« 公害 | トップページ | スズキ SX650R その6 »

スズキ SX650R その5

先週の日曜日に試運転したら調子悪かったり変だったので再度分解調整。

どうもメインスイッチが逆だったらしい。
普通はオンの方に丸が有る方を用いると思って取り付けた。
0806281

これだとエンジンが掛らないので調べてみたら丸が下の方が正しい位置だった。
0806282
なんか逆な様な気がするけどな~

スイッチを付け直してリコイルスターターを引っ張るが掛らない・・・・
スパークは飛んでいるので燃料が来ないらしい。
キャブやリードバルブを外してついでにクランクケースも分解。
軽く掃除して組み直すと無事に始動。
ジェットが詰まっていたわけでもないのに何で掛ったのか良く分からないがまぁ良いや。

スロットルの調整はベランダではちょっと煩すぎるので人気の少ないところへ移動して行う。

簡単に調整できるかと思ったがこれが異常に難しい。
元の状態が良く分からないので適当にやるとアイドリング回転になってしまい発電しない。
何とかうまく発電する回転に合わせられたがほぼ全開に近い回転数。
やたら煩いがこれで良いのだろうか?

そのままちょっと回していたらエンジン急停止!
止まり方が焼き付きに近い止まり方。
リコイルスターターを引くと回るので焼き付いた訳では無さそう。

入っているガソリンの混合比が分からないので取りあえず2サイクルオイルを買って来て足してみる。
キャブに残ったガソリンを排出してエンジン始動!

今度は調子よく回っている。
しかし暫くすると回転が不安定に。
回転が上がるとキーンとか音がして回転が下がってまた上がってを繰り返すようになった。
オイルの関係かなと思いつつ様子を見ていると突然火花が上がりバン!と音がして止まった。

ヤバ!シリンダーかヘッドに穴でも開いたかな?と思いサイドカバーを外すとシリンダーになぜか磁性のあるスチールウールの様な屑が付着している。
シリンダーとヘッドを見ても特に異状が無いので何が壊れたのか?と思って各部を点検するとバラバラになった磁石を発見。
フライホイールを回してみると点火用のマグネットが跡形も無く無くなっていた。
0806283

どうやら回転が高くなるとフライホイールの振れが大きくなってコイル側の金具に当たっていた模様。
何度も当たっていたのでバラバラに壊れたらしい。

交換用のマグネットかフライホイールが手に入らないとこのままこの発電機は終わりか?
せっかく貰ったのに申し訳無い。。。

|

« 公害 | トップページ | スズキ SX650R その6 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スズキ SX650R その5:

« 公害 | トップページ | スズキ SX650R その6 »