« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

岳南鉄道 タブレット交換所跡

今は無くなってしまったけど岳南鉄道にもタブレット交換所が有りました。
走っている電車からタブレットを出して線路脇の交換所の柱に引っ掛けて渡したり、受け取ったりするのが子供心にカッコ良かったです。

さて岳南鉄道は単線ですのでどこかで行き違いが必要です
本吉原駅から岳南江尾駅までは島式ホームなので駅で行き違いが出来るのですが、吉原駅-本吉原駅間の日産前(現ジヤトコ前)駅・吉原本町駅は単式ホームで行き違いが出来ません。

この為に当時存在した日産自動車の引き込み線を利用して行き違いを行ってました。
順序は確か
・吉原駅から来た下りがタブレットを交換所に渡して日産の引き込み線に入る。
・上りが本線を通過する。
・引き込み線に停止していた下りがバックして本線に戻る。
・タブレットを受け取って下りが本線を進行する。

うーん上りのタブレットはどうなっていたのだろうか??
誰か知っていたら教えてください<(_ _)>

さて交換所のあった所は今は何も有りません。
0803271
左の白い建物の右脇辺りに有りました。

引き込み線は撤去されて跡地に集会所が建てられています。
0803272

引き込み線は道路を越えて日産社内に続いていましたが今は駐車場になっています。
0803273

この日産(現ジヤトコ)の工場に引き込み線が引かれていた理由ですが、昔はここでブルーバードを生産していて完成車両を鉄道輸送していた為です。
ブルーバードの生産が追浜に移行して吉原工場がトランスミッション生産の専門工場になり、トラック輸送が本格化すると引き込み線は使われなくなり撤去されました。

引き込み線側から見るとこんな感じ。
0803274
ちなみに手前の川は引き込み線撤去後に造られた川で、当時は地続きでした。

建物が在った辺へ行ってみます。
0803275
基礎の一部が残ってます。

その横には水道がポツンと残ってます。
0803276

さらにその奥と言うか本吉原側にも建物の基礎の様な物が。
0803277

信号には今も「日産」の文字が残っている。
0803278

今は枯れているがこの鉄橋の下が元の川ではないかと思われる。
0803279

引込み線の在った方が地面が低い様なので路盤の高さが昔より高くなっている様な気がするが、先の鉄橋の高さ具合を見ると変わって無いのかな?
08032710

ちょうど通りかかった岳鉄。
08032711
暗くてシャッタースピードが遅いのでボケてます(苦笑)

交換所と引き込み線ですが昭和50年の航空写真を見るとまだ建物も引き込み線も在りますが、昭和58年の写真には引き込み線は無くなって建物だけ残ってます。
昭和63年になると建物も無くなってます。

線路脇の川は昭和63年でもまだ作られておらず引き込み線が跡地として残ってます。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

国道358号 通行規制の話

会社に行ってから通行止めの話をしても知らない人が多かった。
何人かは「そう言えば土砂崩れがどうとかニュースで言ってたな」くらいの反応。

周りにスキーに行く人が少なくなっちゃった証拠だな(苦笑)

ちなみに規制内容は以下の通り
区間:富士河口湖町精進 (湖畔道路からの分岐の辺)から甲府市古関 まで
期間:2008年4月16日を目途

詳しくは下記のサイトをご覧ください。
山梨県の道路交通規制情報

因みに迂回路の国道137号も河口湖町内で工事の為に一部片側交互通行になっているみたいです。


長野方面に行くには国道52号を通るしかないみたいだな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬八方尾根

朝早く起きて最後の寝台特急「銀河」を見送った後白馬に向かう。

いつも通り朝霧を抜けて甲府へ向かうが途中でVICSが「国道358号通行止め」の情報をキャッチするがナビは何の指示も無くいつものルートを指示し続けているので気にしないで北上。

本栖湖の入り口で「国道358号 精進湖ー甲府間 通行止め」の看板を見つける。
ナビは相変わらずルートの変更をしないが気になったので地図をスクロールするとルート上に通行止めの表示が!!
でも古関まで行ければ三珠町経由で甲府昭和から中央道に乗れるかもと思いつつ赤池の交差点まで行ってみると封鎖されてる・・・・

本栖湖まで戻って300号を下るルートもあるが細い下り道で時間が掛かりそうなので御坂越えで行く事にする。
青木ヶ原樹海を抜け無料になった河口湖大橋を渡り、同じく無料になった御坂トンネルを抜けて一気に一宮御坂ICまで下る。

中央道に入った頃にはすっかり明るくなっていた。
乗る予定だった甲府南ICを抜けると朝焼けでオレンジ色に染まった南アルプスが良く見える。
0803161

途中の諏訪SAで休憩して八方へ。
白馬方面へは長野オリンピックより前から来ていないのでとても久し振りだ。
豊科ICを降りて147号を行こうと思ったが違う道に案内された。
前は高瀬川沿いの抜け道的な細い道路だった筈だが綺麗な道になっていた。
しかしナビが川を渡って反対側に行けとうるさいので途中で川を渡って左岸の道路を進む。

何か遠回りさせられた気もするが大町を抜けて木崎湖の辺へ来ると道がすっかり変わっている。
簗場駅が道の下にあるし。
五竜とおみスキー場を抜けた辺りでオリンピック道路に入る。
この道も前は無かったなぁ~

