« 日光東照宮 | トップページ | 中継塔 »

BC-1000再塗装 その1

最近手に入れたフランス軍用のBC-1000の表面が錆びていたりして今一つなので再塗装する事にした。

とりあえずバッテリーケースからやる事にして剥離剤を塗って塗装を落とす。
塗料剥離剤を使うのはすごーく前にヘルメットを塗り直して以来だ。

剥離剤を塗って待つ事数分。
塗料がシワシワになって浮いてきた。
スクレッパーでゴシゴシとやって塗料を出て来た表面は銅色。
剥がせるだけ剥がしてみるとほぼ銅色だ。
Bc10001

磁石が付く事と赤錆が出ている事からどうやら鉄板に銅メッキをしてあるらしい。
錆び止めには良いのかも知れないが今となっては錆びるは緑青は出るは大変だ。

薄い鉄板製なので全体的にペコペコになっていて、特にファスナーの部分は力が掛かるせいか変形がかなりある。
Bc10002

塗料を剥がして分かったがあちらこちらに補修の跡がある。
Bc10003
他にも数箇所あって、材質が良く分からないがハンダか何かで穴を埋めてある。

スクレッパーと剥離剤で一生懸命やったがこれ以上は落とせない。
サンドブラストがあればもっと落とせるのかな~

|

« 日光東照宮 | トップページ | 中継塔 »

GUN & ミリタリー」カテゴリの記事

コメント

電動のワイヤーブラシでバ~ッとやれば落ちまっせ!多分。

投稿: Flitz | 2007/03/13 10時14分

塗装は簡単ですが、文字や記号はどうされましたか? 米国ではBC-1000用の移し絵が売られています。 

投稿: R69S | 2007/11/15 18時22分

コメントありがとうございます。

レタリングシートは欲しいのですが上までやると色々と面倒なので横だけにしておくつもりです。

それよりもBMさんからODのスプレー缶を調達するのが先ですね。

投稿: レアン | 2007/11/15 20時21分

こんばんわ。はじめまして。

当方、WW2やナム戦をやっている者です。最近、RPC-10を入手いたしまして、リュックサックを背負うより断然カッコイイなぁ。と感動しております。無線の免許もないので、無線機の中身は、とっぱらってガラだけ背負って遊ぼうかと思ってますが、もったいないでしょうか?またWW2用にBC-1000のモックアップでも作って背負おうかなと思いまして、参考資料の検索をしていましたら、ここにたどり着きました。

BC-1000ネタの方、楽しみにしておりますので、これからも沢山アップの方よろしくお願いいたしまーす!

投稿: ジョウカーニ等兵 | 2008/05/09 21時42分

はじめましてジョウカーニ等兵さん 

PRC-10をお持ちですか。
僕も欲しい1台です。

この手の古い無線機は電気回路もさる事ながらダイヤル等を回す機械部分も見事な作りなので、中身を取っ払っちゃうのはもったい無いと思います。
ちょっと重いですがこのまま背負って遊んでください。
僕もPRC-77背負って戦いますから(笑)

ご存知かもしれませんがもしPRC-10に興味があるようでしたらこちらもご覧ください。
http://www.kh.rim.or.jp/~jh3fja/prc10c/index.htm


BC-1000ネタもボチボチのっけて行きますんで長~い目でよろしくお願いします。

投稿: レアン | 2008/05/12 21時15分

こんにちわ!
そちらのサイトは、いつも見てます!私のは、そのサイトで見たのですが、PRC-10と同型のフランス製のものです。ハンドセットの配線は、ストレートタイプでした。今日、USタイプのマキマキ配線に交換しました。中身は、生きていたようですが、全部ぶっちぎってしまい携帯電話のハンズフリーマイクを仕込みました。どうしてもゲーム中に、交信がしたいので、やむをえずそうしてしまいました。特定省電力無線を仕込もうかとも思いましたが、仲間が持っていないですからねぇ。携帯ならどこでも誰とでも交信出来ますので。本体ヤッパリ重いです。私の背負子は、Xサスに合体させるタイプで、とても重たく感じます。よくヤフオクで出てるRPC-25用の背負子・・あれってどうでしょうか?またヤッパリこの重さは、ハンパないので、中身も捨ててしまおうかと考えてます。

去年のケ号は行けませんでしたが、いつかお会いできるのを楽しみにしてますね。HPの方にも遊びに来てください^^

投稿: ジョウカー二等兵 | 2008/05/15 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BC-1000再塗装 その1:

« 日光東照宮 | トップページ | 中継塔 »