« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

交通博物館

まもなく閉館と言う事で交通博物館へ行ってきました。

秋葉原駅を出て万世橋の方に行くと交通博物館の上に見慣れない電気機関車が。
trafic-2
EF55形だそうです。
見るのは初めてです。
ここにあるという事は動けるんですね。

0系(ひょっとしたら10000系?)とD51の先頭部分がお出迎えです。
trafic-1

今行くと万世橋駅だった頃の遺構の見学会もやっています。(4/28まで)
事前予約も出来るのですがすっかり忘れていて順番待ちに並びました。
30分以上並んで受付の順番が回ってきたので時間を聞いたら14:00と言うのでVショーもあるし泣く泣く断念。

スタンプラリーをやって記念品を貰って帰ることに。
館内は家族連れを中心に人でごった返していてスタンプも順番待ち状態。
小さい子達と一緒に並んでいるとジジイが横から割り込んで来たので注意すると「割り込んでねぇ」とか文句を言う始末。
全く今時のジジイは性質が悪い。
次のスタンプに行き並んでいるとまた同じジジイが僕も前に並んでいる子供たちも無視して割り込むので注意すると「何度もうるせぇなー」だってお前が何度も同じ事をするからだ!!
小さな子供たちがおとなしく並んでいるのにそんな事して恥ずかしくないのか?
スタンプラリーで貰えるのってクリアファイルだぞ。
血相変えて子供を押しのけてまで欲しい物か?
まったく今時のジジイはどうしょうもない。

スタンプを押しながら3階に進むと下の機関車が良く見える。
trafic-4
左のカットモデル状態のSLはドイツ製だそうだ。
説明板によるドイツ・ヘンシェル社製で1912年製造のC+C形マレー式蒸気機関車という事である。
ヘンシェル社というのはドイツ戦車でおなじみのヘンシェル社の事かな?
東海道線の国府津ー沼津間(今の御殿場線区間)で使われていたそうです。
構造が複雑で整備に手間が掛かる(凝り過ぎのドイツ製だからね。ヘンシェルだし)と言う事で10年くらいで東海道線から他の路線に移ったそうです。

3階は航空関係の展示でハー45こと「誉」もあります。
trafic-5
程度は河口湖自動車博物館の方が良かった。
あっちはちょっと整備すれば掛かりそうだった。

とにかく人だらけであまりゆっくり見れないので軽く見て周り、スタンプラリーの記念品を貰ってVショーへ。
外に出ると新幹線とSLの前で記念撮影している家族連れがいっぱいだった。
trafic-3

交通博物館
http://www.kouhaku.or.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (1)

遠すぎた橋

先程スカパーのチャンネルを色々と弄っていたらちょうど「遠すぎた橋」が始まったところでした。

普通のテレビがつまらないから渡りに船で見ています。
それにしてもこの映画は何度見ても面白い
DVDの通常版も特別編も持っているけれどつい見てしまう。

今まであまり気にも留めていなかったシーンが今見ると新たな発見があるんだなこれが。
イギリス第一空挺の通信隊のシーンでは並んでいる無線機をじーっと見てしまいます。
並んでいる無線機は良く分らないけれど多分WS何とか言うんだろうな~とかね。

変に特撮やCGを使ったりしていないので見ていて面白い~

今じゃもうこんな大作は作れないだろうな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発電機修理

第8回ケ号でテビューを図ったんだけど合えなく潰れた発電機を分解してみました。

リコイルスターターが引けなくなった事から焼き付だと言う事は予想が付いたので少しずつ分解していきます。

空冷2サイクル単気筒エンジンなので分解は楽だと思っていたのですが結構複雑なつくりでちょっと難儀しました。
低騒音と言う事なのに吸音材が全く使われていないのにはビックリ。
元々無かったのか外されたのか?

ヘッド一体型シリンダーを外してみるとピストンはボロボロ。
piston
分解する前は磨いて何とか使えないものかと思っていたのだけれどこれじゃーダメだ。

ホンダの農機具取扱店を探して注文しないと~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

M36対戦車自走砲

m36

上の写真はソウルの戦争記念館に展示されている韓国軍のM36です。
本来オープントップなのですが天蓋が取り付けられています。
やっぱり屋根が有った方が良いということでしょうね。

さてこれの砲塔を段ボールで作るとすると防楯がネックになりそうですね。
砲塔自身は単純な形状なので割りと簡単そうなのですが。
それと砲身も長いのでこれを支えられる様にするとなると・・・・とても大変そうです。

M36を作れれば砲自体はM26パーシングと同じ物なので頑張ればM26も作れるかな?

