« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

スズキ SX650R その5

先週の日曜日に試運転したら調子悪かったり変だったので再度分解調整。

どうもメインスイッチが逆だったらしい。
普通はオンの方に丸が有る方を用いると思って取り付けた。
0806281

これだとエンジンが掛らないので調べてみたら丸が下の方が正しい位置だった。
0806282
なんか逆な様な気がするけどな~

スイッチを付け直してリコイルスターターを引っ張るが掛らない・・・・
スパークは飛んでいるので燃料が来ないらしい。
キャブやリードバルブを外してついでにクランクケースも分解。
軽く掃除して組み直すと無事に始動。
ジェットが詰まっていたわけでもないのに何で掛ったのか良く分からないがまぁ良いや。

スロットルの調整はベランダではちょっと煩すぎるので人気の少ないところへ移動して行う。

簡単に調整できるかと思ったがこれが異常に難しい。
元の状態が良く分からないので適当にやるとアイドリング回転になってしまい発電しない。
何とかうまく発電する回転に合わせられたがほぼ全開に近い回転数。
やたら煩いがこれで良いのだろうか?

そのままちょっと回していたらエンジン急停止!
止まり方が焼き付きに近い止まり方。
リコイルスターターを引くと回るので焼き付いた訳では無さそう。

入っているガソリンの混合比が分からないので取りあえず2サイクルオイルを買って来て足してみる。
キャブに残ったガソリンを排出してエンジン始動!

今度は調子よく回っている。
しかし暫くすると回転が不安定に。
回転が上がるとキーンとか音がして回転が下がってまた上がってを繰り返すようになった。
オイルの関係かなと思いつつ様子を見ていると突然火花が上がりバン!と音がして止まった。

ヤバ!シリンダーかヘッドに穴でも開いたかな?と思いサイドカバーを外すとシリンダーになぜか磁性のあるスチールウールの様な屑が付着している。
シリンダーとヘッドを見ても特に異状が無いので何が壊れたのか?と思って各部を点検するとバラバラになった磁石を発見。
フライホイールを回してみると点火用のマグネットが跡形も無く無くなっていた。
0806283

どうやら回転が高くなるとフライホイールの振れが大きくなってコイル側の金具に当たっていた模様。
何度も当たっていたのでバラバラに壊れたらしい。

交換用のマグネットかフライホイールが手に入らないとこのままこの発電機は終わりか?
せっかく貰ったのに申し訳無い。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公害

昨日のニュース番組で中国の大気汚染の話をやっていてその中で「日本の優れた環境技術を用いれば・・・」とか言っていたけど技術が有っても使わないと意味無いよね。

隣の市から見た我が市の様子
0806231
製紙会社の排煙で市街は真っ白に。
気象条件などでこう見えるのかもしれないけどほぼ毎日こうだからね。
この中央で盛大に排煙している会社はばい煙のデータ改ざんなどを行っていた会社だったりする。

もう一つはこれ
0806232
いつもは白い煙なので何かを調整していたのかもしれないけどこんな黒い煙を見せられると何だかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スズキ SX650R

先週ベアリングを交換した際にスロットルバルブを分解したまんまにしておいたらスプリングを掛ける位置が分からなくなってしまった(苦笑)

実際の部品はこれ
0806221
スロットルバルブの遊びを無くす物だと思うのだけど引っ掛ける位置が分からない。
周囲を見てもそれらしい穴が無いしさてどこに?

欠品のエアフィルターはお掃除用のスポンジの目の粗い物を使用。
0806222
焦げ取り等に使うこげ茶色の方を切り取って半分に切るとあ~らピッタリ!
耐油性が有るのか分からないのでとりあえず乾式で様子を見る事に。


スプリングの位置が分からないまま取り合えず一旦組み立て。
しかし正面パネルの補修と塗装の為に再び分解。
塗装後に組み立て直すとあれっ!? 
エンジンが掛らない・・・・

直しているのやら壊しているのやら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

発電機~

行きつけのバイク屋さんにスズキの発電機の部品が入るかな~と相談してみたら暫くして「無理だよ」って電話が掛って来た。
何でもスズキは4.5年前に発電機から手を引いてるし、それは古い発電機だから部品は手に入らないって事らしい。

確かにスズキのHPにも何の情報も載って無い。
古い物だから部品が無いのは仕方ないと思うが、問い合わせ先も乗って無いしEX300の事で色々と教えてくれたホンダと違ってスズキってサポート悪いね。

とれあえずエアフィルターは適当なスポンジでも切って詰めておこうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発電機を分解 Part2

分解した発電機スズキSX650Rの話の続き。

壊れたベアリングを抜いてみたところ反対側に記号が書いてあった。
「KOYO 6004 JAPAN」
どうやら普通の規格品の様だ。

ベアリングを扱っているお店の数件に電話してみたがやはり日曜日でどこもやって無い。
明日なら確実に入手できると思うが、今晩から雨が降るという事なので出来れば今日中に組みたい。

近くのホームセンターに行ってみたが6004は置いて無かった。
ダメ元で少し離れたホームセンターに行ってみたらNACHIの6004が置いてあったので購入。

急いで帰ってベアリングを打ち込んで組み上げる。
この時に困った事が発生。
スロットルバルブの所の小さいコイルスプリングがどこに掛っていたか忘れてしまった!!
たぶんココだろうと言う所に掛けておいたがはて??

付いていた泥などを洗浄しながら組み立てたらパーツクリーナーが1本無くなったw

組み立ててエンジンを始動するとガタピシ音は消えた。
ただ排気音はとても大きい(苦笑)ので住宅街での使用はちょっと無理の様。
防音に気を使った様な構造的になっていないので仕方ないな~

試運転は来週にでもどこか別の所でやろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発電機を分解

先日とある優しい方から中古の発電機を頂いた。
スズキSX650Rという物

もう使わなくなったのでと言う事で頂いたが「変な音が出ますよ」と。
確かに始動するとカンカンと言う感じの音がする。
どうもベアリングがいかれているみたいな音だったので分解してみました。

空冷2サイクルエンジンなので分解は簡単。
ホンダのEX300と違って防音構造になっていないのでバリバリ分解できる。
周囲の部品を外して、マフラーを外して、ヘッド、シリンダー、キャブレターと外す。
クランクを割ってサイドカバー側を見るとベアリングがいかれてる。
200806141

半分くらいのボールが失われている。
しかしクランクケースの中には見当たらないがどこに行ったのかな~(苦笑)
200806142

このベアリングを交換できれば異音は出なくなるはずだけど交換部品としてまだあるかな?
無くても汎用品で何とかなりそうな気もするのだが。


これはおまけ。
200806143
五円玉がワッシャー代わりに使われてました(笑)
3枚も有ったので15円回収!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »