« 眠い | トップページ | 夏らしく »

御殿場ルートで富士登山 登山編

書いておかないと忘れてしまうので。
 
 
20時30過ぎに御殿場口新五合目(昔からの癖で御殿場スキー場と言ってしまうが地元の人以外には通じない(^_^;))に到着。
 
元々登山者も少ない場所だし翌日に富士登山駅伝があるから人が少ないかな?と思ったけど結構車が多かった。
駐車場の隅に車を置いて登山準備。
 
御殿場口新五合目の標高は1450m弱。
イエティや水ヶ塚の駐車場とあまり変わらない。
2330m程登る必要がある。
富士宮口とすっかり逆だ。
 
21時5分頃に鳥居をくぐって登山開始。
LED式を買おうとして間違って買ってしまった電球式のヘッドライトが何か暗い。
電球も趣があって良いがこういう時は単純に明るい方が良い。
 
暫く歩いて大石茶屋。
まだ時間が早いので営業していた。
大石茶屋の角を曲がって(間違えかけたw)本格的に登山開始。

シルエットになった宝永山の斜め上と上に灯りが見える。
山小屋だろう。
 
暗い中をひたすら登るが暗いので左側の二子山(二ツ塚)と富士山しか見えない。
 
二子山(二ツ塚)はウルトラホーク1号の発進基地(の筈。しかし近くに湖があるシーンもあるので別の場所か?)なので時折様子を見るが特に何も無し。当たり前か(笑)
次郎坊の辺で二子山の高い方とほぼ同じ高さ。
 
絶対に寒いの嫌!と思っていたのでヒートテックのシャツにウールシャツを着ていたら暑くて暑くて大失敗( ̄Д ̄;;
汗だくなので途中で着替えたらスッキリ。
脱いだ方が暖かいって┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
 
御殿場口って地図で見るとひたすら九十九折れなので登りが緩いのかと思っていたらこれが間違い。
一曲がりで20m位は登るのね。
辛い。
 
なかなか宝永山の山頂の高さにならないなと登り続けてやっと六合目。
何とか並んだらしい。
 
七合目でようやく山小屋に到着。
深夜なので静まり返っている。
この辺りから他の人に抜かれる事も抜く事も無くなった。
 
かなり前から心拍数が上昇気味。
ざっくり130位は行ってそうなので深く呼吸をして何とか抑えるが少し早く動くと心拍数が高くくなってしまう。
まだまだ心肺能力を鍛えないといけないらしい。
 
何とか八合目の赤岩八合館に到着。
動いているので意外と寒くない。
寒いの嫌!とか言ってヒートテック着ていたのがアホらしい。
 
上を見上げるが富士宮口と違って登っている人の灯り以外は全く見えない。
どこまで登るんだ?と少々不安。
 
周囲はかなりの岩場で「落石注意」の看板が多い。
降りてくる人達に「もう少しですよ」と励まされつつなんとか山頂手前の鳥居まで登る。
201008011
 
4時32分に山頂到達。
7時間半弱掛かった。
 
ご来光を見ようと銀明館の裏手の坂を登ったがこれが結構辛かった。
左手の少し高い丘に登るのはちょっと体力的に無理なのでその丘の下の辺で荷物を降ろしてご来光を待つ。
201008012
 
10分程して雲間から日が昇ってきた。
201008013
 
ご来光は見れたが体調は下向き。
今回は頭痛は無いし気分も悪くないがとにかく動けないという感じ。
カメラを忘れたので携帯電話で写真を撮っていたのだけどその内に画面が黄色く見えてきた。
さすがにこれはヤバイかも?と思って持っていった酸素缶を一本吸ったら少し良くなった。
気休めだと思っていたがもって来て良かった。
それにしてもやはり高山病か?
手も痺れるし。
 
 
剣ヶ峯にも行きたかったが人が多くて渋滞していたしとてもそんな元気もでないので下山する事に。
201008014
 
 
 
以下下山編へ

|

« 眠い | トップページ | 夏らしく »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御殿場ルートで富士登山 登山編:

« 眠い | トップページ | 夏らしく »