M36よりも形状が簡単なM10の方が作りやすそうでは有りますが。

ノルトさんの所のPAKの砲身だけ流用してマルダー3Hの方が手っ取り早いかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1/2シャーマン?

ちょっと探していたら面白い物に行き当たりました。
http://myideas.50megs.com/photo4.html

ちょっとBGMがうるさいのですがなかなか良く出来ています。
シャーマンも良いけれど下の方にある軽戦車の方が良いかな?

8輪だから2/3プーマも良いかも?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

コダック35 その6

film-1
フィルムのケースコレクションです。
普通ならば現像に出すので手元には残りませんが、これらのケースはフィルムが切れた為にカメラから取り出された物です。
腹いせにフィルムを引き出して千切ったのでケースだけ手元に残ったと言うわけです。

コニカは練習用に入れたら2度程でずたずたになりました。
前にお見せしましたフィルムがそれです。

フジのNEOPANはリエナクトの時にカメラに入れていたのですが6・7毎撮ったところで切れちゃいました。
割と良い感じだったのにな。

AGFAはNEOPANが切れたので代わりに装填したんだけど最初の巻上げからずるずるでシャッターチャージさえ出来ませんでした。

この3本の中ではAGFAが一番弱かったですね。

入れるフィルムのほとんどが切れたのではちょっと困るので売ってくれた人に送り返して調整してもらいました。
この方が言うには「別に切れたりしないんですけどね~」と言う話でした。
暫くして送り返して貰ったら少し軽くなっていました。
その時に入っていたフィルムがこれです。
film-3
「Kodak Plus-X pan」と言う物です。
35mmの白黒フィルムみたいです。
もう感光しているので撮影は出来ないのですが巻き上げの練習用に入れてくれた物です。
確かにこのフィルムだと切れる事はありません。
さすがに何回も使っているとパーフォレーションが所々切れます。

このフィルムですが今まで切れていた一般用フイルムに比べてちょっと厚くて強いです。
どれ位厚いかはマイクロメーターでも使わないと分らないのですが確実に厚いです。

この「kodak plus-x pan」ですが近くのキタムラには置いてないです。
コダックのHPで調べたらもう無いみたいで「プロフェッショナル プラス-X125 」という物に変わっているようです。
別にこのフィルムでも良いのですが薄くなっていたりしたら切れるかもしれないし困るな~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Lady Be Good

知っている人は知っている第二次大戦中のミステリーであるB24のLady Be Good号のお話。

最初にこのミステリーの話を読んだのは小学校の図書館に在った世界のミステリーに関する本だったと思います。
この本にはバミューダ海域で消えたアベンジャーや各種船舶等の消息不明事件に関する内容が載っていました。

その内容は
Lady Be Good号は1943年4月にリビアの基地からイタリア爆撃に飛び立ちました。
Lady Be Good号は初出撃で航法など不慣れなために先導機に付いて行ったのですが先導機がエンジン不調の為先に帰ってしまい、なんとかイタリアまで行き帰途に着いたのですがそのまま行方不明となってしまいました。

Lady Be Good号が行方不明になって16年後の1959年にサハラ砂漠で不時着した状態のLady Be Good号が発見されました。
発見された位置は出撃したイタリアとは正反対の内陸部で出撃した基地から400マイル以上も離れていたのです。
発見された機体はほぼ完全な状態で機内には食料や水・コーヒーなどがそのまま残されていましたが周囲に乗員の遺体は無く乗員はどこに消えてしまったのだろう?
またイタリアに行ったはずなのになんでこんな所にいたのか?と言う内容でした。

まぁ話としてはバミューダ海域で誰も乗っていない幽霊船が見つかった的な話でした。
この本にはこれ以上書かれていなかったのでこの先どうなったのか知らなかったのですが数年前にこの話の続きが書かれている本を偶然見つけて読んだところ驚くべき事に全然ミステリーではなかったのです。