ジャンプ台の前の駐車場に入ったのが8時半。
予想外の事態で1時間近く遅く着いた。
着替えてリフト券を買ってリフトを乗り継いで最上部へ。
さらに板を置いて八方池山荘の上へ歩いて登る。

下の方からは雲と言うかガスが掛かっていてよく見えなかったがここからはとても綺麗に後立山連峰が見える。
0803162

写真を撮っていると後ろをスノートレッキング装備の人達が上へ登って行く。
上の方を見ると多くの人が登っているのが見える。
0803163

スキーブーツで登るのは辛そうかと思ったが上からスキーブーツの人達が降りて来たので思い切って登ってみる事に。
スキーに来ているのに合わない位の大汗をかき自分を励ましながら登る。
約30分で八方山1974mと書かれた石神井ケルンに到達。
山の眺めが良いもう少し奥まで進む。
左手に小屋と幾つかのケルンが見える。
0803164

もうこれ以上進むのは無理だし、進む気も無いでここで一休み。
ぐるぐると360度絶景である。
0803165

0803166

0803167

0803168

0803169

ムービーはこちら

カンティーンで紅茶を淹れて飲む。
雪の上にカンティーンを置くと良く冷える(苦笑)
08031610
(壁紙サイズ)

ゆっくりしていると上を何機も飛行機が通り過ぎて行く。
08031611
天気も良いし大パノラマだろうな~

暫くゆっくりして下り始めると他の人が通らないルートを登っている二人組を発見。
08031612
スキー装備らしいがすいすいと登って行く。

下りも歩きだが上りと違ってあっという間に八方池山荘まで戻る。
スキーを履いてVIRGIN CAFEの前まで下り、ゲレンデマップで北尾根レストハウスの方向を確認して一気に下る。
途中で雪が緩くなった所でコケるが北尾根レストハウスまで到着。
映画の中で祐治が屋根の上を滑った所だ。
08031613
どう考えても屋根に登れないぞ?っと思ったので帰って来てメイキング版を見たら登り口にスロープが作られていた。

中は普通にスキー場のレストハウス。
メニューもいたって普通だ。
ただ中に大きなポスターが。
08031614

食後はスカイラインコースと黒菱ゲレンデで練習。
年に1回か2回スキーをするだけでは下手になる一方。
練習しても上手くならないので(笑)もう一度上まで登る。

八方池山荘の裏手で白馬の山を見ながら休憩
08031615
(壁紙サイズ)

多くの人が同じように山を見ながらくつろいでいる。
08031616

時間も3時近くなったので下る事にした。
朝と違ってリーゼングラートから下までコブだらけになっていて下に付く頃には体力が尽きた・・・・

車に戻って用具を片付け温泉へ。
おびなたの湯は結構空いていて助かった。
30分ほどのんびり温泉に浸かったりして次の目的地である信濃森上駅へ向かう。

駅舎は撤去されていると言う話だったのでどうなっているのかと行ってみたらこじんまりとした入口が。
08031617
駅舎の脇の木は残ってました。

階段を上ってホームへ
七海役の田中麗奈さんが降り立ったのはこの辺か?
08031618
映画の白馬桃山駅は現実の信濃森山駅とはレイアウトが逆らしくてこちらのホームは上りだ。

傷心の七海が帰る為にホームに立っていたのはこの辺か?
08031620

これは跨線橋の途中から見た南小谷方面。
08031619

下り線のホームから見た駅全体。
08031621

駅を出て駅前の自動販売機で缶コーヒーを買い帰途に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビンディング

買ったまま仕舞われていたビンディングを引っ張り出してみた。

箱によると1942年9月製らしい。
0803081

構成部品はこの通り。
0803082
この他にビスの入った小袋が有る。

組み合わせはこの様になるらしい。
0803083

まず一番前側のパーツ
0803084jpg
固定用のワイヤーのテンションを調整するパーツの様だ。

次にトーピース部分。
0803085jpg
写真は裏側から見た様子。
プレートに左右のブーツ固定金具を組み合わせて使用する様になっていて、組み合わせ部がギヤの様になっていて微調整が可能。
しかし歯の出来が今一で嵌めこむのが難しい位置もある。

最後にヒールピース部分。
0803086jpg
ヒールプレートの左右の金具は踵が浮くのを抑える為のパーツだと思うのだが、資料不足で取り付け位置が良く分からない。
多分3枚目の写真の位置で問題無いと思うのだが。

付属のネジは長過ぎて普通の板では貫通しそうだから代わりのネジを用意しないと。

簡単に付けられると思ったが1日掛かりになりそうだ。
こりゃ来年だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シール

米軍のスキー用シール届いた~

シールと言ってもアザラシの毛皮では無い様だ。
0803071
アクリル系ぽい気もするけど。
売り手は2次戦の物だと言っていたがどんなものだろうか?

早速板に取り付けてみたが185cmの板でも長さが足りなかった。
0803072
残った量から考えると195cm程度の長さが必要だったみたい。
しかしそんな長さの板では絶対に曲がれない。
曲がれない自信はある(^_^;)
適当に畳んで使うしかないな。

着々と雪装備は揃うが肝心なスキーシーズンが終わってしまうよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勲章

これ位は貰っておいても良いかな~
0803021


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »