« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

1/6 Pak35/36 37mm対戦車砲

アクセスログを見ていたら「1/6 37mm対戦車砲」の検索ワードでこのブログを見に来られた方がいたのでちょっと情報です。

お探しの物はこれでしょうか?
Pak35
(ebayから引用)

e-Bayで売っていますが$175です。約2万円ですな。
http://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&item=6065535432&ssPageName=MERC_VIC_ReBay_Pr4_PcY_BIN_IT
送料込みで15000円くらいなら資料用に買っていたかも。

よーく探せば国内でも売っているのかもしれないですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドラゴンワゴン in 長野

模型雑誌「アーマーモデリング」を見ていたらあの「ドラゴンワゴン」が長野にまだあるそうです。

ここを見ている殆どの人は知っていると思うけれどちょっと解説。
ドラゴンワゴンとは米軍のM25戦車運搬車の事です。
装甲キャビンを備えたM26装甲戦車回収車とM15トレーラーのコンビで運搬重量は40tになります。
シャーマン戦車が35t前後なのでらくらく運んじゃいます。
M26パーシングは41tなのでちょっと重量オーバーだけど運べるんだろうな。

なんで戦車運搬車が要るかと言うと戦車に長距離を自走させると壊れちゃうし路面も痛むしと色々と不具合が有るからトレーラーがあるならそっちで運んだ方が良いからですね。
ドイツ軍にも18t重ハーフトラックとトレーラーのセットがありますがドイツ軍は鉄道輸送を良く使っていますね。

鉄道輸送といえば’80年前後までは御殿場駅に行くと貨車に積まれた61式戦車がありました。
残念ながら写真は多分無いと思うのですがなかなかカッコ良かったですよ。
余談でした。

アーマーモデリングの記事によると長野の白田組という運搬?建築?業の会社の所有で戦後米軍から払い下げてもらった物だそうです。
さすがに装甲キャビンは民間では不用だったらしく撤去してあって自作のキャビンになっています。
今はもう使っていないので倉庫で埃を被っていました。
でも現存しているだけでも凄いですね。
興味を持った人は本屋に急行→

模型はタミヤから1/35のドラゴンワゴンが9800円で販売中。
http://tamiya.com/japan/products/dragonwagon/dragonwagon.htm

検索したらこんなページが出てきました。
http://www66.tok2.com/home2/tankguy/hakuta/hakuta.html

| | コメント (7) | トラックバック (0)

なんてこった・・・

オーストラリアに負けたー

勝ち樽のビールが終わったので缶を外したら直後に同点。
えーい関係無いわーってガスを抜いたら逆失点て一体どうなっているのだ?

次のクロアチア戦に期待。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

W杯 日本-オーストリア戦


Beer

奥様が当てたキリンの勝ち樽を飲みながら応援中。

前半は1点入れたし良い試合展開だ。

さて後半はどうなる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イーベイ ウォッチ '06/06

BMWのサイドカーを探していたらついでに見つかりました1944年製の「オペル ブリッツ トラック」
価格は$39,000ですから400万円ちょっと位かな?
4人しか乗れないキューベルと違ってこれならいっぱい乗れます。
どなたか輸入してみませんか?

http://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&item=6634847685&ssPageName=MERC_VI_RSCC_Pr4_PcY_BID_Stores_IT

因みにこのショップには1937年製のハノマグもあります。
こっちはMG42付き?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

SS迷彩スモック

長らくサムズ製のSS迷彩スモックを使ってきましたがこの度更新いたしました。
Smock

色調がアルバートさんのスモックと同じ様な感じになりました。
サイズがLサイズ以下は無いとの事でLにしたのですがちょっと小さい感じ。
サムズのはかなり大きかったからそう感じるのかもしれないけれどウールジャケット着てからだとちょっと着るのが大変。
HBT作業服ならまあまあOK。

今度のはフードが着かないので雨の日はどうしよう?(笑)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

クルスク大戦車戦

Citadel


やっと読み終わりました。
電車の中とか病院の待合室とか時間が有る所でだけ読んでいたので半年以上掛かってしまった。
クルスク戦を舞台にした架空の小説なのでバルジ大作戦のようなノンフィクションとは違う読み味がある。
全般に良く出来ているけれどちょっと戦闘描写に盛り上がり感が欠ける気がする。
パルチザンの部分をカットしてもっと戦闘シーンを増やしていたらもっと良かったかも。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »