« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

アンテナセット届く

先日書いた筈なのにオン寝したらしく何も残っていなかったので再投稿。

先日オランダより荷物が届きました。
珍しく箱入りではなくてプチプチで包んである。
Bg1741_1

梱包を解いてみるとこの通り。
Bg1742_1
スキーケースみたいに長細いです。

このバッグの名称は「BG-174」です。
Bg1743

開いてみるとこの通り。
Bg1744
ツールロールですね。

ポケットから全部出すとこんな感じです。
Bg1745_2
内容は
アンテナロッド、ガードロープ、ペグ、本体用のアンテナマウントと車両用のアンテナマウント、アンテナ接続用のケーブル

アンテナはドイツのテレフンケン製で6本ある。
Bg1746

元々持っていたアメリカ製のアンテナと合わせると9本になる。
Bg1747
先端部が2セットになるので全部繋げないが繋げられる分を全部繋ぐと7m近くなるけれど、エレメントが細いからたぶん立てられないな~
もし立ったとしても支えられないだろうし。

車両用マウントベースはジープが無いから自分の車に付けてみようか。
ちょっと会わせてみたが良い感じだったし。

今回のお買い物は既に持っている物も在ったが割りとお得な買い物だった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ゴッテンべルクからの手紙

今日は冬にしては暖かい日だった。

突然の敵の大攻勢により私は何時の間にやら同じ部隊の連中とはぐれてしまった。
周りは気の良い空挺や妙に足の速いレンジャーばかりになってしまった。
相変わらず敵の方が優勢らしく今度の戦闘も苦戦している。
レンジャーが南方から攻撃を仕掛けているが敵の数が多くのと、左側の別の陣地から側面に圧力を受けて苦戦している。

私は彼らへの圧力を減らそうと思い密かに少し後ろに下がり敵陣地を迂回する事にした。
上手い具合に敵の後ろに出られたが敵は精強かつ残虐で知られたSSであった。
私は一瞬攻撃を躊躇したが意を決して攻撃に出た。

彼らはSSの名に恥じぬ勇猛果敢な戦い方を見せた。
しかし勇敢さでは私の方が上回っていた。
戦闘の末、私はSS隊員を3名も捕虜にしたのだった。

今回は何とか生き延びる事が出来たが、この戦いは何時まで続くのであろうか。

1944年○○月☓☓日
ゴッテンベルクにて
ロバート・レアン記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ製フラッシュライトの電池

ドイツ製のフラッシュライトの電池が切れたので捨てる前にバラして見ました。

電池のラベルを見ると「3R12S」と書かれていますがどうやら「3R12」が規格名の様です。
つまり「R12」電池が3本セットになっているって事らしい。(2CR5と同様)

「3R12」で検索すると競馬等のレース結果が多くヒットするので「3R12S」で検索するとキルリ文字のページが多く出て来ます。
この電池もスペイン製と書いてあるのでスペイン・ドイツ・ロシア等のヨーロッパでは良く使われているのかもしれません。

eBayで検索するとパナソニック・ソニー・マクセル・フィリップ等のブランドの物が出てきます。
出品元はイギリスが多いようです。
アルカリタイプもあるな。
用途を見ると自転車のランプ用みたい。

日本ではブラックホール等の会場ではたまに見掛けますが近所の店には有りません。
当然100均にも無い。

ではバラして見ます。
まず上側の蓋が簡単に外れるので外して見ます。
Batt1
単三電池のような物が3本見えます。

更に横を切り開くと
Batt2
単三電池より一回りくらい大きくて長い電池が3本入っています。
電池同士はボール紙で仕切られています。

斜めから見るとこんな感じ。
Batt3
各電池は針金で直列に接続されています。

この電池はセルが大きいので持ちは良いのだろうけれど単価が高いので、今後は単三電池用に改造して使う予定。
といっても単三電池BOXを組み込みだけだけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »