« 釜山からソウルヘ | トップページ | 大荷物 »

ソウルの地下鉄

ソウルの地下鉄は色々あって路線毎に色分けされています。
地下鉄と言っても地下を走るのは主に中心街で郊外は地上を走っている事が多いみたいです。

料金ですが去年買ったガイドブックには最低区間料金が600ウォンと書いてありますが実際は900ウォンです。
900ウォンで行けるのは10駅くらいかな?
でも市内の主な地域には1000ウォンあればほとんど行けます。

切符の買い方ですが窓口か自動券売機です。
両方とも曲者です。
窓口では当然行き先を言う必要が有ります。
しかし発音が難しい駅に行く場合は先に行きたい場所をメモしておいて見せた方が良い様です。
又は同じ料金の発音できる駅名を言えばOKです。
窓口なら10,000ウォン札でも大丈夫です。

自動券売機は駅によって種類が違います。
日本的な券売機から単区間用の物まで色々あります。
戦争記念館のある三角地の駅にあったのは多分一番良いタイプでお札も使えるし色々な金額に対応した日本で一般的なタイプでした。
このタイプなら迷う事は無いし日本語での説明も書いてあります。
しかしこのタイプは少数派であまり置いてないようです。
良くあるのはステンレスボディーの900ウォン専用又は1000ウォンとの両用券売機です。
お札が使えるのと使えないのがあります。
使えない機械の場合は近くに1000ウォン札を500ウォン硬貨2枚に両替する両替機があります。
(無い時は窓口があったりします)
買い方はまず料金ボタンを押します。
すると0ウォンだった金額表示が必要な金額になります。
それからお金を入れます。
最初はそれが分からなくて硬貨を入れてもお札を入れても戻ってくるので???でした。
よく見ると手順番に番号が書いてあります。
これはちょっと分かり難いです。
韓国の人でも他から来た人なのか同じ券売機の前で困った顔をしていのを何回か見ました。

改札は自動改札です。
日本のように扉が開閉するタイプではなく遊園地などに良くある3本のバーが回転するタイプです。
どうもスイカのような非接触式カードにも対応している様で財布等をそこに当てがっている人も多くいます。
このカードが定期なのか普通のスイカの様なプリペイドタイプなのかは分かりません。
清算機は置いてある所が非常に少ないです。
改札口に窓口があればそこでやってくれるのですが無かったり人がいない事が多いです。
一度間違えて買ってしまい出るに出られなくて右往左往していたらどこかのおじさんが潜り抜ければ良いと身振りで言っていたので仕方なくその通りにしちゃいました。
すみません>地下鉄の人
今後気を付けます。

車両はいくつかタイプがあるみたいです。
座席がシルバーの物は硬質プラスチックでかなり固いです。
駅のホームにあるカラフルな椅子と同じくらいの硬さです。
1人分づつに分かれているので境目に座るとかなり痛い目にあいます。
ちゃんと座りましょう。
座るといえばシルバーシートは本当に空いている時を除いて対象外の人は座らないのです。感心します。
日本と違ってこの辺はきっちりしています。

肝心な車両内の行き先表示ですが色々と種類があります。
基本的なのは車内の中央2箇所くらいにLEDの表示器があるタイプです。
この表示も見たところ3パターンあります。
 1,主にハングルで表示、時々ちょこっと英語で表示。
 2,ハングルと英語で交互に表示。
 3,ハングルと英語と漢字で順に表示。
日本人にとってありがたいのは3ですが少ないみたいです。
他にはドアの上に表示器があるのや路線図と現在地をLEDで表す車両もあります。
あと車内に液晶ディスプレイが付いていて広告を流し続ける車両も有りましたが行き先や停車駅を表示したりする事は無かったです。もったいない。

目的駅の行き方ですが都内の地下鉄と同じ様に車内のドアの上に全路線図と該当路線の図があるので、この図と停車駅の漢字とアルファベットの駅名を交互に確認して辿り着いていましたが慣れるとそれほど確認しなくても目的まで行けるようになりました。

でも慣れると落とし穴があるものです。
自動車が右側通行の国は鉄道も右側通行なのです。
当り前と言えば当たり前ですが考えた事も無かったのです。
いつもは行く方向を確認してから乗っていたのですがこのときは歩き疲れていたのでこっちだと思った方にひょいと乗ってしまいました。
駅に着いて出口の図を見ていると何か変?
よく見たら南大門に行くつもりが反対側の東大門の駅だったりして(苦笑)

地下鉄に乗ってびっくりしたのは車内に物売りがいる事です。
何を言ってるか分かりませんが売り口上が面白そうです。
売っている物は肘や膝のサポーターにお札(?)・靴下等など色々有ります。
喋っている間は誰も聞いていないので商売になるのかな?と思っていると口上が終わった途端にお声が掛かって売れてました。
良い商売なのかな?
でも地下鉄構内の壁に物売りしちゃいけないよみたいな図が書いてあるので基本的には禁止なのでしょう。
禁止と言えば網棚の上に新聞を投げて置いてはいけないみたいな表示もあります。
こんな事する人いるのか?と思っていたらいました。
でも投げた新聞が落ちて来て隣のおばちゃんに当って睨まれてました。


タクシーも日本的感覚からするととても安いので良いのですがソウルは東京に負けずと劣らず車の渋滞が凄いので移動は地下鉄が便利です。
路線バスも細かく走っているみたいですが基本的にハングルの案内しかないので僕には怖くて乗れません。

|

« 釜山からソウルヘ | トップページ | 大荷物 »

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソウルの地下鉄:

« 釜山からソウルヘ | トップページ | 大荷物 »