« 愛鷹山縦走 | トップページ | ARROWS Z vs DIGNO »

愛鷹山縦走記

愛鷹山と書いて「あしたかやま」と読みます。

目の前に有るものの富士山以上に見ているだけの山「愛鷹山」
一番高い「越前岳」でも1504m割と低い連峰。
201112290

そんな高い山ではないのに縦走が難しいのは中程の「鋸岳」が崩落が進んでいるため。

今回登り慣れた方達に同行させてもらい初挑戦。


下山口で落ち合って車をデポして十里木へ移動。

いつもは混雑している十里木の駐車場ですがこの日はガラガラ。
既に到着していた同行者さん達と合流して縦走スタート

ルートは十里木→越前岳→呼子岳→鋸岳→位牌岳→愛鷹山→下山口(柳沢)
2011122900


+0:00(8:05)
駐車場をスタート
2011122901

+0:40(8:45)
馬の背通過
2011122902

途中の木が霧氷で真っ白
2011122903

最近山登りをしてなかったせいか登りがきつい。
ちょっと遅れ気味(^_^;)

+1:21(9:26)
越前岳到達
2011122904

富士山と静岡方面の眺めが素晴らしい。
2011122906


この辺の木も真っ白
2011122905
青い空とのコントラストが綺麗。

+1:42(9:47)
少々休憩して出発
次の目標は呼子岳
2011122907

+2:09(10:14)
呼子岳到着
2011122908
看板の下にお地蔵さんがいます。

少々休憩して出発

+2:24(10:29)
割石峠
南側の岩の間に道がある。
地図に無いのでどこに行くか分からないけど「廃道」になっている大岳への道かと思ったが、帰ってから調べたら須津山荘まで沢沿いに降りる道らしい。
DT-50に乗ってた頃(20年以上前)にこの道の下側の砂防ダムを登って少し進んだ事があったな。

反対側は裾野側の登山口へ
2011122910

+2:27(10:32)
蓬莱山
目の前に位牌岳
2011122911
ここから難所の始まり。

細くて急な下りを(既にちょっと危ない)降りていくといきなり鎖でトラバース
2011122912
スイスイ行っちゃうので足場は有るのかな?と思ったらほんの少し出っ張りがある程度。
大丈夫大丈夫って(^_^;)
確かにそんなに難しくは無かったけどちょっと怖い。

その後も急な登り、下り、トラバースの繰り返し。
2011122913

須津渓谷
2011122914

あまりの急登に途中で右腿の内側が攣り掛けました(^_^;)

+3:42(11:52)
やっと位牌岳到着
2011122915
脚が疲れた~

ここで昼食休憩
なぜか一人一個のストーブでお食事準備(^_^;)

+4:33(12:43)
下山口に向けてスタート

+4:53(13:04)
一服峠でいっぷく
富士山の眺めが素晴らしい
2011122916

通って来た鋸岳
すげーギザギザ
2011122917
鋸岳と名前があるのは中央の高い山の事かな?

この途中は登ったり下ったりして疲れる。
下り坂で何度かずるっと滑って転び掛ける。
踵から着地しているからだと思い足先から着く様にしたらあまり滑らなくなったけど爪先に負担がかかって痛い。
稼動範囲の狭い足首も痛い(^_^;)

+5:06(13:27)
袴腰岳に到着
2011122918
特に何も無し。

再び下って登る。

+5:32(13:55)
馬場平通過
2011122919
このへんは山歩きしてるって感じで楽しい。

巨大なぶな
2011122920

向こうに見えるは最後のピーク愛鷹山
2011122921

直ぐそこに次の山が見える場合の登り降りは意外と大した事が無いんだけどやっぱり大変。

+5:59(14:22)
ついに愛鷹山に到着
2011122923

ここからは富士山と通って来た山が見える。
2011122923_2

小休止の後に下山開始。
地図を見るとまだ道のりは全体の2/5ほどある。

山頂の少し下側にある愛鷹明神の神社
2011122924
正月準備済みみたいです。

手水はびっしり凍ってます。
2011122925

鳥居
2011122926

+7:32(15:36)
愛鷹林道通過
2011122927
林道が何本もあって紛らわしい。

+7:48(15:52)
車を置いてある登山口に到着
2011122928

十里木まで戻って全行程終了。


このルートは結構大変でした。

蓬莱山⇔位牌岳はやっぱりちょっと危なくて天気の悪い日や濡れてたりすると僕には無理です。
穂高みたいに滑落したらどこまで落ちるか分からないってな事は無いですけど大怪我間違い無いですし。

行くなら単独行は避けて経験者と行くのは必須です。



折角買ったので持って行ったヘルメットは使わないのに傷だらけ(^_^;;;)
2011122929

|

« 愛鷹山縦走 | トップページ | ARROWS Z vs DIGNO »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛鷹山縦走記:

« 愛鷹山縦走 | トップページ | ARROWS Z vs DIGNO »