まともな航法も出来なかったLady Be Good号はウロウロしている内に夜になってしまい海と砂漠の区別もつかないまま基地を飛び越えて遥か先のサハラ砂漠まで行ってしまったのでした。
燃料の切れる前に乗員はパラシュートで脱出しましたが、Lady Be Good号はそのまま無人で飛び続け偶然にも不時着したような形で墜落したのです。

周囲を捜索した結果、乗員の遺体や遺品が墜落現場から北の方で発見されその中に出来事を記録した日記も見つかり経緯が判明したと言うわけです。

乗員が発見されて経緯が公開されたのは機体が見つかってから1年後の1960年と言う事なので小学校で僕が読んだ本が書かれた時には既に顛末も知っていた筈なのミステリーとするためにあえて書かなかったんではないか?と疑っていたりして。

下のリンクページにLady Be Good号の発見時の写真がありますが二つに折れちゃっていて「ほぼ完全な状態」と言うには難しいと言う気もするし。

9名の乗員に黙祷。

Lady Be Good号遭難事件について詳しいページ(英文)
http://www.qmfound.com/lady_be_good_b-24_bomber_recovery.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆきかぜ

昨日はなんだか全く書き込めなかった・・・・・

地球防衛軍日本艦隊所属宇宙駆逐艦ゆきかぜ
yukikaze

ガミラスの駆逐艦に続いて出て来た「ゆきかぜ」です。
宇宙戦艦ヤマトの第1話の冥王星会戦と第6話にちょこっと出てきます。
古代進の兄の古代守の乗艦です。

武装は
 ミサイル発射管X3基
 パルスレーザー砲X6門
とガミラスの駆逐艦に比べてかなりの軽武装です。

おまけにミサイルも砲も発射方向が規制されています。
まあミサイルは前方に発射しても後方に誘導すれば良いんだけどパルスレーザーが側面のみと言うのはかなり厳しそうだ。

冥王星会戦の様子を見るとパルスレーザーはガミラス艦に弾かれていたのでかなり出力が低いらしい。
しかしミサイルは結構威力があるみたいで古代(兄)がガミラス艦を撃破していた。
艦の外観から推測するとこのミサイルは口径こそ大きいものの全長が短いように思える。
全長が短いと言う事は射程が短いのだろう。
だから肉薄しないと当たらないのではないだろうか。
また、搭載弾数もあまり多くは無さそうだ。
せいぜい4斉射分の12発程度が良い所と思われる。

それからこの艦は小型の駆逐艦だけあって航続距離が短いらしく下部に補助燃料タンクを付けている。
戦闘が始まったら切り離すのだと思うがかなり危険な気がする。
可燃性の物質ではないのだろうか?
それとも宇宙空間は酸素が無いから可燃性物質でも燃えないのだろうか?

この艦の正式名称は宇宙船間ヤマト発信!!によれば「M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦」となっています。
第6話でタイタンの氷原に凍り付いているこの艦には「ゆきかぜ」とひらがな書いてあるので、この艦は雪風型一番艦の「ゆきかぜ」であるはずです。

雪風型なのにM-21881式と着くのは何ゆえ?
思うにM-21881と言う共通タイプがあって日本式に合わせたり、何がしかの改良を施したタイプを雪風型といっているのではないだろうか。
従ってアメリカ艦隊にはM-21881式フレッチャー型と言うのも在るのではなかろうか。

それから色々見ていると「ミサイル艦17号」と言う表記も見掛けます。
雪風型宇宙突撃駆逐艦の17番目の艦がネームシップというのも変なのでこの17号艦というのはコールサインではないでしょうか?
日本的には「ゆきかぜ」でもOKだけど地球艦隊とした場合に意味の分らない「YUKIKAZE」よりも「MISSILE SHIP 17」の方が区別し易いからだと思うんだけど。

違うかな~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

M1919A4

先日のリエナクトで見たBookさんのM1919良いですね。
M1919-2


発砲すると右側のコッキングレバーが前後するところがリアルですね~
トライポッドも含めてフルスクラッチと言うのが一番凄い所です

振り返って我がM1919はと言うと半年くらいこのまま(^_^;)
M1919-1

グリップにマルイのM16を流用したのでそのままだと角度が浅すぎるかな?
一応中に電動ユニットは組み込んであるのだけれどバッテリー位置や給弾機構は検討中と言う名の放棄中か?
早めに完成させたいのだけどいつになるか・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »