« 89式小銃が届く | トップページ | 89式自動小銃 デチューン後 »

89式小銃 分解編

届いたばかりのBoth Elephantの89式を早速分解。

(お約束のお断り:ここに書いてある方法で分解して何か不具合・不都合があっても私は一切関知しません)

分解方法はコピー元のマルイと同じ(と思う)。
当然かw


ハンドガードのピンを押して引っ込めてからハンドガードを前方にずらして取り外します。
0810061

セレクターレバーを「レ」又は「3」にします。

バレル根元両側のネジ4本とメカボックスステー(以下 背骨)のネジ2本を外します。
0810062
※上側のみ。下側のネジはレシーバー基部のネジです。

テイクダウンピンを右側に抜くとバレルが外れます。
0810063

アッパーレシーバーを前方に抜きます。
0810065

セレクターレバーが「ア」の位置にあるとレバーにレシーバーが引っ掛かって抜けません。
0810066

外すとこんな感じ。
08100617

今回は省略しますがチャンバーは前方に押しながら左に90度回すと外れます。
0810064

バットプレートを外して(外さなくても出来るが外した方が楽)ストック奥の固定ボルトを緩めて外しストックを後方に抜きます。

メカボックス上側の背骨のネジ3本を緩めて外して背骨を取り外します。
0810067

金属製のストックインナーの下側のネジを外してストックインナーを取り外します。
0810068

グリップ下側のネジ2本を外して底板を外します。
0810069

フリップアップしそうなデザインですが下の様な形状の為に取り外さないとモーターが取り出せません。
08100610

使っているモーターは「超力○机」製(○の部分は電気の電か?)
08092919
モーターにURL「http://www.chaoli-cn.com/」が書いてあるので見てみたがマブチモーターに似た様なラインナップのモーター屋さん。
因みにここのHPは音楽がうるさいので見に行かない方が賢明w

グリップの奥にネジが4本あるので取り外す。
08100611

セレクターレバー左右のネジを外してレバーとマーカーを外す。
08100612

08100613

メカボックスを上方に持ち上げてロアレシーバーから取り外す。

外す際にセレクターのギアが外れて落ち易いので注意。
08100618

取り外したメカボックスからセレクターのギヤを外す。
左右は別パーツなので注意。
08100614
ネジで止まっている方のギヤも外す。
08100615

後はVer2のメカボックスとほぼ同じなので省略。
バーストメカ部やトリガー部分は触らない方が良いと思われます。
08100616


メカボックスには「QC」というシールが貼ってあるが何の意味?
08092916

シールを剥がしてメカボックスを分解。
ギヤ類は鉄製らしい。
08092920

べベルギヤは従来のと同じだ。
08092921
これがバーストが4点になる理由かな?

取り外したスプリングはカットしてある。
08092917
既にデチューン済だったわけだ。

因みに一部で言われている様だがノズルに穴は開けられていない。
08100619

本来のスプリングだとどのくらいの初速が出るのか気になったので調べてみると海外の販売店のHPでは360fpsとか380fpsとか書いてあるので110m/s前後は出るらしい。

カット済みだったスプリングを更に2巻程カットしてみたらセット長と大差が無くなってしまったので工具箱を漁って出て来たマルイのノーマルスプリングを付ける事にした。
08092922

マルイ純正の方が少し長いが柔らかくて弱い(簡易比較でだいたい10%落ち)ので初速は低くなると思うがどれ位下がるだろうか?

|

« 89式小銃が届く | トップページ | 89式自動小銃 デチューン後 »

GUN & ミリタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 89式小銃が届く | トップページ | 89式自動小銃 デチューン後 »