« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

コダック35 その3

本日届き物が~

これです。
flash-1
コダックの汎用フラッシュホルダーです。
50年代の物だそうです。

中身はこのようになってます。
flash-2
フラッシュホルダーとブラケットです。

この他に取り説とおまけのコダガイドがあります。
flash-3
コダガイドというのは露出とシャッター速度の早見表ですね。
室外と室内用があります。
ガイドされているフィルムが何なのか良く分らないのですがコダクロームで良いのかな?
flash-4

コダック35に取り付けるとこうなります。
flash-5
なかなか重厚になったかな?
ホルダーを掴めるので持ち易くはなりました。
それがこのフラッシュホルダーを買った狙いだったのですが。

ホルダー部を外すと中から電池が出てきます。
flash-6

出て来た電池は「EVEREADY」の単二型電池で「NINE LIVES」、「LEAK PROOF」、「FLASHLIGHT BATTERY」と書かれています。
flash-7
電圧を計ったら1.44Vでした。
この電池がただの単二電池だったらこの電圧でも良いんですが果たして3Vでフラッシュを光らせる事が出来るのか?
うーむ謎だ。
取り説には「サイズCのフォトフラッシュバッテリーを入れろ」とあるだけで電圧までは書いていないです。
もし知っている人がいたら教えてください。

フラッシュを使う時のカメラ側の設定はここだけみたいです。
flash-8

しかしこれは巻き上げノブだし機械的にも電気的にも他とつながっていないみたいだし????
取り合えず「コダクローム デイライト タイプA」に合わせてみました。
これで良いのか?


後はフラッシュバルブか~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

男たちの大和

絶対に見るべき!

DVDなど待たずに是非映画館で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦国自衛隊 関が原の戦い

最近まで知らなかったけど1/31日より日本テレビで「戦国自衛隊 関が原の戦い」が始まるそうです。
1/31と2/7の2部構成みたいですね。

舞台が関が原と言う事で「続 戦国自衛隊」みたいな話を期待しそうですが、あの内容では自衛隊がヤキマに行った時に米軍と共に撮影しない限りできそうに無いので今回はどんな展開になるんでしょうか?
主役は伊庭二尉ですから原作より1階級上がってます。

「戦国自衛隊」にはあって「戦国自衛隊 1549」には無かった武者たちを蹂躙するAFVというシーンが見たいな~
ギャラリーを見ると武者達の上を舞うUH-1Hの写真があるのでかなり期待?

サトエリも出てるしわくわく~

でも小早川秀秋が藤原竜也さんと言う事なのですがちょっと良すぎじゃない?


戦国自衛隊 関が原の戦い
http://www.ntv.co.jp/sengoku/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マッキノーコート

マッキノーコートのベルトが届きました。
makinow-1

ちょっと色調が違うけどまぁ良いや。
makinow-2

あとボタンを何とかすればコンプリートだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コダック35 その2

雪の中コダック35で写真を撮ってみました。
snow-3

今回フィルム自体は切れませんでしたがパーフォレーションは切れちゃいました。
カメラ屋さんがテープで補修してくれたのでプリントは出来たのですがインデックスプリントは駄目だった様です。
フィルムの巻き戻しは難しいな~
練習しないと。

写真はちょっとソフトフォーカス気味だけど露出オーバー気味なのかな?

上記写真以外は諸般の事情によりお見せ出来ません(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山に異変?

ちょっと前の週間ポストに富士山に各種の異変が起きていると言う様な記事が出てました。
サブタイトルが「何かが起こると地元民が怯える富士山の異様写真」となってましてどうも今年は雪がほとんど無いので取り上げたようです。

確かに正月くらいまでは雪が少なかったですね。
でもそれは雨が降らなかったからです。
新潟とかは大雪だったようですがこっちはカラカラで月間最低降水量を記録したくらいですから雨も雪も無かったわけです。
それに少しくらい降っても風で吹き飛ばされたり南面は日当たりが良いので融けちゃったりするわけですね。

この前の土曜日(1/21)に雪がかなり降ったようで日曜日に姿を現しました。
fuji-3

低気圧が抜けて気圧配置が西高東低になったので強い西風が吹いていて既に富士山の雪が飛んでます。
この富士山の上半分の雲見たいのはほとんどが巻き上げられた雪です。

で今日になると
fuji-4jpg
既に一部では地肌が見え掛けてます。
このまま雨が降らないとまた元の雪無し富士山ですね。

雪が無くても何か天変地異とかではなくて普通の気象現象なんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スノードライブ

