« アンテナセット届く | トップページ | 電子工作(1) 続き »

電子工作(1)

作っている送信機の一部にアンプICのTA7368Pを使った低周波増幅回路があるが出力波形が変なのでブレッドボード上に回路を再現して動かしてみた。
(本来は逆かな(笑))

回路を東芝のリファレンス通りに作って入力信号に1KHzのサイン波を入れてみる。
オシロで見るとこの通り。
Scope1

出力側の信号を見ると矩形波になっている。(入力レンジは変えてます)
Scope2

信号自体は9倍程になっているので増幅と言う意味では間違っていないと思うけれど波形変わっちゃっているしこれで良いのかな?

ひょっとするとボロオシロのせいで変わっている様に見えるのかもしれないし・・・・

うーん困った。

|

« アンテナセット届く | トップページ | 電子工作(1) 続き »

無線機」カテゴリの記事

コメント

この画像・・・上下にスクロールするととても面白いですね。

投稿: Flitz | 2007/02/06 04時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子工作(1):

« アンテナセット届く | トップページ | 電子工作(1) 続き »