« 「フレッツ光を導入する」の巻 | トップページ | 十里木展望台からの眺め »

「無線LANを再導入する」の巻 その1

ADSL回線の頃はモデムがAtermだったのでPCカードのWL54AGを挿して無線LAN環境を作っていたのだけどフレッツ光になって使えなくなったので新しい方法を検討していた。

後になって知った事だがフレッツ光への申し込み時に違うルートで申し込むと無線LANルーターが貰えるらしい。
既に申し込んでしまった人は適用外らしいのが納得出来ないな。


フレッツ光のマンションタイプVDSL方式で無線LANを導入するにはどうやら2つの方法がようだ。
 ・無線LANルーターを接続する。
 ・アクセスポイントを追加する。

上記方法の内で一般的なのは無線LANルーターを接続する事のようだがCTUにルーター機能があるし、そこにルーター機能を無効にした無線LANルーターを繋ぐのもなんかもったいない気もした。

だからと言ってCTUの代わりに無線LANルーターを接続して良いとも思えないのでアクセスポイントを追加する事にした。

と言う事で方法は決まったのでバッファローやIOデータのアクセスポイントの価格を調べてみたところ普通レベルの無線LANルーターとあまり代わらない程度だった。


これはやはり無線LANルーターか?と思い何度か店に足を運んで悩んでいたら違うコーナーにプラネックスの「GW-MF54G2」が置いてあるのが目に入った。

プラネックスコミュニケーションズ 無線LANポケットルーター GW-MF54G2
http://www.planex.co.jp/product/wireless/gw-mf54g2/

アクセスポイントはもちろんルータやコンバータにもなるという優れもので値段も2980円と安い。
ほほこれに決まり掛けたところでセール品のコーナーにコレガのアクセスポイントを置いてあるのを発見。

ゲーム専用コンパクト無線LANアクセスポイント CG-WLGAP01
http://corega.jp/prod/wlgap01/
これはセール価格で3000円だった。定価は5985円だから半額。

歌い文句は「パソコン不要」。
下の方に「PCとの接続もOK」と書かれている。
ゲーム専用と書いてある通り本来はWiiやDSを接続するのが主目的の様だが規格は同じなのでPCでも問題無い。
かなり逡巡したが結局これ(CG-WLGAP01)を購入。


家に帰りデフォルトのまま接続してDSで接続してみる。
取説通りの手順で接続完了。
PCも接続OK。

OKとは言えこのままではセキュリティ的に納得がいかないので(WEPキー等は入っているのでAnyOKでは無いけど)設定を行う。
設定するには本体とPCを直接ケーブルで結ぶ必要があるので一旦ケーブルを外してPCと直結。
IEを起動して設定。
本体のIPアドレスを固定→DHCPに変更して設定ボタンを押したところで無反応。
設定ボタンを押すと設定が反映されるらしくアクセスポイント本体がIP待ちになってしまい通信が不能になってしまった。

前途多難だ。

|

« 「フレッツ光を導入する」の巻 | トップページ | 十里木展望台からの眺め »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「無線LANを再導入する」の巻 その1:

« 「フレッツ光を導入する」の巻 | トップページ | 十里木展望台からの眺め »