今日は関東でも雪で結構積もったみたいですね。
横浜で11センチとか。
僕の住んでいる辺りは期待に反して雨でしたけれど。

でもちょっと用事があったので山中湖方面に行ってきました。
平野部は雨とは言え山間部は雪でした。
snow0601

雪道はやっぱりちょっと怖いですね~
特に左カーブは曲がりきれないと反対車線に出てしまうのでちょっと緊張。
それに道に雪が積もってしまうと道路とその他の境が分らなくなってしまうのは困り物です。
北海道とか雪国だとここまでが道だよ表示があって助かるんですけど富士五湖辺りだとそんな表示も無くつい中央よりを走っちゃいます。

そういえば山中湖が22年ぶりに完全結氷したとのニュースが流れてましたので見て来ました。
yamanakako0601
もう暗くなって来ていたので良く見えませんでしたが凍っている事は凍っているようですね。
まだ厚みが足りないらしくて立ち入り禁止になっていました。

昔は冬の山中湖は氷に穴を開けてわかさぎ釣りが名物だったんですがやっぱり温暖化かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィルムが~・・・・

コダック35の試し撮りにあちらこちらと出歩いて写真を撮ってきました。

撮り終わってフィルムを巻き戻しているとギッ・ギッ・スーっと突然軽くなってしまった。
後は幾ら巻き戻しノブを回してもスルスルと回ってしまう。

カメラ屋さんに持ち込んで切れたらしい事を説明すると店長さんが暗箱の中でゴソゴソとやってくれた。
「どうなってんだろ?」と言いながらゴソゴソやっていたら「切れてますねー」と。
「パーフォレーションが無くなってます」とも。
 (パーフォレーションとはフィルムの上下の四角いフィルム送り用の穴の事です)
仕方が無いのでそのまま現像とプリントをお願いしました。
(店長さんどうもありがとうございました。)

で上がって来た結果がこれです。
film
見事に切れてます。(泣)
ダメになっていたのはちょうど公園にいた猫ちゃん達を撮った辺りでした。
残念。

肝心の写り具合ですがちょっとオーバー気味だったようです。
設定はASA400フィルムで絞りが8、シャッター速度が1/200でしたが、絞りを11か16に設定した方が良かったみたいです。
(アメリカ製カメラなのでASAと言わせて~)
曇り空だったのでちょっと明るめに写るようにしていたのが失敗だったかな。
意外と明るかったみたい。

作例-1 水門
35-1

作例-2 港
35-2

作例-3 アヒル?
35-3

空やアヒルの体のような白いところが飛んでますね。
それから横の線はフィルムの傷です。

デジカメでも一緒に撮れば比較出来て良かったのに忘れてた~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

カメラ

camera
左がコダック35で右がEOS-3です。

どちらも銀塩カメラです。
コダック35が1948年製でEOS-3は2002年位だったかな。
同じ35mmフィルムに写真を写す機械ですが操作は随分違います。

EOS-3はカメラを向けるだけで取れる完全自動式。
撮影者の視線を読み取ってピントを合わせてくれる機能もある。

対してコダック35のピント合わせは手動のレンジファインダー式で、ファインダーとは違う窓を覗いてピントを合わせてからファインダーを覗いて写真を撮るという観光地の記念写真並に手間が掛かる。
絞りやシャッター速度も手動でどうしようか悩んでしまう。
幸いな事にヴェーバーさんが絞りとシャッター速度を教えてくれたので試してみよう。

良い写真が撮れると良いなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪!

snow

夜空ですが星座じゃありません。
雪です。

夜になって再びどかっと降って来たのですが
暫くするとピタッと止んでしまいました。
降ったり止んだりして何だかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬のM1ガーランド

最近スモーキーズのM1ガーランドについて書いてませんでしたが理由は書くネタが無かったからです。
M1-2

9月頃に再びインパクトプレートが折れて修理に出したら形状変更されて帰ってきました。
それ以来壊れる事も無くただトリガーが重いだけの普通のガスガンになって書く事も無くなったわけです。

今日は気温が低く雪もちらつく絶好(?)の日和なので初速を測ってみました。

外気温は1℃(2km程離れたアメダス観測点のデータなのでそれほど差は無いでしょう)
各マガジンに5秒ほどガスを注入して弾を入れ、銃本体と共に1時間以上外に放置。
発射間隔は1~2秒。

測定結果はこの通り。
calc-1
単位はm/sec

さすがに気温が低いから初速は低め。
マガジン間のばらつきが大きいけどこれはマガジンのガス残量が違うからだと思う。
ガスを空にしてから入れれば良かった。
入れたガスの量が少なかったからか生ガスを噴いたりはしなかったがマガジンは噴きそうな音はしていた。
ガスの噴射量が多い様だ。

飛距離は30m以上は飛ぶ。

意外と冬場でも使えるのかな?

