« ロシア潜水艇浮上! | トップページ | 東京港クルーズ »

BC-1000

え~お久しぶりです。

前に書いてから10日程経ってしまいましたがその間何をしていたかと言うと「信長の野望」を朝も昼も晩もやってました。
折角の夏休みをゲームで潰していたわけで・・・・・・(汗)

でタイトルのBC-1000ですが何かと言うと米軍のWW2無線機です。
BC-1000
プライベートライアンの冒頭で後方に上陸失敗を伝えようとしてした時に使われていた無線機です。
通称「ウォーキー・トーキー」
コンバットでよく使われているのはBC-611で、通称「ハンディ・トーキー」です。

BC-1000の用途は小・中・大隊間の連絡用です。
スペックは
 出力-0.3W
 周波数-40~48MHz
 変調-FM
となっています。
出力が小さいのは電波が飛び過ぎて相手側に伝わらないようにするためです。

今回入手したのは戦後イタリア軍で使われていた物です。
外観は綺麗です。
オリジナルの米軍の物は普通に塗装されていますがこれは艶消し塗装で表面はザラザラしています。
スイッチ類の表示はイタリア語で良く分かりませんが、MICROはマイクかなって感じです。

一応フルセットで入手したので名称はSCR-300ですね。
各ハーネスをセットして背負ってみると結構しっくりきます。
本来の重たいバッテリーも入ってないので別に歩くのに不自由も無いです。
ただアンテナに手が届かないので角度を変える時は他の誰かにやってもらう必要があります。
他に無線機自体が大きいのであまり装備品を付ける事が出来ません。
せいぜいピストルホルスターと水筒くらいかな。
もっとも小隊以上で使う物なのでそんなに心配する事も無いのかな。

ちゃんとアマチュア無線で運用したいので周波数を変更する必要があります。
当初は気楽に変えられる思っていたのですがこれが中身を見るとかなり難しそう。
マニュアルも付けて貰ったので(信長の野望の合間に)回路図と睨めっこしたけど真空管の動作が良く分からなくて何がなにやら・・・・
トランジスタなら習った事が有るけど真空管の動作は教わった事ないしさっぱり分からない~。

なんとか動かしたいけど前途多難だなー

動作チェック等は今後アップ予定。

8/20追記
出力が0.8Wとなっていましたが0.3Wの間違いでした。
他の無線機とゴッチャになったかな?

|

« ロシア潜水艇浮上! | トップページ | 東京港クルーズ »

GUN & ミリタリー」カテゴリの記事

コメント

ゲームは時間を食潰す悪魔です。あなたは取り憑かれている!
過度のミリタリー趣味はお金を食潰す悪魔です。あなたは狂ってる!

・・・いや、良い物を見せていただきありがとうございました。

投稿: Flitz | 2005/08/19 00時50分

ゲームは取り憑かれていると言われても仕方ないけど、過度のミリタリー趣味に取り憑かれている一因はYouにもありませんか?(苦笑)

このまま動かないとただの飾りにしかならないので何とかしなくては。

投稿: レアン | 2005/08/19 18時32分

BC-1000のバッテリーはどうしてますか?
当方電源がなく自作の方法ありますか?
宜しくお願いします。

投稿: ゆーちゃん | 2016/10/18 00時00分

ゆーちゃんさん

コメントありがとうございます。
ご質問のBC-1000の電源ですが僕はebayで調達しました。

http://www.ebay.com/itm/POWER-SUPPLY-UNIT-for-BC-1000-SCR-300-Radio-Military-/162242544462?hash=item25c668c34e:g:4VcAAOSw0vBUlazh

このユニットの電源は6Vバッテリーです。

自作は昇圧回路を考えるか9V電池を繋げる事で出来ると思いますが面倒なのでebayで調達しました。

投稿: レアン | 2016/10/19 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BC-1000:

« ロシア潜水艇浮上! | トップページ | 東京港クルーズ »