« 銀色のシーズン | トップページ | 雪~ Part2 »

孫の代まで語りつげる作戦だ

懐かしのボードゲーム。

とりあえずショートシナリオで配置してみる。
シナリオ名は「第30軍団の突破」

PCのゲームと違って自動ではやってくれないので自分でユニットを探して指定位置に並べるのだがかなり大変だ。
忘年会の時に「全自動のジャン卓じゃないと麻雀が出来ない!」とフロントに食って掛かっていた人を思い出した(苦笑)

イギリス軍の配置に悩んだが順当に機甲部隊を先頭に突破を図る事に決定。
Mg1
彼我の戦力差に「圧倒的では無いか 我が軍は」と言う感じ。

移動フェイズに対戦車大隊2個と歩兵大隊2個を第9SSに隣接させる。

まず砲兵の支援を得て3個機甲大隊で正面の第2降下猟兵連隊の第1大隊に攻撃を掛ける。
圧倒的な戦力差で相手の戦力を低下させて後退させる。

次に第6懲罰大隊に対して機甲大隊1個と歩兵大隊2個で攻撃を掛ける。
元々戦力の低い第6懲罰大隊は壊滅。

続いて左翼の第10SSに対して砲兵支援を受けて騎兵連隊が攻撃を掛けるが運河越しの為に跳ね返される。

引き続き右翼の第9SSに攻勢を掛け撃退。

最右翼の偵察中隊は戦力不足のため待機。


ドイツ軍フェイズ
両翼はそのままにして中央部を下げる陣形に。
増援の砲兵部隊が隊形転換出来なかったため攻撃は仕掛けず待機する事に。
Mg2

と言う事で1ターン終了。

地形効果とかルールが難しくて色々大変。
ボードゲームはルール通り進行しているのか判定するのが大変。

|

« 銀色のシーズン | トップページ | 雪~ Part2 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

「撃墜王」というボードゲームでインメルマンターンを決めてグラマンに銃撃するまでの「20秒間」だけで2時間費やしたことを思い出しました・・・
「203高地」で1時間かけて小隊ごとに並べた歩兵連隊が3ターンで全滅したことを思い出しました...
10面サイコロを無くして6面サイコロを使ったらえらいことになったのを思い出しました。

でもボードゲームは楽しかったw

投稿: Book | 2008/02/02 00時27分

おーここにもボードゲーマーが(笑)
Bookさんも結構持ってたんですね。

今やってみるとユニットを並べるだけでも結構時間が掛かって面倒です。
特にフルマップ使う様なグランドキャンペーンは大変ですね。

それが味でもありますが。

投稿: レアン | 2008/02/02 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孫の代まで語りつげる作戦だ:

« 銀色のシーズン | トップページ | 雪~ Part2 »