« しまだ大井川マラソン参戦記(2) | トップページ | 二俣城 »

しまだ大井川マラソン参戦記(3)

ともかくスタートラインを超えてスタート!
ラインを超えると同時に腕時計のストップウォッチをスタートさせる。

今回の計測チップは靴紐に付けてある。
今までの大会では計測チップはゼッケンに付けていたので足に付けるのは初めて。
実績は有ると思うのだが同時に何人まで計測できるか気になっていたのだが脇に置いてある計測器のモニター音を聞いてみると結構早く「ピッ」とか鳴っているので結構な人数までいけるようだ。
実際全く同時と言うものほとんど無いだろうからね。


走り始めると周囲のペースはちょっと早いかなって感じ。
とは言え1Kmポイントまで進んでみない事にはタイムも分からないのでとにかく走る。

島田駅の前のスーパービックの横を通り抜け暫く走ると1Kmポイント。
タイムは5分少々。
ちょっとペースが速いので気持ち落としてみたが周りの流れもあるしどんなものだろうか?

コースは県道を逸れて川越遺跡の方へ曲がる。
川越遺跡と言うのは前から名称だけは知っていたが登呂遺跡とかと同じ様な弥生時代とか縄文時代の遺跡だとずーっと思っていたので興味が無かったが江戸時代の川越の宿場址だとは全く知らなかった。
なかなか良い趣きの町並みで今度またゆっくり見に来ようと思った。

2Kmのポイントで約11分。
余りペースは変わらないがまぁこんなものかな?

1Kmを過ぎた辺りから右足のソックスに違和感が有ったのだが走っている人も多いし止まれるような場所も無かったのでそのまま走って来てしまったが土手に登った辺りが広くなっていたので左の方へ寄って邪魔にならないちょっと外れた所で靴を脱いでソックスを直す。
お陰で右足の違和感は無くなった。

大井川の土手を登ると先頭グループが走ってくるのが見えた。
折り返しはそんなに遠くないのかな?と思ったがこれが間違い。
かなり向こうだった

5Kmのポイントで約30分。
ほぼ予定通りだがそれでもちょっと早いかもしれない。

JRの鉄橋の下をくぐって再び折り返して本来のマラソンコースへ出て南下する。
まだやっていないがエイドステーションの横を通り抜ける時に看板を見ると「やきそば」とか「ラーメン」とか書いてある。
走りながら食べれるのか多々疑問に思いつつ通過。

河川敷なのでほぼ平らだが実際には多少は上り下りがあるがまぁ差かと言うほどでもないので特に走りには影響しない。

10Kmで1時間3分くらい。
ほぼ予定通り。
体にも特に違和感無し。

15Km地点を1時間30分程度で通過。
今まで生きて来て15Km以上走った事が無いのでここからは全くの未知のゾーン(^_^;)

15Kmを過ぎた辺りで急にお腹が空いてきた。
朝飯を4時半くらいに食べて既に6時間も過ぎている。
走る前に食べるとあまり良くないかなと思って食べなかったが失敗。
給食所までまだ8Kmある。
仕方が無いのでウェストポーチから非常用のゼリーを取り出して半分ほど消費。
取りあえず空腹感は無くなった。

しかし2Kmほど走るとまた空腹感が。
残りのゼリーも全部飲んで空。
仕方が無いので給食ポイントまで我慢する事に。

良く覚えてないがこの辺で折り返してきたAさんとすれ違う。
声を掛けてもらわなければ分からなかった(^_^;)
疲れてきていたのでだいぶ元気が出た。

20Kmポイントを2時間5分ほどで通過。
ペースは落ち気味だがまぁまぁだ。
もしこのまま走れれば4時間半程で走れそうかなとの考えが頭をよぎる。

とうとうコース南端の折り返しポイントまで到達。
ここまでに8本の橋をくぐって来たがこれ以上先にはもう橋が見えない。
コーンを回って折り返す。

To be next...

|

« しまだ大井川マラソン参戦記(2) | トップページ | 二俣城 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しまだ大井川マラソン参戦記(3):

« しまだ大井川マラソン参戦記(2) | トップページ | 二俣城 »