
そもそも付けてる人自体はうるさくないのか??

鈴の人から離れたいところだが坂道だからなかなか離せない。

9:10位に第1関門に到達
ここでトイレへ。
トイレ待ちしながらゼリーの食べたり鼻をかんだり。
 
トイレが済んだところで再スタート。
 
ちょっと走ると未舗装路。
その先はいよいよ登り区間。

去年はここでちょっと列を離れて支度をしている内に行列が出来て後ろに回る事になったので今年は列から外れないぞと思っていたら、外れるも何も大渋滞!

並んでいたら3人ほど列の横を抜けて前の方まで行って列に入っている人が居たけど何あれ??

9:30位に登り開始。
細い道で抜く所など無いので前の人に続いて登る

登り始めて15分位で右のふくらはぎに違和感発生。
攣りそうだ。

つま先を伸ばすと攣りそうになるので歩き方を気をつけて登っていたが今度は左脚も。
両膝の上(大腿四頭筋)も筋肉痛になってきた。

10:20位
騙し騙し登ってきたけどついに限界に達したらしくふくらはぎが攣って動けなくなった。
こういう時に攣ると全く動けなくなるのね(>_<)
5分ほど休憩したら動けるようになったので登りを再開。

10:43位に棒ノ木丸に到達
ここから少しの間は下りになるので走るのが嫌だなと思っていたら前後の人も走らない(^_^;)
あららちょっとラッキー

再び登りになった所で再び足の筋肉がピクピクいいだす。
トレランの場合リタイアしても結局ある程度は自力で戻る必要があるので動けるなら進んだ方が良い。

11:10位
後続の人に道を譲りながら何とか最高点の姫次東に到達。
下りになれば少しは走れるかと思ったが脚が痛くてあまり走れない。
歩いている人を抜いてもその先でまた抜かれる(^_^;)
お互い辛いところだなと思いつつ進む。

11:30位に大平分岐を通過
ここから大平までの下りがちょっときつい。

途中で登って行く六花さんとすれ違う。
途中で動けなくなった様な人が居たので救護だったのかな?

11:56位に第2関門の大平に到達。
お水はあるので遠慮してバナナを頂く。
塩を着けると良いよっスタッフの方が言うので「バナナに塩??」と思いながら食べてみるとこれが結構美味しかった。
新発見!

車の影に行ってタイツを下ろしてエアサロンパスを噴射。

12:02
支度を整えてもう1本塩バナナを頂いてスタート
塩を付け過ぎてしょっぱい(^_^;)

大平からは車も通れる林道。
脚が痛むのでスローペースで走行開始。

平坦だとそれほど脚が痛まないのがラッキー。

12:25位に松茸山に入る。
10分ほどで山頂。
最後の数十メールの階段がとーーーーーってもきつい(>_<)

山頂でスタッフの人が「後は下りだよ」って言っていたけどその後2回ほど登りがあった(^_^;)

階段の部分は歩くしかなかったけど途中から階段から斜面になってちょっと走れるようになったので出来るだけ走って下る。

下の道までもう少しというところで去年のタイムと同じ時間になった。
うーん残念

12:50位に下の道路へ降りれた。
残り約5Km。

早戸川橋を渡った辺りで大阪マラソンのシャツを着た人に追い越された。

湖畔道路のちょっとした登りが疲れた足にきつい(>_<)

ようやく会場まで戻ってきたけどここからゴールまで会場の隅を1Km位走る厳しいコース

残った力で抜かれない様に頑張って13:30前にゴール!
去年より40分ちょっと遅かった。


今まで登りで足が攣った事なんて無かったのにな。
何でだろう?

|

« 宮ケ瀬トレイルランニング | トップページ | 暖かい »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース:

« 宮ケ瀬トレイルランニング | トップページ | 暖かい »