« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

M1ガーランドとM14の発売日

当初の発売予定日になっても発売されないので関連情報を求めてか「マルシン M1ガーランド」をキーワードにした検索エンジンからのアクセスが増えています。
今のところ物も発売されていないし購入予定も無いので特に情報はございません。

と言うだけでは冷た過ぎる気もするので各メーカーの公式発表を記しておきます。

マルシン   M1ガーランド 8月12日
東京マルイ M14      8月 9日

となっています。 

いよいよ来週です。
早く手に出来るといいですね。

僕はこんなおもちゃよりもとある本物の機器の事でいっぱいです。
早く来ないかな~~~

| | コメント (13) | トラックバック (0)

M1ガーランドとM14

マルシンのM1ガーランドとマルイのM14の発売日が伸びたそうですね。

両方等も10日程度なのでたぶん初期出荷分を増やすための延期でしょう。
予約殺到と言うところでしょうか?

この手の銃だと最初は売れるけど後が続かないという気もしないではないですが・・

KSCのHK33とマルシンのM1ガーランドとマルイのM14の3丁買うと、ほぼスモーキーズガーランドの価格と一緒・・・・・(泣)

5ヶ月遊べたから良いや。(大泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えーこんな物も?

先週は途中からeBayの売り手さんと取引のために英文を読んだり書いたりした為に知的リソース使ってしまったため書き込み出来ませんでした。(苦笑)

eBayを見てると色んな出品があります。
僕は基本的にはWW2の米軍しか見ていません。
出品数も多いので全て見ると言う事は出来ませんがたまに面白い物もあります。

これもそれで朝鮮戦争で使われたM20 3.5インチ スーパーバズーカです。
m20
一応使えないように側面に大きく穴が開けられています。
説明文によると点火装置も無効にされているみたいです。

前にブラックホールでどこかのお店が同じ物を陳列していましたが確か値段が80万円だったはず。
(確か最初見た時に8万円だと思って本気で買おうかと悩んでいたら通り掛った人が80万円とか言ったので見直したら桁が一つ多くて80万円と書いてあったと思った)

この物の場合落札価格が$330だからだいたい3万8千円くらい。
アメリカ国内なら送料も入れて4万円ちょっとか。
日本で手に入るのなら直ぐにでも入札する所だけれど、日本に持ってくるのはかなーーーーり難しいだろうな。
というか個人だと絶対無理だろうね。
残念~

eBay
http://www.ebay.com/

US M20 Super Bazooka (終了してます)
http://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&category=36046&item=6547061619

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HK33K

ホビーショップ公園前さんにKSCの電動ガンHK33Kが入荷したそうです。

出荷されるまで随分掛かってしまいましたがやっと発売されたそうです。
3月に試作品を某所で撃たせてもらっていたのですがシアー付きだけあって小気味よいセミオートが気持ち良かったです。
形もG36よりも好きな形なので売れると良いですね。
発表されてから発売されるまでの時間が長すぎたので悪影響が無ければ良いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お勧め缶コーヒー

coffe-1
Rootsの缶コーヒー「カリビアン・バレー」が今一番のお勧めです。
アイスではなくホットで飲んだのですが最初に飲んだ時に口の中に缶コーヒーの味ではない本当のコーヒーの香りが拡がった気がしました。

結構缶コーヒーは飲みますがこういう感じは初めてだったのでちょっと驚きました。

ただRootsってあんまり見掛けないのが残念なところです。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それは言えません

装備品展示会場でカールグスタフの所で係りの人と話をしていた時の話です。

横のMINIMIの展示の所で通り掛ったおじいさんが「こりゃ毎分何発出るんだ」と係りの人に聞いていましたが答えは「それは言えません」。
おじいさんは「ふーん」と言って行ってしまいましたがMINIMIの発射速度は防衛秘密なの?
MINIMIは毎分750発又は1000発の切り替え式というのが一般的な性能です。
自衛隊仕様は特別なのかと思ったら陸上自衛隊のHPに「毎分750~1000発/分」と書いてある。

という事は先の人の「それは言えません」の前に「知らないので」又は「良く分からないので」が付くのかな?
それとも本当に答えてはいけない事になっているのでしょうか?

陸上自衛隊
http://www.jda.go.jp/jgsdf/japanese/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

74式と90式

74-90
74式って今時の90式戦車と比べると操縦が難しいのでしょうか?
61式よりは操縦し易いのでしょうけど。

少なくとも74式は姿勢変化が大きいです。
それからキャタピラの音も大きいし乗り心地も90式に比べてかなり悪そう。
試乗会で走っているのを見ると90式はカーブで一気に向きを変えて走っているのに対して74式は小刻みに向きを変えて多角形(幻の多角形コーナリングではない)で曲がっています。
89式装甲戦闘車(歩兵戦闘車じゃないのね)は90式同様に一気に向きを変えて曲がって行きます。

乗り心地は試乗ゲージに乗っている人を見ると良く分かる。
90式に乗っている人は涼しい顔をして乗っているけど74式はかなり踏ん張って乗ってる感じ。

16年の差は大きいという事かな?
広場の展示車両コーナーに75式自走榴弾砲と一緒に展示されちゃうくらいだから時代遅れなんですかね。
好きな戦車だけどなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブローニングM2HB

m2
陸自の富士学校に行ってきました。

装備展示コーナーにブローニングM2重機関銃が置いてあったのでしげしげと見てきました。
M2ってM1917,M1919の拡大コピーですな。
もちろん単純な拡大版というわけでないのですが見たところ基本構造は一緒みたいです。

米軍に採用されたのが1920年(?)だから80年以上も正式採用の座にあるのは凄いですね。
置いてあったM2の刻印を見ると1985年12月に製造もしくは納品された物のようです。
m2-2

トライポッド(三脚)は米軍のM3でした。
銘板が銃の真下で見難かったので製造年までは読み取れなかったのですがいつ頃作られた物なんですかね?
m2-3

T&Eユニットは銃本体よりも新しいみたいでした。
TOPのM60用トライポッドの物より遥かに良い物です。(^_^;)
m2-4


ジープ買って後ろに付けたいなー

| | コメント (0) | トラックバック (1)

グリースガン

m3a1


ハドソンのガスブローバックサブマシンガンM3A1ですがここに来てやっとまともに動くようになりました。
ガス圧がある程度以上掛からないと後退量不足でブローバックが止まらなくなってしまう危険なガスガンなので、待ち望んだ暖かい季節なわけです。

マルゼンのアドバンスドシステムを用いながらなぜこんなに不調なのか首を傾げる銃ですが、このやたらうるさいブローバックの魅力には勝てず手放せずに持ってます。

弾の飛距離が出ないので接近戦専用ですがこの時期はブッシュが濃いのでもってこいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地雷探知器 4

動いたー!!!

今日イタリアから変換器付きのヘッドフォンが届いたので早速繋いで見るとかすかに雑音が聞こえる。
電源を確認するとピンが一本抜けてます。
こいつをちゃんと直して再度試すと起動時だけピーと言う音が聞こえる。
暫くしてメーターが振り切れると消えてしまう。
さて困った。

とりあえずもう一度説明書を読んで手順を確認。
説明書はちゃんと良く読むものです。
調整できる所はボリュームしかないと思っていたのですが取説を良く読むとセンサーヘッドを回して調整しろと書いてありました。
説明通りに調整するとピーと音が聞こえます。
おー?

金属製の物に近づけるとピーと鳴る。
おー生きてるぞこいつ!

面白いので暫く床下の鉄筋を探して遊びました。

これでSマインも怖くないぞ!
ドイツ兵!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マルイのM14

マルイのM14の発売日と価格が決まったそうですな。

7/29に¥45,800(税別)との事です。
欲しい人は予約を入れておきましょう。
別に僕は要らないので誰か買ったら見せてくださいね。

マルイのHPには「伝説の名銃」とか書いてあるけど経歴を振り返ると「迷銃」でしょ?

それにしてもM14って売れるのかな?


東京マルイ
http://www.tokyo-marui.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地雷探知器 3

電源製作しました。

アンプユニットを持って近くの無線機屋さんに行き「このコネクタに合うの無いですか?」って聞いたら「こんな超骨董品のコネクタは無いよ」って言われてしまいました。(苦笑)
予想通りの事なので8ピンコネクタで代用する事にしました。
単2電池ホルダー1個と006P用のコネクタを10個購入して電源製作に掛かりました。
出来たのはこれです。
 
ditector-6
 
 
 
 
電圧や極性の確認をして接続。
恐る恐るSWをON!
メーターはピクリともせず・・・・
ありゃ?
うーんどういう事だ?やっぱり壊れているのかな?
もう一度確認してSWをON。
やっぱりピクリともしないがアンプが真空管だったのを思い出して暫く待つと30秒くらいでぴょこんと針が立ち上がった。
やったー!
早速ヘッドフォンを被ってみるとシーン・・・
おや?
この後色々試してみたりTMに従って各部の抵抗や電圧を確認してみたけど特に異常も無く原因は不明。
アンプの真空管は異常が無い様だ。
最も真空管自体のチェック方法が分からないのだが。
最も考えられるのがヘッドフォンの変換機が無いので直結にしてある事かな?
この変換機が何をする物か良く分からないのでもしかすると色々な変換をしているのかもしれない。
変換機付きのヘッドフォンが今週中にもイタリアから届くと思うので届き次第試してみようっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミッドウェイ 2

つい書き忘れちゃったけど「ミッドウェイ」の字幕は最悪。

安い翻訳ソフトで訳したような翻訳で酷すぎだ。
「空母曽柳」を始め「魚雷戦闘機」だ「飛行機の艦長」だとかそれはそれは直訳・誤訳のオンパレードで字幕を消したくなるくらいなんだけど映画の全編聞き取れるほどの英語力が無いので仕方なく表示してるけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミッドウェイ

映画「ミッドウェイ」のDVDを借りて観ました。

最初に観たのは公開時だから’76年かな?
見た時の記憶はセンサラウンドシステムとかでやたら騒がしい映画と言うのしか残ってません。
センサラウンドというのは超低周波を使って物体を振動させようと言う物でして飛行機のエンジンが掛かれば椅子や体がぶるぶるするし爆弾が落ちれば映画館がひっくり返りそうなくらいの迫力があるものでした。
映画館だからおとなしく見ていたけど本当は爆弾が落ちるシーンでは物陰に隠れたくなる位。
おかげで映画の詳細は吹っ飛んでしまったらしく音楽以外はあまり覚えてません。
その後TVでも何回か観たけどあの映画はセンサラウンドが無いと魅力が半減だな。

で、今回改めて見たけど中々お得な映画じゃん。
当時の実写映像は見れるし「東京上空30秒」「太平洋の嵐」「トラ・トラ・トラ」も観れて中々お得。
そのせいで画面の質がころころ変わるのはご愛嬌。
プロデューサーの話だと実写映像に合わせて画質を落としたとか言ってるけどね。

「太平洋の嵐」の流用シーンだととたんに見慣れた青い空になってなんか落ち着く。
ただ日本空母のシーンは悲しいかな空母が全く動いていなくて陸上基地みたい。
よく出来ているのにとても残念。

「トラ・トラ・トラ」のシーンはちょっと使い過ぎ。
そのシーンだけミッドウェー島がパールハーバーになってしまってる。

この時代の映画に多いドキュメンタリータッチで刻々と日米の様子が描かれているのがなかなか良い。
それに比べてパール・ハーバーは・・・・・・

映画館で見た時は日本側は日本語を喋っていたと思ったけど勘違い?
三船さんの声を聞いていると英語で喋っているみたいだからこれが正しいのか。
そうすると日本で公開した時は吹き替えてたのかな?

最後の方でガース大佐の機体が着艦時に爆発するんだけどそのシーンで実際に爆発しているのはF9Fパンサーじゃないですか?
パンサーじゃないとしても機首が尖がっているのでジェット機なのは間違いない。
それにレシプロ機はあんなに燃えないはずだ。
中盤で実際に着艦に失敗したF6F(?F8Fのような気もするけど)が艦橋にぶつかってもばらばらになっただけで済んでる。(コクピット周りが壊れないのは流石グラマン鉄工所製だ)
プロデューサーだか監督だかが言うにはこのシーンを見つけたからガース大佐が戦死する構成にしたとか言ってましたね。

気になったのはミッドウェー島にいたM3ハーフトラックだけど側面の装甲板を乗降用に切り取って椅子を付けてまるでドイツ軍の18トンハーフトラックみたいになってるんですけど何用かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »