« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

人穴

河口湖自動車博物館の帰りに富士宮の人穴に寄ってきました。

小学生位の時に一度行った覚えがあるのですがそれから行っていません。
その時の記憶はもう曖昧で入り口が階段になっていた位しか覚えていないのです。
場所はナビで位置を特定できたのでそこまでは直ぐに辿り着けました。

元々の帰り道から数百メートルしか離れてなかったです。
手前から入れそうだったけど案内板も見たかったので鳥居をくぐって駐車場へ。
階段の上り口に赤い鳥居があって上に続いています。

さっきも鳥居があったけどここは人穴浅間神社の社域なんですね。
洞窟がどこにあるか分からないけどとりあえず社殿まで。
たまに城跡を見学に行くのですが城跡は神社やお寺になっていたりするのでこういう場合は必ず挨拶する様にしていますのでこの時も同様にご挨拶。
ついでにお金が貯まるようにもお願い(^_^;)

洞窟の入り口は社殿の右側にあります。
cave

石段はかなり急傾斜です。
入り口辺りに照明があるのですが光量が足りないみたいです。
持ってきたミニマグライトを点灯させて中に入ってみると真っ暗
目が慣れていないせいもあってミニマグ位じゃ全く見えません。
中はかなり寒くて水が流れる音がしますが周囲は全く分からず。
ミニマグの微かな明かりで足元を見ると歩く所はコンクリートで固めてあるみたいです。
子供の時来た時はただの洞窟だったような気がするのですが整備された?

5m位進んだ所に何か祭ってあるのでここにもご挨拶します。
目が慣れると左側に奥に行く道がありますが1人だし持っているライトが役立たずなので帰る事にしました。
奥への道には一応照明がありますが暗いです。
洞窟が狭いので強力なライトを持って行った方が良いでしょう。
案内板によれば奥行きはたったの90m。

戻って洞窟を出るとカップルが覗いてました。
二人なら楽しめるかな?(^_^;)
お二人に「中暗いですよ」と言って石段を上がったのです。
そういえば帰りの挨拶忘れた!
駐車場に着いて隣の車を見るとさっきのカップルは埼玉から来たようでした。
遠くからご苦労様です。


富士山周辺には色々と洞窟があるのであちらこちらの観光地化された風穴やら氷穴に行った事がありますがここは観光地化されていなくて閑散としてますね。
でも他の観光洞窟と同様に普通の格好で入れるからまだ良いです。
富士風穴や本栖風穴などの青木が原樹海内にある洞窟は本格的にケービングの用意でもしていかないととても入れなさそうです。というか危険なので用意万端で無い場合は止めましょう。


人穴付近は社域なのでゴミを捨てたりむやみに騒いだりしないようにしましょう。
それからあらぬ事で騒ぎ立てると神罰が下りますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

零式艦上戦闘機 弐

zeak
昨日の今日ですが行ってきました。

今年もメインは21型でした。
外からは分からないのですがコックビット内の修復が一層進んだそうです。
直接見れないのが残念。

新しく加わったのが52型です。
zeak-2
去年はこんな状態だったので
zeak-4

修復進んだなーと思ったら別の機体でした。
ぼろぼろのは21型だそうです。
マリアナ海戦の時に空母大鳳から飛び立ってヤップ島(だったかな?)に降りた機体だそうです。

こいつは今年もこんな状態
zeak-3
ちょっと可愛そうな気もしますがこのままでとの要望が多かったのでと書いてありました。

因みに靖国神社の遊就館に随分立派なゼロ戦が置いてありますがあの機体はハラダコレクションの復元1号機だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

零式艦上戦闘機

0
この写真は昨年の物です。

撮影した場所は「河口湖自動車博物館」です。
正確には河口湖自動車博物館の別館と言うか横の倉庫です。
外から見るとただの倉庫なのでここで良いのかなと恐る恐る入ってみるとドーンと21型が鎮座しています。

最初は飛ばす気になれば飛ばす事も出来るゼロ戦があるって話で行ってみたのですがゼロ戦どころか1式陸攻の胴体があったり色々とあります。
betty
この胴体ですがたぶん1/3くらいなのですがとても巨大です。
完全体ならそれはもう大きいのでしょうね。
室内にあるせいかお台場に在った2式大艇よりも大きく感じました。

壁際には各種のエンジンが置いてあります。
一番見れて良かったと思ったのは「彗星」のエンジンである「熱田」です。
同じく水冷の「飛燕」のエンジン「ハー40」は今は無き京都嵐山美術館で見たのですがこっちの方がとても程度が良かったです。
atuta
熱田とハ-40ですが同じDB-601をベースにしながら別々のエンジンなのが不思議。
同じ様なエンジンを陸海軍で別々に作っている余裕など無かっただろうに。

反対側にはばらした「栄」エンジンが置いてあるんだけど僕のバイクのエンジンより綺麗だぞ(苦笑)

帰りに復元には使えないというゼロ戦の廃材をいただいてきました。
とても綺麗な若竹色でとても60年前の物とは思えません。


色々と楽しい河口湖自動車博物館の別館ですが公開しているのは毎年8月のみ
今年はもう1週間も無いので見てみたい人は急いで行こう!!

注意:
館内の撮影は出来ます。ただ人間目には良いのですがカメラにはとても暗いです。
館内では三脚は使えないので高感度フィルムか高光量のストロボが必要です。

    
ハラダ コレクション 河口湖自動車博物館
http://www1.big.or.jp/~atmuseum/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

M1ガーランド

無事にマルシンガーランドが発売されて10日ほど経ちましたね。

僕は買っていないので何とも申し上げられませんが
 ・ストックがM1カービン並みに黒い。
 ・クリップが飛ばない。
 ・ボルトストップが掛からない。
 ・弾があらぬ方向に飛ぶ。
等々マルシンらしさ全開の話が色々と伝わって来ますね。
でも皆さん大人で冷静な対応なのは流石です。

確認したのはストックの色だけですが確かに黒い!
5種類も見本を用意したと言うのに結局いつもの黒い物が採用されてるのはどういう事だ?


さて持っていない物をどうこう言っても仕方がないのでスモーキーズガーランドの話です。
また壊れました。
どうもインパクトプレートが弱いらしくあっさり折れます。
で修理に出したわけですが月曜に出して木曜に戻ってくると言う相変わらずの対応の早さ。
日曜にゲームに使って壊れても次の日曜のゲームにも使えると言う高速修理サイクル。(苦笑)

肝心のインパクトプレートですが形状変更がなされたようです。
多少は耐久性が上がったのかも知れないので暫く様子を見ることにします。

それから4つあるマガジンの内1本が生ガスを噴く物があったのでその事を伝えたら「ガスを入れ過ぎです」って。
他の3本は同じように入れても平気なのにな。
とりあえず12発しか入らないのでガスは少なめにしてみます。

最後にマガジンのロアープレートとフォロワーが異常に錆び易いのです。
この前なんか夜中の1時に真鍮ブラシで一生懸命磨いていたんですが、錆び難い材質に変わったと言う事で一安心です。

ところで~スモーキーズガーランドの定価が¥59,800になってる!!!!!!!

なんじゃそりゃーーーーー・・・・・・
10万返せーー
BC-1000の代金が出るじゃないかーーーーーー


えっ?BC-1000ですか?
今川幕府に逆らう北条家と伊達家と南部家がうるさいので撃退に忙しくて・・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総合火力演習(夜間)

友人が夜間の総合火力演習のチケットが有ると言うので連れて行ってもらいました。

駐車場に付いた辺りからポツポツと雨が降ってきました。
スタンドに座って(夜間はスタンド席のみでした)雑談をしていると雨が強く振り出して風も強くなって暴風雨です。
僕はバイク用のカッパを持って行ったので何とかしのげましたがそれでも傘が無いととても大変な位でした。
カッパも使い込んでいるので股の辺から少しづつ染み込んで来てちょっと冷たい。
軍装品に無駄遣いしていないでカッパを新調しないと・・・・

このまま演習が始まったらやだなと思っていたのですが始まる10分位前には雨が止みました。
雨が止んだのでやっと飲み物を取り出し一息入れたら演習が始まりました。

着いた時はどこに何がいるか見えたのですが始まる頃は真っ暗闇でどこに何が居るのか分かりません。
各車両・グループがマーカーライトを点けてくれているのでかろうじてどこに居るのか分かるくらい真っ暗です。

まず最初に暗視装置による射撃から始まりました。
暗闇の中を90式戦車と89式(?)が走り抜けていきましたが音とマーカーライトしか見えないので?
この時ほどスターライトスコープを持って来なかったのを後悔した事は無かったです。
第一世代の物なのであまり良くは見えないのですがこの環境なら良く見えた筈でとても残念。

次は各種照明弾による射撃です。
照明弾て本当に明るいんですね。
明るさにびっくりしました。

最後は夜間攻撃を撃退すると言う設定です。
最初に野砲による射撃。
戦車砲等で撃退。
最後は歩兵に対しての射撃と言う展開でした。

例によってデジカメの動画モードでの撮影なので音がありませんがそれでも良かったら見てください。
 90式戦車の発砲
 「90.mpg」をダウンロード
 最後の一斉射撃
 「last.mpg」をダウンロード

終わった頃から霧が出始めて演習参加車両が撤収し始めた頃には濃霧になってしまったのですが、演習の開始時間を変更したのは雨が止む時間と霧が出る時間が分かっていたから????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京港クルーズ

今日はとても良い天気でしたね。
ちょいと東京港クルーズをして来ました。
風は気持ち良いんですが海がアイスココアみたいな色をしているのがちょっと気持ち悪い。
いつもこんな色なのかな?
tohyo-port

途中派手な色のジェットフォイルが派手な水煙を上げて駆け抜けていきました。
どこに行くのか知らないけど乗ってみたいな~水中翼船。
jetfoil

どこに行ったかと言うとここです。
bigsite
東京ビックサイトです。

ここで行われていた「鉄道模型展」
じゃなくて
「某商社社員・グループ社員限定ラルフローレン即売会」
でもなくて
「ハムフェア」に行って来ました。
行ったのは始めてだったのですが会場に居た人の平均年齢が高い!
連れて来られているお子様を除けば僕でさえ平均年齢以下!
とてもアダルトなイベントでした。
ただそこら中で無線機を使っていたり携帯で話していたりと健康には良くなさそうな場所です。

軍用無線機も多く出るというので行ってみたのですが有ったのは割りと最近のでした。
お金があればPRC-25か77が欲しい気もしたのですが懐具合が冬のアルデンヌ並に寒いので(他にも置き場所が無いとか、もう誤魔化すのも限界とか、フルセットにするのにもっと金が掛かるとか、etc)購入は諦めてBC-1000用の予備真空管一式とデジタルマルチメーターの中古を格安で手に入れました。
真空管1本500円というのは割と安いのですが全部で18本も必要なので結構な金額になります。
それでも秋葉原のショップで買うよりは安いんですよ。

会場全般の様子ですが思ったよりも人が多かったです。
クラブ展示の方はかなり盛況で人を掻き分けないと何を売っているのか分からない状況でした。
無線機関係ばかりかといえばカップうどんも売っていたりフリーマーケット状態。
エプソンのPC-286LSも売っていたけど何に使えばよいのだ?

メーカーのブースの方はオールバンド・オールモード器が主流のようでどのメーカーも並べていたような気が・・・
価格が高過ぎて全く興味なかったので良く覚えてません(苦笑)
ただケンウッドのおねいさんがキャンギャルって感じで良かったです。
ただ写真は無いので悪しからず。
hamfeir


浜松町に着いてから麻布十番祭りをやっている事を思い出してちょっと寄って来ました。
azabu
暑かったけどビール美味かった~。
有名な鯛焼き屋さんに行ったら4時間待ちと言われたのであっさり帰ってきました。
4時間j待ちって愛知博より混んでる?


肝心なBC-1000はどうなっているのかと言えば毎日暑いですからねーって事で。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BC-1000

え~お久しぶりです。

前に書いてから10日程経ってしまいましたがその間何をしていたかと言うと「信長の野望」を朝も昼も晩もやってました。
折角の夏休みをゲームで潰していたわけで・・・・・・(汗)

でタイトルのBC-1000ですが何かと言うと米軍のWW2無線機です。
BC-1000
プライベートライアンの冒頭で後方に上陸失敗を伝えようとしてした時に使われていた無線機です。
通称「ウォーキー・トーキー」
コンバットでよく使われているのはBC-611で、通称「ハンディ・トーキー」です。

BC-1000の用途は小・中・大隊間の連絡用です。
スペックは
 出力-0.3W
 周波数-40~48MHz
 変調-FM
となっています。
出力が小さいのは電波が飛び過ぎて相手側に伝わらないようにするためです。

今回入手したのは戦後イタリア軍で使われていた物です。
外観は綺麗です。
オリジナルの米軍の物は普通に塗装されていますがこれは艶消し塗装で表面はザラザラしています。
スイッチ類の表示はイタリア語で良く分かりませんが、MICROはマイクかなって感じです。

一応フルセットで入手したので名称はSCR-300ですね。
各ハーネスをセットして背負ってみると結構しっくりきます。
本来の重たいバッテリーも入ってないので別に歩くのに不自由も無いです。
ただアンテナに手が届かないので角度を変える時は他の誰かにやってもらう必要があります。
他に無線機自体が大きいのであまり装備品を付ける事が出来ません。
せいぜいピストルホルスターと水筒くらいかな。
もっとも小隊以上で使う物なのでそんなに心配する事も無いのかな。

ちゃんとアマチュア無線で運用したいので周波数を変更する必要があります。
当初は気楽に変えられる思っていたのですがこれが中身を見るとかなり難しそう。
マニュアルも付けて貰ったので(信長の野望の合間に)回路図と睨めっこしたけど真空管の動作が良く分からなくて何がなにやら・・・・
トランジスタなら習った事が有るけど真空管の動作は教わった事ないしさっぱり分からない~。

なんとか動かしたいけど前途多難だなー

動作チェック等は今後アップ予定。

8/20追記
出力が0.8Wとなっていましたが0.3Wの間違いでした。
他の無線機とゴッチャになったかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ロシア潜水艇浮上!

無事浮上したようで何よりです。

ニュースによると今回の事故は2個の海底アンテナに付いた魚網とワイヤーが潜水艇の前後に絡んで動けなくなったと言う事のようです。
2個も引っ掛かりとは運が悪いと言うか日頃の行いのせいか・・・・

イギリス海軍が空輸した無人潜水艇でワイヤーを切って救助したと言う事です。
落ちぶれたとはいえ7つの海を股に掛けるイギリス海軍。
さすがです。
サンダーバードの国でもありますし救助はお手の物?

我が海自ですがやはり間に合わなくて皆助かって用も無くなり引き返したそうです。
やっぱり「ちよだ」では展開が遅すぎるので空輸できるタイプを用意した方が良いのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロシア潜水艇浮上せず

ニュースによるとカムチャッカ半島近海で潜航訓練中の深海救難艇が魚網に絡まって動けなくなり海自や米海軍に救助を要請したそうです。

海自の救難艦「ちよだ」がどこにいるのか分かりませんが母港の横須賀にいるとしてカムチャッカ半島まで約2000Km。
「ちよだ」が全速で向かっても2日半くらい掛かります。
先のニュースによれば潜水艇内の酸素は24時間位しか持たないとの事なので残り時間内に「ちよだ」が間に合うかは絶望的と言えそうです。
米海軍の救難艦が間に合えばいいのですが。

「ちよだ」って全速でも17ノット(約31km/h)しか出ないんですね。
一刻を急ぐ救難艦なんだから30ノット位出てもよさそうだけど。

今回訓練中の深海救難艇の事故と言う事なのですが、もし海自のDSRVが同じような状況になったら助けられるのでしょうか?
DSRVは積んでないけど「ちはや」で助ける?
ちょっとだけスピードも速いし。

Yahoo!ニュース
カムチャツカ沖で露の深海救難艇が遭難、海自艦を急派
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050805-00000512-yom-int

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新機材

今度の新機材に使う電池です。

batt

9Vの006Pが17個に、単3が3個(写真はパッケージを破る前なのでちょっと多いです)必要です。
ここまで来ると乾電池で感電死しかねない電圧なのでちょっとびびってます。(苦笑)

ちゃんと動いてくれるといいんですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日立のCM

日立の「つくろう」キャンペーンのCMで黒沢監督の出ている「宣言篇」を見ましたか?

このCMは映画「乱」のメイキングを使っていて途中で城が燃えているシーンがちょっと写っています。
この城は20年位前に静岡県御殿場市の御殿場スキー場近辺に作られたのでした。
最近の映画では「戦国自衛隊1549」の中で富士山に開いた穴を監視する自衛隊がいた駐車場の北側辺りになります。

撮影中は知らなかったので見に行きませんでしたが冬になってから友達とバイクで御殿場スキー場に行った時に廃墟となった城を発見!
特に立ち入り禁止でも無かったので歩いて中に入ってみると石垣と周りの塀だけで中は焼け焦げた廃材の山。
塀の内側はそこら中に血糊がどばっと掛かってました。
本物の血と違って黒くならないので綺麗な朱色でした。

城のセットは春になってから取り壊したみたいです。
暖かくなってから行ってみたら何も無くなってました。

どこかに写真が有る筈なんだけどどこに行ったのか手元に無いのが残念。

この城ですが映画の「乱」を見ると第三の城として出てきます。
荒れ果てた風景の中にぽつんとこの天守と本丸だけの城があってとても異様です。
機会がありましたらぜひご覧ください。
「戦国自衛隊1549」のCGの城と違ってとても立派です。

日立  「つくろう。」キャンペーン 宣言篇
http://www.hitachi-ad.net/tv/20050801_25273/20050801_25273.html

※リンク先のHPにCM中で使っている音楽が「宇宙大戦争」になっているが「怪獣大戦争」の間違えでは無いだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »