« うーん | トップページ | ポップンミュージック »

コダック35 その5

フラッシュバルブが入手できたのでテストしてみました。

バルブを付けるとこんな感じ。
flash-9

ドキドキしながら発光テストをしてみると不発・・・・
テスターで接点を確認してみるとOKなので電池を交換して再度テスト。
バシュ・ピカッ!
おー光った。
単2電池2本でOKみたいです。

発光したバルブはスッゴク熱いのですがエジェクトボタンをが有るのでポイッと楽々排出。
冷えてから手に取ってみると表面のガラスに無数のひびが入っています。
flash-10
右が使用前、左が使用後。
発光後は中に砂のような物体が残っています。

今度はフィルムを入れて撮影してみようっと。

|

« うーん | トップページ | ポップンミュージック »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

本当にプリントゴッコの電球そっくりですね。良いな~これで夜間の撮影が出来るじゃないですか。私の場合は、どうしよう当時どうしていたのかな?

投稿: アルバート | 2006/02/08 23時41分

プリントゴッコの電球ですか。
確かにそっくりですね。
でも特性が分らないので使えるのかな~?

フラッシュ用の接点はありますか?
あれば使えると思います。

コダックの場合専用接点なので純正品を購入しましたがドイツカメラならニコン用とかが使えるのでないでしょうか?

投稿: レアン | 2006/02/09 00時04分

なるほど、バルブは使い捨てなのですか。
大昔のドリ○でボンッ!と黒焦げになる志村を思い出しました。
これで当時の記録写真みたいな写真をバシバシ撮ってください。

投稿: Book | 2006/02/09 00時11分

ドリフのコントで使われるのはマグネシウムの粉末を燃やすタイプのフラッシュですかね~

正直なところフラッシュバルブが割れるんじゃないかと思って奥様に遠く離れた所からフラッシュを見てもらってました。

全然大丈夫でしたが(苦笑)

投稿: レアン | 2006/02/10 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コダック35 その5:

« うーん | トップページ | ポップンミュージック »