« 東海道を歩く  吉原駅~原駅編 | トップページ | 東海道を歩く  沼津領境~沼津城編 »

東海道を歩く  原駅~沼津領境編

原駅には売店はあったが座るイスも無いので早々に退散。
再び東海道に戻って東へ

原宿本陣跡
2010053022

浅間神社横の高札場跡
2010053023

雲見浅間神社
2010053024
なぜか車庫みたいに覆われている。

原の名物と言えば「擂り鉢の松」
2010053025

上の方に擂り鉢が乗っています。
2010053026
昔は落ちてこないので不思議がられたと言う事ですが今はしっかり固定されてます。

太鼓の音が聞こえるので東海道には戻らず中道を進むとお祭りの最中。
2010053027

何かいなと思っていたらポスター発見
2010053028
泣き相撲だそうだ

ちょうど良く生ビールを売っていたので休憩にする。
2010053029
車じゃないからこういう時は良い。

ビール飲んで一息入れてると泣き相撲開始。
2010053030
知らない人に抱かれて最初から泣いている子が続出

泣き相撲の会場だった長興寺を後にして東海道に戻って東へ進むと東の木戸跡の辺の神明宮
2010053031
原宿は横に長い。

祥雲寺の掲示板
2010053032
「X」があればプレステなのにと思った僕は罰当たり?
気分的には△だと思うがどこにも答えは無いらしい。

片浜駅
2010053033
出発してから4時間経過。

東海道を歩きながらふと左側を見ると小高い丘が見えた。
2010053034
こんな平地でこれだけ丘は古墳か?と思っていってみる。

結構高さのある古墳だ
2010053035

古墳の上の神社に上がって一回りした後東海道に戻って東進。
やっと沼津領の境まで到達。
2010053036
ここから先は沼津領だ。

半分に折れて下側は無くなっているが「ここから沼津領だ」と言う石碑がある。
2010053037

ここまで4時間20分


|

« 東海道を歩く  吉原駅~原駅編 | トップページ | 東海道を歩く  沼津領境~沼津城編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海道を歩く  原駅~沼津領境編:

« 東海道を歩く  吉原駅~原駅編 | トップページ | 東海道を歩く  沼津領境~沼津城編 »