因みにマルイのPSG-1も同様にテストしてみたが初速は平均95m/s前後。
流石に電動ガンだ。
ただ寒さでバッテリーが弱っているらしくトリガーを引いてもピストンを発射ポジションに持って行けない事が多かった。
普通の電動ガンならば問題ないかもしれないが特殊な機構のPSG-1には寒さは敵かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪の思い出

僕が住んでいる辺ではほとんど雪が降らないので無責任に「雪が積もらないかな~」などと思ってますが日本海側は大雪で大変な事になっているようで何と言って良いのやら・・・・・

秋田新幹線など鉄道が線路の除雪が間に合わなくて運休していたり、雪の重みで建物が潰れたり本当に大変な事で心からお見舞い申し上げます。


除雪が間に合わないと言う事態には一度巻き込まれた事があります。

5年位前にちょっとした用事があって1人で山梨県の忍野に行ったのですが御殿場辺りから雪が降っていて前途多難な感じでしたが一応万全な雪対策をしてあったので出掛けました。
snow-2

東富士五湖道路はチェーン規制されていたもののたいした積雪量でもなく無事走り抜けた。
さすがに篭坂トンネルを抜けたら雪の量がぐんと増えていたけど。
有料道路を出て目的地に行く交差点を曲がったはずが雪で景色を見間違えたらしくとんでもない所に行ってしまい目的地まで物凄く大回りしてしまった。

12時頃用事を済ませて停めてあった車に戻ると30cm位雪が積もっていた。
雪を降さないととても走れそうにないので雪まみれになって雪を降ろして走り出す。

林を抜けて開けた所に出ると一面真っ白でどこが道だか分らない。
慎重に路面を見て道を選んで走る。
東富士五湖道路のインターに辿りついたが東富士五湖道路が全面閉鎖で追い返されてしまった。

さて困った。
ここがこの状態ではとてもR138の篭坂峠は抜けられないかもしれない。
こうなったら遠回りでも朝霧を回った方が確実かもしれないと思いR138を富士吉田方面に走り出す。
(この判断は良かったのか悪かったのか今でも不明)
この時点で13時。

走り出したもののとてつもない降雪量だ。

忍野の辺のR138は交通量も少なく割合スムーズに進めたが富士吉田に入ると途端に進まなくなった。
時速2~3Km/h程度だ。
どうやら交差点などで大型車が擦れ違えなくなって道路を塞いでいる様だ。

16時頃にやっと富士吉田のすかいらーくの辺に来たがとても駐車場に車を停められる状態ではないので断念して進む。
2Km位進むとコンビニがあって駐車場も除雪されていたので入ってトイレと買い物を済ませる。
こんな状況でも女子高生は短いスカートの制服姿で歩いている。
つわものだな~。

再び走り出すが少し進んだら進まなくなってしまった。
場所はR139の河口湖大橋へ行く道と交差点を過ぎた辺りだ。
進むペースががくんと落ちてほとんど進まない。
この辺りは左右にホテルが有るので泊まって行っても良い気もしたがここを過ぎればスムーズに進む気がしたので泊まるのは止めて進む事にした。
(今思えば泊まった方が絶対に良かった。暖かい部屋でTVも見れたのに)

20時頃に勝山の交差点に来たが全く進まなくなった。
様子を見に行ったら更に前方でトラックがスタックして道を塞いでいるらしい。
ここに来るまでも坂を登れなくなったトラックによって道が塞がれていたのだが今度は完全に塞がっていて進めないようだ。
(後日ここを通ってみたが嘘の様に平らで登れなくなった車があんなにいたとは信じられなくらい平らだった)
ここで携帯のバッテリーが切れた。
PHSはバッテリーが十分だがこの先圏外が続くので持っていても意味は無い。

考えた挙句河口湖畔を抜けていくルートを行く事にした。
交差点を右折してみると国道の積雪が嘘のように除雪されている。
除雪は自分達の生活道から行われるらしい。
こんな事なら最初から河口湖畔を進むべきだった
既に21時を越えている。

迂回して再びR139に戻ると積雪量は増えるものの交通量はガクンと減っていた。
21時半ごろ鳴沢の道の駅に着く。
奥側に「富士眺望の湯 ゆらり」があるのを思い出し行ってみたが閉店時間が近いらしいので行くのは止めた。
少し走って開拓道路の入り口に来たが積雪量が半端ではなくもし何かあったら非常にまずい事態になりそうなのでこのままR139を進む。

22時過ぎに精進湖までもう少しと言う所で再び止まってしまった。
雪は止んでいたが積雪量が多過ぎ、道が1車線になっていて大型車が擦れ違えなくなっていたのだ。
車を降りて周囲の人達と協力して除雪し道幅を拡げて擦れ違えるようにした。
ここで1時間ほど掛かってしまい精進湖の入り口に来た時は23時ごろだった。
精進湖の入り口の辺に「通行止め」と表示が出ていたがここからなのかどこからなのか分らないのでそのまま進んだ。

ここから先は雪は多いが車は少なくスムーズに本栖湖入り口まで来た。
既に日付は翌日の日曜日になっている。
後は朝霧までの上り坂を登ってしまえば家まで1時間も掛からないはず。
ところが全然進まない。
車を降りて様子を見に行く。
外は晴れて満天の星空だ。
1Kmほど進むと複数のトラックが坂を登れず複雑な形で道を塞いでいる。
車どころか人も通れない位にぐちゃぐちゃに交差してスタックしている。

頑張ってここまで来たがもう当分進めそうに無い。
あれだけの台数を片付けるには数時間は掛かりそうだ。
諦めて車を本栖湖入り口の自動販売機が有る辺りに下げて寝る事にした。
こんな事なら河口湖の辺のホテルにでも入るんだった。

ぼーっとラジオを聴いていると見たことあるヤツと車が隣に停まっていた。
声を掛けるとスキーに行ったが中央高速が通行止めで進めず戻って来たがR52も各所で大渋滞で進めないのでR300を必死の思いで上って来たとの事。
この先進めない事を説明するとがっくりしていた。

寝て起きると朝6時ごろだった。
エンジンは止めていたがそれほど寒くは無かった。
ちょうどその頃かなり前方で動きがあった。
道が開けたのかもしれないのでエンジンを掛ける。
燃料の軽油が寒冷地仕様ではなかったのでちょっと心配だったが無事に掛かった。

暫くすると車列が動き出した。
この後この渋滞から抜けるのに1時間以上掛かかった。
この時FMラジオを聴いていたらまだブレイクする前の小池栄子さんがDJの番組を放送していた。
内容は良く覚えていないけど確か「特に親しくも無い男友達が最近売れて来たら俺のお陰みたいな態度を取っているのが気に入らない」とかなんとかだったかな。

結局家に着いたのは11時を過ぎた頃だった。
家を出てから戻るまで24時間以上掛かってしまった。

この日は山梨県を中心に本当に大雪だったらしく昼過ぎに大雪警報が出ていたようです。
甲府の24時間降雪量45センチは観測史上最高を更新したそうです。
富士五湖方面から出るにはどの方向にも峠を越える必要があるので無理にジタバタしないで温泉でも浸かってゆっくりする覚悟を決めた方が良いようです。


ちょうどその時の日記を書いてあるHPを見つけました。
http://homepage3.nifty.com/kajitu/nissi/0101.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪ー!

朝から寒いなーと思っていたら雪が降ってきました。

僕が住んでいる辺りだと雪は年に何回かでとても珍しいのでちょっと嬉しい。
snow

木や土の地面は真っ白~
残念と言うか良かったと言うのか道に積もるまでは振りませんでした。
個人的にはスタッドレスタイヤにチェーンも持っていてスノーワイパーを着けている雪国使用なのでちょっと位の雪なら平気なんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年あけまして

おめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

g-destroyer
意味も無くガミラスの駆逐艦です。
アニメの中ではあまり使ってないけど側面や底面にも砲が有ってかなり重武装艦。

説明によると武装は
 メインビーム12門
 サイドビーム12門
 ミサイル4門
となってます。

各方向の攻撃力は
 前方9門+ミサイル4門 後方9門
 左右方向各9門
 上下方向無し(サイドビームの砲塔が回転するとすれば上下各6門)
 艦橋後方の煙突みたいな物は対空ミサイル用VLSか?
意外と均等な攻撃力

前方に2個ある目のような部分は星間物質の収集口だろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »